船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
根元をオーガニックに (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.8.6(Thu)
社名:(株)船井本社 秘書室
名前:藤原 かおり

「コズミック・ダイアリー」シルバーゴールド。見た目もけっこうオシャレです。

手帳の中身。見開きで日曜から土曜までの7日間が掲載されています。

 皆さんこんにちは。今日は広島に原爆が落とされてからちょうど64年。夏真っ盛りのはずが、今年はけっこう涼しいですね。『船井幸雄.com』担当の藤原です。 

 さて最近、食生活や身に着けるもの、住環境はできるだけ、オーガニックの自然のものを取り入れようと考える人が増えてきたように思います。
 私も最近は食生活では、「生命力の宝庫」といわれる玄米を取り入れたり、お肉や砂糖、牛乳などはできるだけ控え、野菜を多くとろうと意識するようになりました。
 結局は、伝統的な和食が最も日本人にとって…そして人間の体にとっていいようです(アメリカで流行したマクロビオティックも日本の伝統食がベースになっています)。  
 そもそも食生活だけでなくあらゆる面で、日本人の伝統的な文化や人間性はすばらしかった、と最近よく耳にします。とくに欧米の影響を受ける前の、江戸時代の日本の文化は、まさに理想的な社会だったのだそうです。
 日本人は本来、草や木、動物や山や海などすべての自然の中に神が宿ると考え、自然の声に耳を傾け、自然と融合し、まわりのもの全てとバランスよく共生していたようです。 
 人々の美的感性も優れ、そのバランスが最高潮に達したのが江戸時代だったようです。芸術文化面にも優れ、江戸時代の浮世絵は、19世紀後半にフランスに発した印象派に多大な影響を及ぼし、画家のモネやゴッホは日本に憧れてやまなかったようです。

 ところが幕末を経て、欧米の勢力や文化がなだれ込んだ明治時代以降、第二次世界大戦の敗戦を経て、日本人の高い精神性はどんどん歪められていきました。敗戦後、日本の法律はアメリカによって決められ、それまでの日本の多くの歴史的文化遺産が焼かれたのだそうです。
 そのような流れを経て現在、アメリカに代表される、“モア・アンド・モア”がベースの、物質的に拡大するしか道のない資本主義が、ガラガラと音を立てて崩れはじめています。
 そこで「今こそ、本来の日本人のすばらしい精神性、大和魂を蘇らせよう!いい世の中をつくろう!」と、目覚めはじめた「有意の人」がどんどん出てきています。船井幸雄が主宰する「にんげんクラブ」の活動もまさにそのような思いがベースにあります。

 そんな中、私は最近とても興味深いものを生活に取り入れてみました。

 それは、「コズミック・ダイアリー」の手帳です。「コズミック・ダイアリー」とは、昨年のオープンワールドでも講師として登場された柳瀬宏秀さんが提唱しているものです。
 直感力の高い、イリアール(株)の田上がこのコラムで紹介していたのもあり、以前から気になっていたのです。
 いまのカレンダーの暦、すなわちグレゴリオ暦が日本に取り入れられたのは1873年で、明治時代のことです。
 柳瀬さんによると、そもそもこのグレゴリオ暦が、人間の都合で作られた人工的なもので、自然の生命リズムにまったく合っていないのだそうです。
 一方、それまでの日本人は、月の満ち欠けに情緒を感じる、自然のリズムに沿った生活をしていました。
 「コズミック・ダイアリー」は、宇宙や生命のリズムに最も合っているという28日が周期になっています。宇宙意識に近かった日本文化の叡智とマヤの叡智が融合した、とても画期的なものです。    
 この「『コズミック・ダイアリー』を使うとシンクロが起こりやすくなる」とは何人もの人から聞いていました。「本当かな〜」と思っていたものの、「コズミック・ダイアリー」では、ちょうど7月26日から新年(2010年)が始まるので、このタイミングに思いきって手帳を買ってみました♪(すぐに買えると思っていたら、入荷待ちでやっと手に入りました。人気のようです。)

 正直、半信半疑で購入したのですが、手帳が届いたちょうどその日に、私の職場の環境にわりと大きな変化があり、びっくりしました。他にも、欲しかった情報がちょうどタイミングよく飛び込んできたり、ちょっとした「シンクロ?」と思えることは頻繁に起こっています。何よりうれしかったのは、朝、起きるのがつらかったのが、最近はすんなり自然に早起きできるようになったことです。これも、「コズミック・ダイアリー」手帳効果かな〜と思っています。
 とはいえ、人との約束があったり、日々のスケジュールは当然、グレゴリオ暦で回っていますので、手帳の右端に書かれたグレゴリオ暦の月日や曜日を主に見ていますが、毎日の月の満ち欠けも書かれてあるのでそれを意識するようになったり、持っているだけでも、前とは違う気がします。
 船井会長も「根元が大事」と最近よく言っていますし、生活の大元をつかさどる時間を“オーガニック”に変えてみるのもいいのではないでしょうか?


1周目:「「損な役割」って・・・? (テーマ:船井会長から学んだこと)」
2周目:「ノドの痛みとみろくの世 (テーマ:私からみた船井幸雄)」
3周目:「コミュニケーションについて思うこと (テーマ:船井会長から学んだこと)」
4周目:「自宅のお風呂がイヤシロチに! (テーマ:私が最近ビックリしたこと)」
5周目:「誰をも否定しない (テーマ:私からみた船井幸雄)」
6周目:「口の中から構造改革 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
7周目:「オープンワールドでの“気づき” (テーマ:仕事をしていて感動したこと)」
8周目:「ゲームを作れる人間になる (テーマ:私が最近感動したこと)」
9周目:「簡単に“自然の理”に従う方法 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
10周目:「『国家の経営 企業の経営』を読んで (テーマ:最近読んでオススメしたい本)」
11周目:「“日月神示”でダイエット!? (テーマ:私が最近ビックリしたこと)」
12周目:「脂肪か筋肉か? (テーマ:最近読んでオススメしたい本)」
13周目:「映画『闇の子供たち』と「この世のしくみ」 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
14周目:「「小さなすぐれもの」の力 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
15周目:「「あの世」が変わってきているらしい (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
16周目:「おもてなしの極意 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
17周目:「最近出会った“本物” (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
18周目:「自然の恵みに上手に手をかける (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
19周目:「弁当の日 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」

バックナンバー
2009.08.31: 宮崎・延岡で会った素敵な人たちと未来への架け橋 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.28: いのちをかける男らしさ (テーマ:船井会長から学んだこと)
2009.08.27: 『アメリカを支配するパワーエリート解体新書』 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2009.08.26: 私のおすすめの本 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2009.08.25: スプーン曲げの目的は、スプーンを曲げること!? (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.24: 余分な力こぶ? (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.21: 船井流 買い物術 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2009.08.20: 夏のエコ掃除で、大変身!? (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.19: 日々雑感(2) (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.18: 親としての生きかたが大切 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.17: 伝説の機長 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.11: 『松下幸之助 叱られ問答』 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2009.08.10: 最強の野党となるか自由民主党 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.07: 一本の電話 (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2009.08.06: 根元をオーガニックに (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.05: 今日は… (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.04: 暑さ、湿気に弱い方必見!夏を快適に過ごすの強い味方☆ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.08.03: 想い (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
ほんものワイン原産地ジョージア 塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com