今月のクローズアップ

このページでは、舩井幸雄が注目していたり、興味を持っていた物や場所などをご紹介します。

いまの私たちの体は栄養失調!? 現代病の原因は野菜にあった!?

《超ミネラル水》が飽食時代の盲点をおぎなう!

 去年の12月12日や今年の1月23日の『舩井幸雄のいま知らせたいこと』のページで紹介して以来、反響が非常に大きい《超ミネラル水》。ガンや糖尿病、アレルギーなどが実際に治ったという例が数多いという《超ミネラル水》を提唱するのは、野島クリニックの医師で院長の野島尚武さんです。
 「私たちの体の不調の原因の大部分は「微量元素(ミネラル)」の不足であり、それを補うことで、さまざまな病気が回復する!」と提言する野島医師。
 しかも野島先生によれば、本来、野菜からとれるはずの「微量元素(ミネラル)」が不足している原因は、現代の農業のあり方にあるとのことです。「生産性を第一に考え、農薬や化学肥料を多用した農業を行った結果、栄養不足の野菜ができてしまった」との野島先生の主張は、とても人間味あふれ、多くの人が納得できるものでしょう。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

最近わかってきた『微量元素(ミネラル)』の大きな役割
 まず、炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルを5大栄養素といいます。そしてミネラルとは「身体に必要な金属元素」です。5大栄養素の中でミネラルだけが、ほかの栄養素のように体内でつくりだすことができません。だから、食べ物や水を通して私たち自身が摂取しないかぎり、ミネラルを体内に取り入れることはできないのです。
 ところで、「ミネラル」と聞くと、どんなものをあげられるでしょうか? 
 すぐに思い浮かぶのが、カルシウムやナトリウム、マグネシウム、カリウムなどではないでしょうか。実はこれらは「常量ミネラル」と呼ばれるもので、実際、体内で必要なミネラルの大部分を占めます。この「常量ミネラル」に対して、「微量元素(ミネラル)」と呼ばれるものがあります。これが、鉄、亜鉛、コバルト、マンガンなどです。
野島尚武著『超ミネラルがあなたの健康を守る!』(シーエイチシー刊)1,365円(税込)
 体内に占める割合は「常量ミネラル」のほうが圧倒的に多いため、医学界でもこれまで「常量ミネラル」への注目はあっても、「微量元素(ミネラル)」に関心が向けられることはほとんどなかったようです。そんな微量のものが、何か大きな役割を持っているなんて誰も考えなかったそうなのです。実際、「微量元素(ミネラル)」の量はあまりに少ないことから、その量を正確に測定できる機械も最近までなかったとのことです。
 しかし、野島クリニックの院長 野島尚武さんは、14〜15年前からずっとこの「微量元素(ミネラル)」に注目し、研究を続けてきました。というのも、野島先生が千葉県下の保健所で所長を務めていた頃、ガンで余命数ヶ月と宣告された町長さんが、このミネラル水による療法を試したことで徐々に体調が回復し、数ヶ月後にはすっかり健康を取り戻していたからです。これをきっかけに野島先生はずっと「微量元素(ミネラル)」を研究してきました。  
 すると、この「微量元素(ミネラル)」がなんと人間の「遺伝子」に大きく関わっているということが分かってきたそうなのです。人体内で代謝を担っている酵素(この二次タンパクは、1/3は金属酵素で微量元素を持っているまでは分かっていた)を作る酵素(一次タンパク)は、遺伝子情報に従ってつくられます。そしてこの酵素の中に「微量元素(ミネラル)」が確実に含まれているのだということが最近のゲノムのタンパク解析の研究で明らかになりそうです。だから、この「微量元素(ミネラル)」がないと、遺伝子は十分に働けないのだそうです。
 その「微量元素(ミネラル)」の不足がガンやアトピー、糖尿病など、現代人のあらゆる病気や体調不良に影響しているのだと野島先生は考えています。
野菜の中にあったはずの「微量元素」が激減している!
野島クリニック 院長 野島尚武さん
【プロフィールはコチラ】
 このごくごく少量しかない「微量元素(ミネラル)」が人間に大きな影響力をもつ「遺伝子」に関わっているとは驚くべき発見といえるでしょう。ところで、この「微量元素(ミネラル)」は主に野菜に含まれているものです。だから私たちは主に野菜を食べることで自然に「微量元素(ミネラル)」をとってきたようです。
 しかし、つい4〜5年前に「微量元素(ミネラル)」の量を正確に測ることができる「ICP−MS」という装置ができ、はじめて野菜の中の「微量元素(ミネラル)」の量を正確に測定できたようです。その結果、本来野菜に含まれているはずの「微量元素(ミネラル)」の量が昔に比べて激減していることが分かったそうです(過去の詳しいデータがないことから、その詳細を知ることは困難だとのことですが)。
 その原因について野島先生は、人間が農作物の生産性を増やすために、安易に農薬や化学肥料、除草剤を使ったことにあるのだと考えています。
「作物も遺伝子で生きています。作物も人間も動物も、遺伝子が発現するときには、『微量元素(ミネラル)』が必要になってきます。それを化学肥料などを使うと、根から土壌中の『微量元素(ミネラル)』を取り入れなくても大きくなってしまうのです。つまり遺伝子を働かせなくても作物が大きくなってしまっているのです。ある意味過保護に育てられているといえるでしょう。このように育った作物は深みのないものなのです。
 そして現代は、『微量元素(ミネラル)』を含まない作物が出回っています。本来、作物はもっとゆっくり、がんばって大きくなるはずのものなのです。そうすることで、『微量元素(ミネラル)』をたっぷり含んだ栄養の豊富な作物になるのです」
 と、野島先生は語ります。
そしてこのような現代は、農業に質より量を求めた結果起こった、「飽食時代の栄養失調」の状態だというのです。
《超ミネラル水》が現代の栄養失調を補う
 このようなことから、現代は「微量元素(ミネラル)」の絶対量が足らない状態にあるということです。
 そこで、とりあえずこの、「微量元素(ミネラル)」欠乏症の状態を補うものとして、野島先生が提唱してるのが《超ミネラル水》です。これは自然の鉱石である花崗岩(黒雲母)から、多種類の金属元素を液状に抽出しイオン化したものです。《超ミネラル水》には、豊富な「微量元素(ミネラル)」がバランスよく含まれ、さらに必須微量元素の代用ミネラルとして働く、毒性のないミネラルが多量に含まれ、自然治癒力、免疫力を高めるとのことです。

野島式超遺伝子ミネラル「泉力」2000ml 10,500円(税込)
※現在は「岩の力」を販売しています。

 野島先生が推奨する《超ミネラル水》には、「岩の力」があります。
 アトピーや肌荒れには、これを原液あるいは2〜5倍に希釈して患部に直接スプレーするとよいそうです。 また、植物や作物の肥料として少量まぜるのもよいそうです。
 とりあえず、これらの《超ミネラル水》を代用ミネラルとし、今後は、農業のあり方そのものを見直し、有機農法の復活がのぞましいと野島先生は考えているようです。
舩井幸雄のノドの痛みも《超ミネラル水》でよくなった
 実際、舩井幸雄のここ10年来のノドの痛みにもこの《超ミネラル水》は効果があったようです。「たまたま野島先生に出会ったが、これも必然だと思う」と舩井は語ります。その効果を実感し、「いよいよノドの痛みが治った」と確信を持ったようです。
 また、10年以上アレルギー性鼻炎やアトピーに悩まされているという(株)船井本社スタッフの小沢真有美もこの《超ミネラル水》を試してみました。以下が小沢の感想です。
「学生時代から、アレルギー性鼻炎やアトピーなどに悩まされていました。特に、最近食生活が良くないせいか、週に2、3日は鼻炎が一日中続き、苦しい思いをしていたのですが、この《超ミネラル水》を飲み始めてから、症状が出るのが2週間に1日くらいになり、以前に比べると症状も軽く、とても楽になりました。また、それにともない、消化力が良くなったようです。飲むと、お腹の中がスッキリと感じられます。そのほか、私はアルコール類もたまに飲むのですが、以前よりも酔わなくなりました。ミネラル不足の現代人には、オススメだと思います。」

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

 野島先生によると、「微量元素(ミネラル)」はもとより、ミネラルについての研究もまだまだ未知の部分が多いそうです。これからも、明治、大正の時代には存在しなかったような、「現代の栄養失調」の問題を解決するために長期的に研究に取り組んでいくつもりだと、意欲的でいらっしゃいます。
 それにしても、まるで時代の急速な発展の中、見過ごしてしまった大切なものを「微量元素(ミネラル)」が教えてくれているようにも思えてなりません。私たちを悩ますさまざまな現代病。しかしそれは、私たち人間に対して、環境保護を訴える地球からのメッセージなのかもしれません。
【野島クリニック連絡先】
住所:〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目14番8号 芝浦ワンハンドレッドビル6階
ホームページ:http://www.super-mineral.com/index.html
バックナンバー
バックナンバー
2015/01 素敵なベジカフェ&ショップやコンサートホールを新たに加えた BMD東京サロンがリニューアルオープン♪
2011/07 池田整治さんがオススメする 未来食“つぶつぶ”のお店〜タンギーギャラリー巡り etc.
2011/04 現代病やウイルス対策、放射線被曝や花粉症対策などに微量元素ミネラル(超ミネラル水)が期待大!
2010/06 “感動”から世の中の動きを知り、気づく 演劇“アセンション・ミロク”を観に行こう!!
2009/11 悠久の飛鳥・大和路 〜日本人のルーツを探る旅〜
2009/10 “生体エネルギー”を手軽に取り入れ、イキイキ生活!
2009/07 食べると力を引き出してくれる不思議なお米“命仁”
2009/04 野尻 博流まちおこしは、まちを芯から元気づけます
2009/02 選んで安心!安心・安全な有機食品のしるし『JAS認定マーク』
2008/12 舩井幸雄のホームドクター的存在・陰山康成院長の新たな試み
2008/10 『中矢伸一氏といく 神秘の富士山バスセミナー』参加体験レポ〜ト
2008/08 まずは"出すこと"から始めよう! 〜『ゼオラクス』で、簡単デトックス習慣〜
2008/06 "なにわの発明王"が開発した空気循環器『新林の滝』で、お部屋を爽やか、森林浴空間に!
2008/03 東洋と西洋の医療をミックスさせた『和合医療』を提唱。 歯科と医科を結びつけた根本治療を実現!
2008/01 『百匹目の猿現象』実現のため、私たち一人ひとりが具体的に行動を起こそう!
2007/12 健康快眠シート『セラピュア セーラスーパーX』と空気清浄器『セラピュア』
2007/11 "ミラクルハッピー なみちゃん"こと 佳川奈未さんをご紹介
2007/10 本物研究所主催『HAPPY☆LUCKY バスツアー(in 熊本)』
2007/09 世界初!生体エネルギーの入った玄米酒
2007/08 この夏は、「ペプチドプリマ」で健康、スタミナをアップさせよう!!
2007/05 舩井幸雄が超オススメのクリニック
2007/04 電磁波(電場)フリーのオールアース住宅がついに完成!!
2007/03 第4回 にんげんクラブミーティング(4月28・29日)
2007/02 《超ミネラル水》が飽食時代の盲点をおぎなう!
2007/01 舩井幸雄の"ほんもの"の輪「前橋市の央笙サロン」
2006/12 電磁波についてもっと詳しく知ろう!
2006/11 河口湖で和の繊細にひたる!
今月の“ほんもの”バックナンバー
2006/09 一流になるために身につけたいもの
2006/08 『爽快水素』で若返りと健康を手に入れよう!!
2006/07 犬 の 漢 方
2006/06 クコの実とローヤルゼリーを主成分とした発酵食品
2006/05 生活習慣病をムリなく解決 〜自然の偉大さを知ろう!〜
2006/04 サイボクに世界一の豚を食べに行こう!
2006/03 あなたの食生活、見直してみませんか?
2006/02 不調の原因"宿便"を取り除き、簡単デトックス
2006/01 美珊瑚(ちゅらサンゴ)
2005/12 決め手は、"ハイレベルエネルギー"
2005/11 抗菌力に優れ、柔らかで癒される最高の使い心地!
2005/10 「正しい姿勢」を知って、身体を安定化させよう!
2005/09 生活の中に"炭"を取り入れ、老化(酸化)を防ごう!!
2005/08 夏休みは、モクモク手づくりファームに行こう!!
2005/07 BEGOD(ビゴッド) (商品名「クシ酵素」)
2005/06 "イオンサーバーコ" ―高性能空気イオン化活性装置―
2005/05 女性必見!ゼラチンパウダーで、スベスベのお肌になる!
2005/04 有害な電磁波を有益なものに変えるコンセント「α−ジニアス」
本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター