船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
大地震
2011.3.15(Tue)
社名:(株)本物研究所 事業統括グループ マネージャー
名前:横濱 朋子

私の大好きだった浄土ヶ浜(宮古市)の写真です。この海のように清らかな幸せに満ちた世界になりますように。

皆様、こんにちは。
今回、本当は違うテーマについて書かせていただく予定でいましたが
ふるさと岩手のことを書かずにいられないので
今回は大地震のことを書かせていただきます。

まず最初に、ふるさとの皆さん
大丈夫ですか?
暖をとれていますか?
どうか…どうか生きのびてください。

そして、今回の大地震でお亡くなりになってしまった皆様…
謹んでご冥福をお祈りいたします。

テレビの画像をみるたび、涙があふれ出てきます。
友人の中には連絡のつかないひとがいます。
私に何かできることはないか。
この会社にいるからこそ何かできることはないか。
そんな風に思って、何もできずにいる自分がいます。

大きな波が街を飲み込んで
すべてをゼロにしてしまう様子を見て
小さなことや物質的なもの、プライド、エゴにとらわれず
命があることそれ自体が
すばらしいことなんだと教えられている気がしました。

原子力発電も、地震の多い日本には
向いていなかったように思います。
いろんな利権が絡んでいるのかもしれませんが。

どうか、これ以上被害が広がりませんように。
そして、これを機に、となりのひとと手を取り合っていけるような
共生の世に変わっていきますように。
今こそ、日本がひとつになる時だとおもいます。

最後に、私が普段お世話になっている師匠に
アドバイスをいただきましたので、みなさんに共有させて
いただきます。

「いま大切なこと。

それは『自分で考える』ことです。

情報は材料であって、まだ食べるべき『料理』にはなっていないのです。

食べるのは自分ですが、料理するのも、また自分であるべきなのです。
仮に誰かが作ってくれたおいしい料理も、食べるのは自分ですよね。
どんな情報も料理も、口にいれて味わうのは自分です。

よく味わって、本当に自分で飲み込むべきかいなかを自分で判断してほしいと思っています。

テレビや新聞の情報は素材であり材料です。

料理して食べるのは自分であり、飲み込むかいなかを決めるのもまた自分であるべきだと私は思っています。」



本当にその通りだと思います。
今、テレビやインターネットで様々な情報が
流れていますが、その情報を受け取って、料理するのは
自分です。
自分を強く持って生きていきましょう。


2周目:「天災を経験して」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.04 ・2011.03 ・2011.022011.01

本物研 本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター