船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
原発トラブルに際して思ふこと
2011.3.30(Wed)
社名:(株)本物研究所 第二営業グループ サブマネージャー
名前:越川 弘太郎

 今回の東日本大震災で犠牲になった方々のご冥福をお祈りするとともに、
被災された地域の一日も早い復興をお祈りします。

 株式会社本物研究所の越川と申します。

 中国・四国地方の加盟店さんの販売支援と新規加盟に興味のある方々に
ご案内を申し上げて、加盟をサポートする業務にいそしんでおります。

 3月11日に端を発しました「東日本大震災」。
 本当に大地震と大津波の恐ろしさを実感しました。

 この大震災は「東日本」という名称がついているものの、大津波の影響で
福島原発にトラブルが発生し、その影響が東日本にみならず、西日本、
それを超えて、近隣諸国や原発を抱える世界各国に大きな影響を与えて
いることは皆様もご存じでいらっしゃるかと存じます。

 放射能汚染という大変ゆゆしき状況は、今の日本・近隣諸国だけでなく、
当分の近い将来にも大きな影を落とす問題です。

 「原子力発電」。

 本当にこれは必要なんでしょうか?

 いろいろな見方・考え方がありますので一概に否定はできないの
ですが、「原子力発電」がどうしても必要なものとしては考えられない。。。
 というのが正直な気持ちです。

 【効率・効果・便利】を突き詰めれば、「原子力発電」が必要なのかもしれ
ません。

 しかし、そのツケが大きく今になって返ってきたように思われてなりません。

 人間にとって【効率・効果・便利】よりも大切なものがあるということを今回の
トラブルは示しているのではないでしょうか。

 今、人間が大きな時代の転換点にきていることは間違いなさそうです。


1周目:「「本音」で語ってみる。。。」
2周目:「変わるとき」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.04 ・2011.03 ・2011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター