船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
“ほんまもん”のつながりって何?
2011.7.7(Thu)
社名:(株)本物研究所
名前:門脇 宥希

 過去のコラムにて、学生時代に野球をやっていた時のチームワークの重要性や、病気になる根本原因に親子関係を見直すことが重要、と書いたことがありました。それだけ、人は人との関係性に課題を抱えたり、その課題を克服した時に、大きな成果を見出だしたりするようです。

 「No.1理論」を提唱する西田文郎先生もそうです。仕事やスポーツでもモチベーションを高める最大の秘訣は、利他の精神であり、言い換えれば、「誰かのために頑張ろう」と努めることができる感謝の心が、好結果につながる原動力を生み出すと言っています。

 では、なぜ、ここまで人との関係性にスポットが当たるのでしょうか?

 船井会長が言う、「自他同然」というフレーズが、今の自分にとってキーテーマになっていますが、震災後、ボランティアや社会貢献欲の高まり、支え合いなどが取り上げられることが増えました。これも人と人との関係性、つまり、「他人を自分事のように思いやる」ことの表れではないでしょうか。

 そこで、人は、元々一つだったとしたら? “ある”一点から生まれたとしたら? 全てがつながっている“ある”部分が必ずあるとしたら…即ち、自分以外を「自他同然」と考えることができたら、解決される問題はたくさんあるように思えるのです。

 そのように思うようになったのも、ある出会いと気付きがきっかけでした。
 弊社では、世相に反応するように「ゼトックス」という、キレートサプリメントが突如として脚光を浴びるようになりましたが、開発元であるロゴストロン研究所の七沢賢治先生の理論を耳にしたのがきっかけです。船井幸雄も、本物中の本物として絶賛している七沢先生ですが、七沢先生は伯家神道の継承者であり、言霊研究の第一人者です。

 私は、言霊の中でも非常に惹かれたのは、産霊(むすひ)という宇宙創世の働きと言われる言霊があることでした。聖書にある「はじめに言葉ありき」と同じようなニュアンスでしょうか。また、言葉に表すことができない感情はたくさんあります。
 言霊は、言葉に発する前の言葉になっていないエネルギーのことであれば、言わばテレパシーによるコミュニケーションが可能となり、まさに社員コラムの題目の、「本音で生きよう」のように包み隠さず、素の人間性で人間関係を構築することにつながっていくと考えられると思います。

 前述したように、親子関係、夫婦関係、友達関係、会社内での組織力が生み出す奇跡(シナジーコンシャス)、スポーツで言えばチームワーク…人は人との関係性の中に生きる意味を見出だし、元々「自他同然」であったことを学ぶために生まれてきたように思えるのです。

 産霊のように、皆が元々はある全く同じ「点」(共通点)から生まれたとしたら…ワクワクしませんか? 他人と思える存在も、元々から絶対的な共通点が備わっているはずだと思うのです。

 結局、他人に対して、短所を見つけて非難したり、非難することにより自分の優位性を高めたりすることは、結局自分に対する評価を写し出す鏡だと言われることがあります。他人を他人と思うから、気配りができなかったり、傷付けたりするのではないかと…。人は自分が一番可愛い存在です。自他同然ということが理解できれば、他人のことも自分ごとのように可愛がることができるはずです。

 七沢先生の理論は、自分自身にとって衝撃でした。伯家神道の秘伝が商品化され、民間に一般公開される時代がきたようです。これまでゴールの見えない様々な疑問を抱いていましたが、一つ一つ、つじつまが合ってくるような感覚があります。素晴らしい技術は明るい未来への展望を確信に変える力があります。

 やはり、これまで学校で学んできたような一般常識とはまた違うところに、真実がありそうです。そんな真実がはっきりとわかるような世の中になるのではないかと思えるほど、言霊理論には惹かれるものがあります。


★☆池川明先生、豪田トモ監督講演会&映画「うまれる」上映会開催のお知らせ★☆☆
2011年7月17日(日)
こどもの城:渋谷駅から徒歩10分(東口/宮益坂側)にて
池川明先生、豪田トモ監督講演会&映画「うまれる」上映会を開催いたします。

映画「うまれる」は、出産、不妊、障害、死産等様々な角度から
いのちをみつめていくドキュメンタリー映画です。
当日は、産婦人科医の池川明先生と、豪田トモ監督をお呼びしての講演会も開催いたします。“いのち”についてじっくり考える時間にしたいと思っております。
皆様のご来場をお待ちしております。
詳細はHPをご覧いただけましたら幸いです。
http://anshinon.com
★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★


2周目:「妻のお腹の張りについて」
3周目:「包み込みで商売繁盛」
4周目:「船井流ルール化」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.08 ・2011.07 ・2011.062011.052011.042011.032011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター