船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
旅の想い出
2014.9.1(Mon)
社名:(株)本物研究所
名前:新前 いずみ

エンジェルロード

小豆島・中山の千枚田

 みなさまこんにちは。
 いつも『舩井幸雄.com』をご覧いただき、ありがとうございます。

 私は本物研究所の新前いずみと申します。私は昨年入社致しまして、企画広報としてチラシやホームページなどの制作をさせていただいております。

 私は旅行が大好きで毎年様々な場所に旅行に出かけています。元々は私の両親が旅行が好きで幼い頃から長期休みの度に連れて行ってくれていたので、私もおやすみがあれば旅行に行かずにはいられない、というようになったように感じます。

 先日、四国・香川〜岡山(倉敷)へと旅行へ行ってきました。食べることも大好きな私は旅行=おいしいものがある場所に行く、という方程式ができてしまっているのですが、今回は讃岐うどん食べ歩きをメインとして企画しました。
 1日目は香川県にある金刀比羅宮へとお参りに行きました。(785段もの階段を上ってようやく本宮に辿り着きます。35度を超える猛暑日にがんばりました!)
 2日目は小豆島へ行きました。小豆島には「エンジェルロード」という1日2回潮の満ち引きによって現れる砂浜の散歩道や、「千枚田」と呼ばれる棚田、オリーヴ畑など自然に囲まれた素敵な景色が楽しめます。
 3日目は岡山へと移動して、倉敷の古い街並みを散歩してきました。雑貨屋、カフェ、着物屋などが並んでおり、小道へ入っていくと隠れたお店がいくつも出てくる……という何時間見ていても楽しめる女性にオススメの街でした。

 やはり慣れない場所に行くというのはエネルギーを使いますが、それ以上のパワーをもらえます。四国というと昨年は四万十市が日本の観測史上最高気温を観測したり東京よりも暑い気候ですが、うどんをたっぷりと食べ、自然からのエネルギーをたっぷりと受け、たっぷり運動して、たっぷり笑って、暑さに負けない元気をもらって帰ってきました。
 今から、次の旅行はどこへ行って何を食べようかとワクワクしています。

 最後までお読みいただきありがとうございます。気候の変わりやすい季節ですが、みなさまどうぞお身体を大切にお過ごしくださいませ。

=====================
『ザ・フナイ』に掲載されて大好評!
電磁波に囲まれた生活からマイナスイオンで癒される生活へ変えてみませんか?


 仙台にある丸山アレルギークリニックの院長・丸山修寛先生は以前に、ある病気で苦しむ5才の女の子に触れた瞬間に強い静電気が生じたことから、カラダに溜まった電気がカラダになんらかの悪影響を及ぼしているのでは? と考え、研究を始めました。
 私たちのカラダには生きる上で必要な生体電流という微弱な電流が流れていて、その電流の乱れがあらゆる不調をもたらしていると言われます。また、現代の世の中は電化製品に囲まれており、それらから発せられている電磁波がこの生体電流に悪い影響をもたらすと考えられています。
 そのような生体電流の流れをスムーズにするお手伝いをしてくれると言われているのが「丸山式コイル」です。
「丸山式コイル」について詳しく知りたい方はコチラから


18周目:「温かい気持ちになる」
19周目:「断捨離でココロも整頓!」
20周目:「シンクロ」
21周目:「『変化』と『安定』」
22周目:「一足先に春を感じる」
23周目:「幸せのエネルギー」
24周目:「新しい発見」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.10 ・2014.09 ・2014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター