写真
国家防衛の勤めの最後の日に

21世紀 ヤマトごころの部屋

このページは、元幹部陸上自衛官で、2010年の12月に40年間に及ぶ自衛官生活にピリオドを打った池田整治さんによるコラムページです。池田さんが自衛官在任中に書かれた著書『マインドコントロール』(ビジネス社)は大変好評です。このコラムでは主に、“社会の真実”“家族愛”“自然との共生”をテーマにお届けします。

2013.01(第27回)
さあ、宇宙の流れに乗ろう!

 有意の皆様、新年あけましておめでとうございます。
 昨年の冬至は、マヤ歴の終わりということもあり、人類の終焉の予言まで信じられた国々では、一部暴動騒ぎにまで発展しました。それまでの抑圧的な政治体制下での経済的、社会的不満・不安が一気に自暴自棄的な行動に出るのでしょう。
 一方、わが国では、3.11フクシマ後初の国選選挙である衆議院選挙が行われ、良識ある国民の予期に反し、自民党が圧勝、自公政権が復活しました。ネット上では、不正選挙の情報も流れています。いずれにせよこれは、日本にとって吉兆なのか、それともイバラの道となるのでしょうか。

 夜明け前が一番暗いと言われます。
 今こそ我々は、縄文文明から同じ血を引くネイティブアメリカンのホピ族の言い伝えである、「滅びの道」を歩いているのか、「永久の道」を歩んでいるのか、深く自省しなければなりません。
 そのためには、まず大局、大きな「流れ」を読むこと、軍事用語で言うならば行動に移す前の「状況判断」が重要です。そして流れをつかんだらならば、その流れにしっかり乗ることです。

地球は今どこに向かっているのか?
 まず、我々の母なる地球が今どの段階で、どの方向に向かっているのか鳥瞰(ふかん)してみましょう。我々人類も、母なる地球・ガイアの一員であり、運命共同体です。ガイアの意志に反しての存在は宇宙の摂理からも赦(ゆる)されないのです。
 さらに、我々人類の集合意識が地球の3次元の現実を引き寄せる、あるいは実現すると言われています。つまり、一人一人の「思い」が地球・ガイアの運命に大きく影響を及ぼすのです。
 つきつめれば、一人一人の「人間性」、「霊性」がこの地球の運命に関わっていると言えます。果たして、今現在の我々の意識レベルは、宇宙の摂理に合って、ガイアとともに成長、次元上昇するレベルなのでしょうか。

 我々が太陽系を頭に浮かべる時、太陽を中心に9個の惑星が同じ平面をレコード盤のように回っている姿をイメージします。350年前のニュートン力学という古い仮説に基づいたこの「固定観念」は、小学校の教科書からしっかり「洗脳」教育されています。
 実際の宇宙は、電磁力つまりプラズマで作用しています。世界のアカデミーや米国のNASA以上では、キチンとプラズマ力学で宇宙を解明しています。
 現在社会は、メディアを通じた「情報で支配」されていますが、被支配者が目覚めないように物理も音楽等も全て仕組まれているのです。
 例えば、宇宙は16進法、16音階ですが、不協和音を入れた7音階の西洋音楽は、左脳優位となり人間性を高める右脳を封じ込めています。「周波数」を巧妙に使って、人類が目覚めないようにしているのです。
 かつて私は、一度だけ16音階で作られたCDを聞いたことがあります。まさに感性が上がり、宇宙人の声が聞こえたような感覚にまで意識が高揚しました。こういう意味でも、是非自然と一体感を覚える日本本来の和楽をおすすめします。
 絵もうまい技巧レベルは画家です。観る人の右脳に作用して人間性を高め、社会を向上させるのが芸術家です。かつてのヤパン・インプレッションのゴッホたちであり、その原点は日本の江戸の「浮世絵」です。

 では、宇宙の実態はどうなっているのでしょう。 実は、太陽は今この時も秒速200kmという超高速で銀河を巡り、宇宙を旅しています。その太陽にまとわりつくように惑星が追いかけています。つまり、地球は同心円運動でなく、太陽よりも高速の「右螺旋運動」で宇宙を旅しているのです。しかも内惑星の小さな水星、金星、地球、火星の4個の惑星が、まるでDNAの4塩基がおりなす右螺旋階段のように彩なしながら高速で進んでいるのです。
 また、宇宙はプラズマエネルギーで満たされていますが、太陽系の進む方向にこの濃密なエネルギー帯があり、マヤ歴に合わせるかのように、現在太陽系が突入したようです。
 また、第10の惑星と言われ、木星とほぼ同じ大きさのニビル星が3600年の周期でやってきて、その折り返し点が冬至の日であったと言われています。太陽系との交差点が火星と木星の間であり、この空間に存在する小惑星群がはじき飛ばされ、そのかけらでも隕石として地球に落下することが懸念されています。こういう状況下で、様々な憶測が、様々な予言を産んでいると思われます。

 何しろ、一番情報をつかんでいるNASAが、真実を一切出しませんから。出さないばかりか、彼らの「宣伝」分野であるハリウッドで、彼らの世界支配を強化するための情報に変えて世界に流して来たのです。ハリウッド映画を見るときは、「一部の真実」と彼らの「洗脳工作目的」を、是非分析し判断して下さい。洗脳工作から身を守る基本です。

 ここでその構図をしっかり頭に入れておきたいと思います。

 太陽を直径30センチのバスケットボールだとすると、地球は12m離れた位置にあり、その大きさは3ミリの粒です。ニビルは木星とほぼ同じですからゴルフボールぐらいで、太陽から36m離れたところを我々惑星の軌道に直交するように南側から北側に抜けていきます。この構図がわかれば、ニビルが惑星と衝突するなど絶対にあり得ないことだとわかります。
 問題は、火星と木星の間の6000個の小惑星をはじき飛ばすかどうか、さらにそのはじかれた一部の岩石等が地球に落下する「確率」です。
 もちろん、ニビルと太陽との間にプラズマ帯が起こります。その影響がどれだけなのか。また、地球という生命体を覆って、10万度の太陽フレア・プラズマ等から守ってくれていた「熱圏」がどこまで頑張って機能してくれるか、の問題なのです。何しろ、エゴの彼らが核爆発や原発の放射能で熱圏を壊してきたのですから。
 ただ言えることは、エネルギー帯の中での「右螺旋運動」が、生命の誕生と進化の宇宙の法則の原点である、ということです。つまり、太陽系レベルで見れば、急成長の段階を迎えたのです。
 但し、これまでの地球の現状を見れば、植民地化の美名のもと侵略の蛮行の限りをつくしてきた西欧人をしてこの世のパラダイスと感嘆させた人情豊かな江戸の市民社会以降、日本人も含めてこれまでの地球人類は霊性がかなり低下する一方であったことは歴然です。
 その反省を人類がしっかりおこなって、意識を変え、生き方さえ変えれば、間違いなく江戸のパラダイス社会、つまり霊性の高い次なる高次元社会が、この地球上に再現されるでしょう。
 あるいは、天変地異のショック療法の後に、どれだけの人類が残ってその社会を再現しているのか、というパーセンテージの問題かも知れません。 その無数の可能性の中で、どのシナリオになるかは、常に「今」の我々の「意識」にかかっているのです。

宇宙の進化の過程
 人も宇宙も常に進化発展しています。現在地球は、3次元の体験の場として存在していますが、この高濃度エネルギー帯のなかで、いよいよ5次元へと進化します。もちろん我々人間も5次元の人間へと進化します。エゴのない愛の世界と言われています。現時点でも、地球の熱圏を超えた宇宙は、5次元の愛の世界なのです。
 そうなのです。実は宇宙は生命に溢れ、他の惑星も緑豊かなのです。月にさえ空気の存在が認められています。人類が初めておりて立てた星条旗がたなびいたのもこれでわかったと思います。
 ただし、現時点で地球を支配している金融支配体制者たちが、彼らの支配を有利にするために、NASAを使って、偽情報により宇宙の真理を欺騙しています。人類が真実を知れば、彼らの支配は終焉を迎えるでしょう。だから、「メディア」を通じた「マインドコントロール」を徹底しているのです。
 実は、火星にも金星にも我々地球人と同じような人類が住んでいます。ただし、エゴが強すぎて進化に遅れた地球人とは違い、彼らはすでに5次元文明に入っています。彼らは、劣等生の兄弟・地球人が今度はうまく成長できるか、心配しながら見守ってくれています。
 宇宙の進化は5次元では留まりません。肉体や輪廻転生を超えた6次元から最終的には7次元ヘと進み、宇宙の根元と一体化するのです。こういう壮大な進化の一過程として、我々はこの地球を選び、現在は3次元の肉体に宿って学んでいるのです。
 ちなみに再度述べれば、この地球を防護服のように覆っている熱圏を超えると、そこは5次元・愛の世界であり、現在のエゴの強いわれわれ地球人は入ることができません。見方を変えれば、そのエゴ故に、宇宙の摂理から地球人は地球に「封印」されているのです。左脳優位で、宇宙の摂理に反する核分裂の爆弾まで作ってしまったのですから。
 その防護服である熱圏を壊しているのが、その核分裂の人工放射能です。私が、絶対に原発反対である理由がここにあります。まさに、人類の自殺行為。利権に目が眩み、自ら地獄に進んでいることさえ理解できないのです。
 果たして、安倍新政権は、この宇宙の地獄の釜をどうするのでしょうか。
 いえ、我々日本人はどうするのでしょうか?
 α、β線の内部被曝もなかったことにいつまでするのでしょうか。

世界を金融で支配するモノたちの狙いは?
 その原発を、2個の原爆や今回のフクシマの惨状を目の当たりにしても、馬耳東風で推進しているのが、世界金融支配体制者たちです。日本の原子力村の輩は、その手足として使われているに過ぎません。同邦を危(あや)めながらの金儲け。まさに地獄の餓鬼の悪行を積んでいるのです。
 彼らから使われている哀れな日本の為政者たちと違い、世界金融支配体制者たちは、地球環境の現状をしっかり把握しています。自分たちで壊したのですから知っていて当然です。そして自分たちだけ助かろうとしています。
 その現状を含めて、彼らは、やがてこの地球においては5億人分の食糧しか生産できなくなると、かってに判断しているのです。
 理由は「地球寒冷化」とメディアで情報欺騙・操作しています。
 そのために、支配者である彼ら約1万人と、それを支える奴隷約「5億人」の白人を除く、「useless eaters」(ユーザレス・イーターズ)約65億人の効果的自然削減を謀っています。彼らの「公的」な会議場である、世界経済フォーラムの目的が、地球環境に貢献するとして、具体的目標に「彼らを除く」全人類に「予防接種」を行うとしているのは、まさにこのためなのです。
 現在日本で進行中の「子宮頸ガン予防ワクチン」接種運動は、まさにこの一環です。
 免疫力を下げるアジュバンドに、ペットの避妊薬である蛾の細胞を遺伝子操作したものまで入れています。もし、これが義務化され全員に接種されるようになれば、確実に日本人はこの地球上から抹殺されます。日本においてこの予防接種を推進している団体等をみれば、この「カラクリの構図」が読みとれます。彼らは日本人を抹殺しながら、お金を搾りとっているのです。
 そうならないために、お母さん方が真実を知り、賢くなって欲しい。「大人の無知」を「子供への罪」といいます。

今回の選挙のカラクリを知れば……
 アングロ・サクソンたち白人が世界の植民地化に動くまでは、この地球は、縄文文明から流れ出た自然と一体化の文明の人類で溢れていました。しかし、日本民族以外、全ての地域が彼らの武器の下に制圧され、言葉も、民族性も変えられてしまいました。
 彼らはわかっています。最後の砦にして、現代人類の源泉(みなもと)である日本民族を殲滅(せんめつ)しない限り、地球を完全支配することはできない、と。いや、生物学的に弱い彼らは、ガイア本流の日本人の存在が怖いのです。だから巧妙な手段で、殲滅を謀ります。
 原爆の投下以降、α、β線での内部被曝はないものとして、放射能汚染で日本人のDNAを根元から破壊します。生まれたときから水銀などの入った予防接種・ワクチンで免疫力を低下し、化学添加物入りの食事、塩素入りの水道水で病気にして、最後は毒そのものである抗ガン剤等でとどめを刺します。
 つまり、彼らにとって人生目的そのものである「お金」を、日本民族から吸い取りながら、「抹殺」するのです。
 その仕掛けを支えるのが、「在日米軍」の存在です。米軍の存在する限り、日本人が真に独立することはありえません。いつまでも実質上の植民地化を維持できます。国民のためにまさに命を賭けて守る精強な自衛隊がいて、国民の意識が高い限り、いかなる国も日本を侵略できません。米軍は、日本防衛の為でなく、彼らの世界戦略の目的のために、便利な日本を利用しているに過ぎません。この観点から見れば、思いやり予算、地位協定、オスプレイ配置・訓練飛行、日本人女性レイプ事件等々の意味がわかってきます。
 今回の選挙の争点は、「原発」「TPP」「消費税」「オスプレイ」でしたが、彼らにとっては、まさに「お金を奪い」ながら「抹殺」する体制を「固定化」するための選挙でもあったのです。
 そのために、彼らに逆らう勢力を民主党から追い出し、さらに国会から追い出すことにありました。そして彼らの家僕である自公の復活。ガス抜きの第3局は、彼らの傘下でまとめる。つまり、民主、自民、維新等全て彼らの支配下政党にすぎないのです。その自民は、公明と組み、かれらの「組織票」と「金力」にすがるしか実際には当選しないようになりました。庇を貸して母家をとられているのです。

 こう見てくると、見事に世界金融支配体制の選挙勝利でした。世界の目覚めた国々の人々は、日本人の「覚醒」と「リーダーシップ」をいまやいまかと待ち続けてきたにも関わらず、にです。
 このままだと、彼らのシナリオ通りに、一部の原発を廃棄しながら他の原発は「再開」するでしょう。やがてくる地殻変動とともにフクシマの悲劇が繰り返され死の灰、放射能汚染が拡がります。
 TPPも交渉にのり、モンサントの遺伝子組み換え穀物で、日本人の「奇病」、「弱体化」、「精神疾患」の増大が決定的になるでしょう。
 さらに世界的不況下の中で消費税が上がり、一部の大企業とシロアリが裕福になるとともに、多くの国民が、国民皆保険制度後の自由診療が受けられず、明日の食べ物にも事欠くかも知れません。
 そして、彼らの望むように、「日本民族抹殺」後、世界人口は「5億人」になるでしょう。

 しかし、こうはなりません。
 彼らのもくろみは見事に外れます。プラズマエネルギーは、愛をもたらすエネルギーでもあります。人の意識次第で、プラスにもマイナスにも作用します。
 縄文から続き、ヤマト王朝を開き、江戸の市民社会で世界のパラダイス国家をつくった日本人は、今大きく目覚めはじめています。新政権がいかなる施策をとろうとも、この宇宙的「目ざめ」は、もう誰にも止められません。
 これからの具体的進行は、まさに、「今」これからのあなたの「意識の進化」にかかっています…。

ともにその宇宙の流れに乗ろうではありませんか。

 さて、日本人「2千万人」が目覚めれば、この現代文明の人類の意識が向上して、5次元へ上がる「地球とともに」進めると言われております。
 私も辻説法で真実を伝えて行きます。
 有意の方々、よろしくお願い致します。

 なお、その一環として、笑顔共和国の福田純子大統領との対談集『ヤマトごころ、復活!』(新日本文芸協会)を今月中に出版します。
 よろしくお願い致します。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆池田整治 公式HP: http://ikedaseiji.info/
東藝術倶楽部顧問
◆美し国 副代表 http://umashikuni.co.jp/index.html
『今、「国を守る」ということ 日米安保条約のマインドコントロールから脱却せよ』(PHP)
『ついに来たプラズマ・アセンションの時』(ヒカルランド)
『脱・洗脳支配』(徳間書店)
『マインドコントロールX 国防の真実』(ビジネス社)
超マインドコントロール2 日本人だけが知らない! 日本と日本人の凄さ!
『超マインドコントロール』(マガジンハウス刊・アマゾン総合第2位を記録)
『原発と陰謀』(講談社)
『マインドコントロール』(ビジネス社)
『マインドコントロール2 〜今そこにある情報汚染〜』(ビジネス社)
『転生会議』(ビジネス社)
『心の旅路』(新風舎)(新日本文芸社:改訂版)
『なかったことには出来ない話』(新日本文芸協会)
◆写真集『今を生きて〜ガイアからのメッセージ』(新日本文芸協会)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

バックナンバー
14/02

目覚めし、ヤマト魂たちよ!(最終回)

14/01

二極化が加速する2014年

13/12

7世代後の子供たちのために……

13/11

ガイアの夜明け……原発からのパラダイムシフト

13/10

大峠の彼方に……雛形としての日本

13/09

幸せの原点

13/08

終わりの始まり……日本人の意識革命はいつ?

13/07

時代認識再考……明治維新の真相

13/06

滅びから永久(とわ)の道へ

13/05

目ざめよ日本人……戦後レジームとしての在日米軍再考

13/04

TPPの狙いを知れば…

13/03

不思議の国・日本…目ざめよ!日本人…

13/02

ゴッホの愛した日本…日本のミッションはどこに?

13/01

さあ、宇宙の流れに乗ろう!

12/12

永久の道を目指して

12/11

偽りの危機と本当の危機

12/10

いま、そこにある危機

12/09

奇跡を信じて・・・目指せ、第2のヤパンインプレッション

12/08

熱き夏の思い

12/07

紫陽花革命・・・私たちは諦めない

12/06

ガイアのつぶやき・・・その2

12/05

北朝鮮ミサイル発射によせて

12/04

ガイアのつぶやき…その1

12/03

多生の縁…美は世界を救う

12/02

江戸蘇り富士紀行…明治維新再考

12/01

2012年、大転換へ

11/12

3.11フクシマを日本の夜明けに

11/11

縄文からのメッセージ

11/10

新ヤマト社会の実現を目指して

11/09

背番号14番…白球からの多生の縁(番外編)

11/09

次なる災害に備えよ!…3.11をターニング・ポイントにしうるか?

11/08

アセンション最終章…一人からはじまる霊性ルネッサンス

11/07

下からの意識革命…蘇れ日本、ヤマトごころ

11/06

唐松観音寺にて

11/05

現在進行形マインドコントロール「福島」から学ぶ …本当のことを知れば、生き方が変わる

11/04

日本は蘇る! …世界を救うヤマトごころ

11/03

災い転じて福となす…

11/03

ヤマトごころの戦い方 …西欧と武士道の戦いの違いは?

11/02

磨かれた一足の靴

11/01

最終章開幕!

Profile:池田 整治(いけだ せいじ)

1955年、愛媛県生まれ。元・陸上自衛隊小平学校 人事教育部長で陸将補(2010年12月に退官)。防衛大学校国際関係論卒業。空手道8段、全日本実業団空手道連盟理事長。90年代半ばの第一次北朝鮮危機における警察との勉強会、それに続くオウム真理教が山梨県上九一色村に作ったサティアンへの強制捜査に自衛官として唯一人同行支援した体験等から、世の中の「本当の情勢」を独自に研究。2009年12月の自衛官在任中に著書『マインドコントロール』(ビジネス社)を出版。北海道での単身赴任時代、太古から残る大自然に感動し、4人の子どもたちへ、万が一の場合、父の想いを残し伝えるためのエッセイ『心のビタミン』(メルマガ)を始める。エッセイや写真は江戸の日本人が感じた『自然との一体感』をテーマにしたものが多い。著書に『心の旅路』(新風舎/改訂版:新日本文芸協会:2011年1月発売)もある。月刊『ザ・フナイ』(船井メディア発行)にもたびたび登場。2011年1月に新著書『転生会議』(ビジネス社)が発売。
今、「国を守る」ということ 日米安保条約のマインドコントロールから脱2011年3月に『マインドコントロール2 〜今そこにある情報汚染〜』(ビジネス社)を発売。2011年9月に『超マインドコントロール』(マガジンハウス)と『原発と陰謀』(講談社)、2012年5月に『脱・洗脳支配』(徳間書店)を発売。2012年8月に『ついに来たプラズマ・アセンションの時』(ヒカルランド)、写真集『今を生きて〜ガイアからのメッセージ』(新日本文芸協会)を、2012年11月に『今、「国を守る」ということ 日米安保条約のマインドコントロールから脱却せよ』(PHP)を発売。大好評発売中。
★池田整治 公式HP: http://ikedaseiji.info/
★メルマガ:心のビタミン(エッセー):公式HP http://ikedaseiji.info/ から登録
★最新アルバム:http://cid-aba6ea878c935265.skydrive.live.com/albums.aspx
★顧問を務める 東藝術倶楽部HP:http://www.azuma-geijutsu.com/

プレ・ホリスティックレッスン ザ・シークレット・オブ・カバラ 「1%の人が気づいている内なる叡智を開く鍵」本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター