写真
国家防衛の勤めの最後の日に

21世紀 ヤマトごころの部屋

このページは、元幹部陸上自衛官で、2010年の12月に40年間に及ぶ自衛官生活にピリオドを打った池田整治さんによるコラムページです。池田さんが自衛官在任中に書かれた著書『マインドコントロール』(ビジネス社)は大変好評です。このコラムでは主に、“社会の真実”“家族愛”“自然との共生”をテーマにお届けします。

2013.11(第37回)
ガイアの夜明け……原発からのパラダイムシフト

 つくづく現代日本は、西欧民主主義、資本主義の縮図のような国家だと思います。現安倍内閣は、日本の全有権者の僅か18%の投票率で政権を奪取しました。その18%の支持者のための政策を断行しています。
 税も彼らを支持する組織票の母体である大企業やメディア等の法人税を下げる一方で、貧しき大衆から消費税増税等で徴収します。その実体経済で作り出された貴重な資金も、米国に根ざす博打的な金融経済を得意とする世界金融支配体制者たちに、米国債購入等の投資として形を変えて上納されるわけです。
 健康被害が決定的になる遺伝子組み換え農産物等が一挙に流れ込むことが懸念されるTPPも、関連大企業の利益となります。こうなると、「食品化学物質」、「薬」、「電磁波」、「放射能」等に加え「遺伝子組み換え食品」の健康阻害で日本人を「間引き」しながら、お金だけは搾り取られる完全植民地態勢が完成する恐れがあります。

 それは、世界最古で地上最後の自然と共生の文明を継続してきたヤマト・日本の終焉を意味し、結果として現代地球文明の破滅へと続くことになるでしょう。美しい青き水の惑星地球・ガイアが、砂漠の惑星になりかねない道でもあるのです。果たして、現代人類は、そこまで問題意識を持ち、認識を深めることができるのでしょうか。
 いずれにせよ、選挙に貢献してくれた階層の利益のための政策を行うということは、まさに西欧型民主主義の典型です。そして経済的観点から見ると、投票してくれた資産家達のための施策を積極的に行うということは、お金の力で物事が決まる資本主義において、最終的なエゴの極致の餓鬼道の道を走り出したと思えてなりません。行く先は地獄の三丁目、破滅です。
 何よりも厚顔無恥なのは、放射能汚染水の「完全コントロール宣言」です。

原発の真相
 ここで、原発の実態を明らかにします。何故なら、この問題は、我々全生物の母である地球・ガイアに決定的なダメージを与え、それは現代文明の滅亡を招く恐れがあるからです。
 まず、フクシマにはどれだけの核燃料があるのでしょうか。メディア情報ではほとんど流されません。何故なら、その真相を知れば、いくらのんきな日本人でも目覚める恐れがあるからです。効果的にマインドコントロールを維持するには、大衆を目覚めさせないことなのです。その為にメディアで嘘の情報を流して「完全コントロール」します。
 原発の核燃料は、1cm×1cm×4mの固形の細長い燃料棒です。その重量約173kg。ちなみに広島型原爆に使用されたウランは約60kgで、実際に核分裂反応したウラン235は700gに過ぎません。重量だけでも、原発の燃料棒1本で、原子爆弾の3個分に相当します。
 原発では、通常一度に500〜700本・約100t、原子爆弾1500個分の核燃料棒が使われます。そして13ヶ月後に点検のために全て抜き取ります。
 複雑で危険な原発は、13ヶ月ごとの点検・修理が不可欠ですが、一度運転を開始すると巨大な炉自体が高濃度の放射性物質となり、その環境下での満足な修復等は不可能です。つまり、建設後30年で、通常は廃炉にしなければならないしろモノなのです。元々が原子力潜水艦のエンジンですから、万一の時は海の底に沈めればいい、というものだったのです。いずれにせよ、その高濃度汚染廃炉の手順、永久保管場所も決まらないまま走り続けているのが原発産業界の現状です。

 一方、一度使用した核燃料は、崩壊熱を持つため、約50年間は水の中で冷やさなければなりません。水が無くなると2000度近くまで上がり、燃料棒自体が融解して、水蒸気爆発や核爆発、メルトダウンが起こります。通常原発一基で一秒70tの水が必要ですが、運転中のみならず、運転してないときもこの崩壊熱を下げるために、常に水の補給が必要なわけです。水の確保には給水ポンプが不可欠で、地震で電源が止まれば、ポンプが止まって水の補給もできなくなり、核の暴走が始まります。
 しかも冷却後、保管容器に入れて24万年間安全に管理しなければなりません。容器に入れても、物質であるα線やβ線は封じ込めることができても、電磁波の強烈なγ線が出ており、人が近づくことはできません。全て機械による遠隔操作が必要です。現実問題として、24万年安全に保管する容器など存在しません。
 もっとも、実際問題として、原発で働くには被曝は避けられず、「安全基準値」を設定して作業を行っています。結果として、ガン等を発症する元従事者が多数います。そのリスクを背負って働く人がいてくれるからこそ、原発産業は成り立っているのです。
 さらに、燃料であるウラン鉱を、放射能被曝の実体を一切教えられること無く掘らされているアメリカネイティブインディアン・ホピ族の悲惨な現実の上に構築されているのが原発産業なのです。
 いずれにせよ、日本には、その保管場所はありません。いえ地球、いや、宇宙のどこにもないのです。だから宇宙人がそっと監視してくれているのです。

フクシマには14225本、2461tの核燃料
 原子炉から燃料棒を抜き取るときも特殊の容器で水漬け状態にしなければなりません。特別の容器に入れてクレーンで移動し、使用済み核燃料保管プールに移します。一度使用した核燃料は強烈な放射線を放出するため人は近づけません。全て水の中での機械による遠隔作業です。抜き取ったばかりの核燃料棒は、崩壊熱が高く、近くのプールになるべく早く入れる必要があります。それ故、つり上げた位置での平行移動で移せる高さに一時保管プールを設計しています。原発の問題は、使用済み核燃料の処理問題に尽きます。その危険な使用済み核燃料棒を保管するプールが原子炉のすぐ近くに作られている構造上の問題は、このクレーンによる限られた移動制限にあるからです。
 すると使用済み核燃料の問題は、原子炉内とプールの二箇所にあることがわかります。

 例えば、フクシマの1号機には、一時保管プールに使用済み核燃料棒292本と未使用100本。原子炉内に400本。合計792本、推定ウラン量137tもあります。
 2号機が、プールに使用済み核燃料棒587本と未使用28本。原子炉内に548本。合計1163本、推定ウラン量201t。
 3号機はMOX燃料が、プールに使用済み核燃料棒514本と未使用52本。原子炉内に548本。合計1114本、推定ウラン量193t。
 4号機が、プールに使用済み核燃料棒1331本と未使用202本。原子炉内に0本、合計1533本、推定ウラン量265t。
   5号機がプールに使用済み核燃料棒946本と未使用48本。原子炉内に548本。合計1542本、推定ウラン量267t。
 6号機がプールに使用済み核燃料棒876本と未使用64本。原子炉内に764本。合計1704本、推定ウラン量295t。
 さらに各号機の一時保管プールで数年冷やした後に、加工成形できるまで10年〜50年冷やすための共通プールがあり、ここにウランとMOXの使用済み核燃料棒6375本と未使用2本。合計6377本、推定ウラン量1103tあります。

 つまりフクシマ全体で14225本、2461tの核燃料があるのです。広島型の原爆の4万1000個分の核燃料に相当します。
 日本全国54箇所の原発、さらに中間保管場所の六ヶ所村にあるウラン燃料を総合すれば、天文学的な量になります。日本の科学技術と資金があれば、いくらでも簡単に原爆や弾道弾ミサイルが作れます。だからIAEAは、その予算の三分の一を使って日本を厳重に監視しているのです。何故なら、弱肉強食の競争社会である西欧型思考では、「目には目で」日本が原爆を持てば、広島・長崎の報復で必ず米国に報復攻撃すると思いこんでいるからです。

 ちなみに、IAEAは、世界金融支配体制の核産業部門が、核と原発産業を独占するために作った国際機関です。現在の活動の焦点は、フクシマの放射能汚染問題を「なかった」ことにして、引き続き核産業でお金を儲けることにあります。
 フクシマの住居基準の1ミリシーベルトを20ミリシーベルトまで大丈夫と言い出したのは、このためです。これは、現在のような除染では、1ミリシーベルト以下に落ちないことと、それでもフクシマは安全と偽ってこれからも世界で核産業を推進させる意図が見え見えです。
 フクシマの安全化には、微生物をつかった原子転換による除染等、根本的な施策が必要です。その技術はあるにもかかわらず、無かったものとされています。まさに、お金儲け優先の現代強欲資本主義の限界と言えます。

 ところで最大の問題は、1号機から3号機までメルトスルーしてしまい、核燃料がクレーンで取り出せません。もっとも4号機までのクレーンも全て爆発で吹っ飛んでいますから、高放射能下でのクレーン等の再構築を如何にするかも未定です。メルトスルーした核燃料棒の取り出しは、人類史上初めての体験となります。溶けて形をなしていないのですから、クレーンで取り出す発想を変えなければなりません。封じ込めるにしても、どこまでメルトスルーしているかさえ不明な状況です。
 いずれにせよ、各号約200tの使用済み核燃料棒は、50年間水で冷やさなければなりません。完全に崩壊した現状では、上から水をかけ続ける他手段はないでしょう。汚染水は増える一方です。考えてもわかります。13729本、2357tの崩壊熱をもつ使用済み核燃料を50年間冷やし続けなければならないのですから。
 さらに、メルトスルーして地下水に接触して、水蒸気爆発による地震を起こすとともに、汚染された地下水が海に流れ続けます。
 フクシマの安全な処理は、日本の全力で取り組むべき最重要課題なのです。

 今、一番危険なのは4号機です。点検中だったので原子炉内の燃料棒はゼロです。全てビルの5階建ての高さの一時冷却プールに保管されています。その数1533本、265t。そのうち1331本が使用済み核燃料棒なのです。もし、このプールが震度6の余震で倒壊すると、むき出しの核燃料棒が地上に散乱します。こうなると水漬けできませんから崩壊熱で溶けた原爆4400個分の核燃料が爆発、悲惨な状況になります。来年からこの燃料棒の取り出し作業が始まります。
 さらに、メルトスルーした1〜3号機の取り出し作業は、東京オリンピックの開催時期までに完了することが望ましいでしょうが、現実は厳しいと言えます。
 今年は、日本を縦断する雨台風が多かったのですが、目覚めない日本人の代わりに、ガイアが除染、浄化・禊ぎをしてくれたと思えてなりません。

水蒸気爆発と核爆発の違い
 ところで水蒸気爆発と核爆発の違いをご存じでしょうか。
 水蒸気爆発は、気体の水素と酸素が化学反応で液体の水になります。容量が減りますから、衝撃で吹き飛んだ埃等も収束し、漂う形になります。核爆発は、原子の強い核力を解放する猛烈なエネルギーでキノコ雲が巻上がります。
 実は、3号機の爆発は、この核爆発でした。3号機には、プルトニウムが4%最初から混入されたMOX燃料が使われていました。冷却プールには、514本の使用済み核燃料棒が保管されていましたが、地震で水がなくなり、崩壊熱で燃料が溶解して集まり、核爆発を起こしたのです。
 プルトニウムは10kg集まると自然に爆発します。極めて危険なものですが、この性質を利用して核爆弾が作られているわけです。核燃料は4%がウラン235で、その周りを96%のウラン238に覆われています。普段は安定したウラン238ですが、ウラン235が核分裂したときに放出される中性子を受けて、原子番号がひとつ上がったウラン239、つまりプルトニウムになります。人が作った宇宙最悪の物質と言われています。
 通常、原子炉内では、ウラン238の1%がプルトニウムになると言われています。100tの核燃料を1年間使うと、1tのプルトニムが生成されることになります。これだけでも、1号機から3号機のメルトスルーした核燃料がどのような状態にあるのか、気になります。各号機1tのプルトニウムが暴走しないことを祈るしかありません。
 しかも確認の手段もありません。ただ、水をかけ続けるしかないのが現状です。これが「完全コントロール」の実態です。

日本の危機を救ったものは?
 そうです。3号機の爆発は、一時冷却プールの使用済みMOX核燃料の核爆発であり、約95tの核燃料を飛散させたのです。約1.7kmのキノコ雲もできています。日本のメディアも当初はこの映像を流していましたが、やがて完璧に封じ込めました。今ではドイツ等のメディアでしか見ることができなくなっています。あくまで水蒸気爆発でないと、事後の核産業でのお金儲けという「営業」上、困るわけです。
 ところで、95tの使用済み核燃料ですから、その被害がどのようになるのか、想像を絶しますが、大悲惨の予測はつきます。原爆でさえ、爆弾兵器として圧力をかけて膨大な破壊エネルギーにしたとはいえ、使用されたウランは60kgで、実際の核分裂は700gに過ぎません。
 実は、3号機の爆発は、原爆1500個分のウランが吹っ飛んだ、関東全域3000万人が緊急避難しなければならない事態だったのです。3号機プールが爆発した時間帯は通常なら海風で、吹き上げられた核燃料等は、陸上に落ちるはずでした。そうなると、もう敷地内に人は踏み込めなくなります。他の原子炉等への応急的な水かけ作業もできなくなり、それはやがて敷地内2461tの核燃料の暴走へとつながります。日本ばかりか、地球の最後になってもおかしくはありません。運良く、この時は陸風で、吹き上げられた燃料棒等は、海に落下したのです。そういう意味でも海の汚染は避けられないのです。無いという嘘は、適切な処置を封じ込めます。
 この時に、放射能を高次元の科学技術で除去してすくってくれたのが、宇宙連合のUFOなのです。米国のオバマ大統領も、先日やっとこれまでの宇宙人とのコンタクトの事実を発表しましたが、第二次世界大戦末期に人類が核爆発をおこして以降、進化した人類である宇宙人が、地球・ガイアを秘かに見守っていました。人工核分裂問題は、地球だけの問題ではなく、全て命の有機体としてつながる宇宙全体の重大な問題なのです。
 要するに、フクシマの3号機プールの核爆発は、人類の破滅になりかねず、「緊急措置」として、救済してくれたわけです。
 この辺りの経緯は、拙著『目覚めし「ヤマト魂」たちよ、地球「最後の戦い」が待ってるぞ!』(ヒカルランド)で書いているので参考にして下さい。
 しかしながら95tという膨大な核汚染物質は完全には除去しきれず、軽井沢辺りまで汚染してしまいました。その後、大気の対流により、濃度差はありますが、日本全土が放射能の汚染下にあると言っても過言ではないでしょう。何故なら、フクシマは封じ込めておらず、また全国の、いや世界中の原発は普段から「基準値」以下の放射能物質を放出しつづけています。2000回を超える人類の核実験の汚染もあります。
 地上に撒かれた人工放射性物質が、水、空気、食糧等を通じて、体内に摂取されることによって、ヘリウム核であるα線と電子であるβ線がDNAを傷つける内部被曝の問題が起こっているのです。ところが、広島原爆以降、事後の核利用のため、この内部被曝は無かったことにされました。
 それ故、目覚めた人から真実の情報を知って広め、適切な対策を取ることです。放射能のみならず増え続ける化学物質等の生活環境下では、健康上、それらを完璧に除去してくれる浄水器や空気清浄機、完全天然の栄養補助食品は、現代では不可欠となっているのです。

パラダイムシフト
 にもかかわらず、放射能汚染水の完全コントロール宣言のもと、日本では原発の再稼働へと突き進んでいます。このままでは、破滅への道につながるのは歴然です。もちろん、日本を裏から支配している世界資本主義者たちの意向に、日本の為政者たちも逆らえないのでしょうが、それにしても何故国民の大多数の「思い」とは完璧に真逆の方向に進むのでしょうか。
 もちろん、拙著『マインドコントロール』(ビジネス社)であきらかにした世界金融支配体制者たちが、在日米軍等の圧力とメディア等を使った洗脳というソフト戦略で完璧な支配体制を維持しているということなのですが、世界中の国々で目覚めた人々による目に見える正常化への運動が起こっている中で、その新たな進化の道のキーポイントとなる日本人だけは、全く馬耳東風の状況です。TVはいつも通り芸能やスポーツ、メロドラマ等で電波を寡占しています。目覚めたロシアやドイツでは考えられない体たらくです。

 しかし、どうもここに、宇宙の進化のヒントがあるような気がします。
 現代のエゴを貴重とする資本主義が極限まで突き進んで、文明の崩壊まで見えて来たときに、一つの決定的な「要因」が添加されて、圧縮し、新たなパラダイムとして高次元レベルに生まれ変わって膨脹する……。
 そうです。全ては圧縮、爆発、膨脹の繰り返し……
 現代は、約500年続いた、エゴに基づく西欧民主主義と資本主義の近代文明の膨脹が止まって圧縮され、新たな文明への爆発の時を迎えているのです。その新たな文明のための添加剤となる「要因」が、日本人固有の「自然との共生」なのです。
 機械的、つまり物質文明的には行き着くところまでいった西欧型資本主義から、ガイアと共生した新たな文明にパラダイムシフトをする宇宙的イベントがまさにこれから始まるのです。

 原発問題は、その象徴と言えます。フクシマで目覚めるべき日本人がまだ目覚めないということは、同じことが目覚めるまで続くことを意味します。次は、東海〜浜岡でしょうか。あるいは、東京直下型、富士山噴火でしょうか。
 日本人が目覚め、新たな宇宙・ガイア・自然と一体化・共生した「ひとつ」という文明へ方向転換を切った時に、見守ってくれていた宇宙連合の人々が挨拶に表玄関から現れて、人類の宇宙文明への仲間入りを祝ってくれるのでしょう。その時に、火星も金星も同じ太陽系人類が住んでいることを知り、相互訪問も盛んになるでしょう。
 そう、ガイアの本当の夜明けとなるのです。
 夜明け前が一番暗いと言われます。今の資本主義下で行われている18%の為だけのエゴの政策等は、まさに最後の世界的な資本主義のあがきとも言えます。
 そして、もっとも今大事なことは、82%の人々が、意識をあげ、宇宙レベルの霊性向上へと向かうかどうか、にあります。

 空手「道」、茶「道」等々で培われてきた本来の日本人の人格陶冶の生き方に、今こそ人生を、社会を切り替える時なのです。

 今、ムー、縄文時代から続く、「ヤマトの心」、「武士道の魂」を啓くときなのです。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆池田整治 公式HP: http://ikedaseiji.info/
東藝術倶楽部顧問
◆美し国 副代表 http://umashikuni.co.jp/index.html
◆池田整治監修の防災セットはこちら http://ikedaseiji.info/bousaiset/
『目覚めし「ヤマト魂」たちよ、地球「最後の戦い」が待ってるぞ!』(ヒカルランド)
『[親米派・親中派]の嘘』(ワニブックス)
『ヤマトごころ、復活!』(新日本文芸協会)
『今、「国を守る」ということ 日米安保条約のマインドコントロールから脱却せよ』(PHP)
『ついに来たプラズマ・アセンションの時』(ヒカルランド)
『脱・洗脳支配』(徳間書店)
『マインドコントロールX 国防の真実』(ビジネス社)
超マインドコントロール2 日本人だけが知らない! 日本と日本人の凄さ!
『超マインドコントロール』(マガジンハウス刊・アマゾン総合第2位を記録)
『原発と陰謀』(講談社)
『マインドコントロール』(ビジネス社)
『マインドコントロール2 〜今そこにある情報汚染〜』(ビジネス社)
『転生会議』(ビジネス社)
『心の旅路』(新風舎)(新日本文芸社:改訂版)
『なかったことには出来ない話』(新日本文芸協会)
◆写真集『今を生きて〜ガイアからのメッセージ』(新日本文芸協会)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

バックナンバー
14/02

目覚めし、ヤマト魂たちよ!(最終回)

14/01

二極化が加速する2014年

13/12

7世代後の子供たちのために……

13/11

ガイアの夜明け……原発からのパラダイムシフト

13/10

大峠の彼方に……雛形としての日本

13/09

幸せの原点

13/08

終わりの始まり……日本人の意識革命はいつ?

13/07

時代認識再考……明治維新の真相

13/06

滅びから永久(とわ)の道へ

13/05

目ざめよ日本人……戦後レジームとしての在日米軍再考

13/04

TPPの狙いを知れば…

13/03

不思議の国・日本…目ざめよ!日本人…

13/02

ゴッホの愛した日本…日本のミッションはどこに?

13/01

さあ、宇宙の流れに乗ろう!

12/12

永久の道を目指して

12/11

偽りの危機と本当の危機

12/10

いま、そこにある危機

12/09

奇跡を信じて・・・目指せ、第2のヤパンインプレッション

12/08

熱き夏の思い

12/07

紫陽花革命・・・私たちは諦めない

12/06

ガイアのつぶやき・・・その2

12/05

北朝鮮ミサイル発射によせて

12/04

ガイアのつぶやき…その1

12/03

多生の縁…美は世界を救う

12/02

江戸蘇り富士紀行…明治維新再考

12/01

2012年、大転換へ

11/12

3.11フクシマを日本の夜明けに

11/11

縄文からのメッセージ

11/10

新ヤマト社会の実現を目指して

11/09

背番号14番…白球からの多生の縁(番外編)

11/09

次なる災害に備えよ!…3.11をターニング・ポイントにしうるか?

11/08

アセンション最終章…一人からはじまる霊性ルネッサンス

11/07

下からの意識革命…蘇れ日本、ヤマトごころ

11/06

唐松観音寺にて

11/05

現在進行形マインドコントロール「福島」から学ぶ …本当のことを知れば、生き方が変わる

11/04

日本は蘇る! …世界を救うヤマトごころ

11/03

災い転じて福となす…

11/03

ヤマトごころの戦い方 …西欧と武士道の戦いの違いは?

11/02

磨かれた一足の靴

11/01

最終章開幕!

Profile:池田 整治(いけだ せいじ)

1955年、愛媛県生まれ。元・陸上自衛隊小平学校 人事教育部長で陸将補(2010年12月に退官)。防衛大学校国際関係論卒業。空手道8段、全日本実業団空手道連盟理事長。90年代半ばの第一次北朝鮮危機における警察との勉強会、それに続くオウム真理教が山梨県上九一色村に作ったサティアンへの強制捜査に自衛官として唯一人同行支援した体験等から、世の中の「本当の情勢」を独自に研究。2009年12月の自衛官在任中に著書『マインドコントロール』(ビジネス社)を出版。北海道での単身赴任時代、太古から残る大自然に感動し、4人の子どもたちへ、万が一の場合、父の想いを残し伝えるためのエッセイ『心のビタミン』(メルマガ)を始める。エッセイや写真は江戸の日本人が感じた『自然との一体感』をテーマにしたものが多い。著書に『心の旅路』(新風舎/改訂版:新日本文芸協会:2011年1月発売)もある。月刊『ザ・フナイ』(船井メディア発行)にもたびたび登場。2011年1月に新著書『転生会議』(ビジネス社)が発売。
目覚めし「ヤマト魂」たちよ、地球「最後の戦い」が待ってるぞ!2011年3月に『マインドコントロール2 〜今そこにある情報汚染〜』(ビジネス社)を発売。2011年9月に『超マインドコントロール』(マガジンハウス)と『原発と陰謀』(講談社)、2012年5月に『脱・洗脳支配』(徳間書店)を発売。2012年8月に『ついに来たプラズマ・アセンションの時』(ヒカルランド)、写真集『今を生きて〜ガイアからのメッセージ』(新日本文芸協会)を、2012年11月に『今、「国を守る」ということ 日米安保条約のマインドコントロールから脱却せよ』(PHP)を、2013年7月に『[親米派・親中派]の嘘』(ワニブックス)を、2013年8月に『目覚めし「ヤマト魂」たちよ、地球「最後の戦い」が待ってるぞ!』(ヒカルランド)を発売。大好評発売中。
★池田整治 公式HP: http://ikedaseiji.info/
★メルマガ:心のビタミン(エッセー):公式HP http://ikedaseiji.info/ から登録
★最新アルバム:http://cid-aba6ea878c935265.skydrive.live.com/albums.aspx
★顧問を務める 東藝術倶楽部HP:http://www.azuma-geijutsu.com/

プレ・ホリスティックレッスン メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター