写真
国家防衛の勤めの最後の日に

21世紀 ヤマトごころの部屋

このページは、元幹部陸上自衛官で、2010年の12月に40年間に及ぶ自衛官生活にピリオドを打った池田整治さんによるコラムページです。池田さんが自衛官在任中に書かれた著書『マインドコントロール』(ビジネス社)は大変好評です。このコラムでは主に、“社会の真実”“家族愛”“自然との共生”をテーマにお届けします。

2013.08(第34回)
終わりの始まり……日本人の意識革命はいつ?

 「日本を取り戻そう!」
 まさに、今回の参議院選で、彼らは失いかけていた日本という「市場」を完全に手中に取り戻したと言えます。ここで言う「彼ら」とは、私がマインドコントロール等の著書で明らかにしている国家を超えた世界の真(裏)の支配者たちのことであり、具体的には、世界銀行家を核心とする国際企業軍団等です。
 日本の為政者等は、彼らの金融植民地体制の現地代官の役割でしかない、と言えば言い過ぎでしょうか。
 戦後、いや遡れば、明治維新から徐々にこの世界の金融支配体制に組み込まれていたのですが、3.11フクシマの原発に関する安全神話に基づく虚構の「嘘」がばれるにつれて、日本人の目ざめが始まりました。もし、日本から原発産業が追い出されたならば、そこから彼らの悪しき資本主義体制の金融支配体制がほころびかねません。
 そこで、彼らの世界メディアを使った反撃も迅速でした。
 3.11の十日後には、スタンフォード大学の研究所に集まり、

@フクシマの事故は大した事故ではなく放射能汚染も問題ない
A引き続き、原発産業を拡大して儲ける
B上記方針に基づき、米国政府、メディアをつかってキャンペーンする

 と明確に原発産業の生き残りを謀りました。
 その一環として、衆議院選において、彼らにもっとも忠実な施策をとるであろう安倍・自民政権の復活・強化を図りました。

 その最大のポイントは、選挙の争点に「原発」などの真の論点を出さず、米国のバックアップがなければ日本はやっていけないという、GHQ時代からの刷り込みを再度鮮明にすることです。
 米国内のヘリテージ財団の会合に出ていた前石原都知事の唐突な「尖閣買収」発言に端を発し、中国のナショナリズムに火を付け、中国脅威論がメディアの紙面を飾る中で、原発・放射能問題は、なかったことにされました。
 尖閣問題、竹島問題、北方四島は、日本が主権を喪失していたときに、一人勝ちしていた米国が、英国の植民地政策を見習い、将来の「国益」のために置いていった「仕掛け」です。例えば、インド・パキスタン間にカシミールという曖昧な地域を作り、将来二国間で紛争が起こったときに、宗主国の英国に解決を求めることにより、様々な英国の国益になるようにしたわけです。米国は、この英国方式を学び、尖閣・竹島・北方四島を仕掛けていたのです。
 そして、公明・自民一体の組織票を固めた上で、「大勢は決まった。選挙にいっても仕方ない」という雰囲気をメディアが醸成し、若者たち浮動票の投票率を下げます。投票率が低くなれば、組織票の自・公、共が勝利するのは自明のことです。
 今回の参議院選でも、見事に彼らの選挙作戦は成功しました。数年に一度の国選で、原発、TPP、消費税問題等、日本の未来に直結する懸案事項に対する国民の判断を仰がなくて、真の民主国家と言えるのでしょうか。
 いずれにせよ、彼らの「指示」にもっとも忠実な体制となってしまいました。
 一言で言えば、「日本人のDNAを破壊しながら、お金を巻き上げる態勢」です。言うまでもなく、DNAを破壊されたら3代で民族は滅びます。DNAを破壊するものは、放射能、石油化学物質(薬・化学添加物・農薬等)そして遺伝子組み換え食品です。これらは戦後日本に入ってきたものであり、我々の世代が影響を受ける二代目です。三代目、つまり我々の子供たちから精子の減少・異常、DNA破壊等で、子供がかなりの確率でできなくなる恐れがあります。

 具体的な例で説明しましょう。
 子宮頸ガン予防ワクチンは、副作用が問題になっているにもかかわらず、接種が続いています。同世代の女子60万人に5万円のワクチンを接種すれば、年300億円の市場が形成されます。この300億円の売り上げは、海の向こうの世界金融支配体制の医薬品部門であるロックフェラー系列の企業に転がり込みます。副作用等に対する補償は、通常の医薬品トラブルならば製造企業が責任を負いますが、ワクチンは接種させた国家の行政機関等が取ることになっています。
 つまり、万一の時の補償を考えずに、濡れ手に粟でお金儲けをすることができます。しかも、その国の人口削減をしながら……。
 いかなるワクチンも、赤ん坊の時から免疫力を低下して病気を作り、その薬で儲ける態勢への序曲であることをしっかり認識する必要があります。究極が毒ガス兵器由来の抗ガン剤で確実な死を与えながら儲けるとともに、仲間の保険企業も潤う仕組みです。

 原発産業も同じです。
 米国では、スリーマイル島事故以降、30年間新規の原発は作っていません。あと10年もすれば、米国の104の原発は全て廃炉になるでしょう。そこで、傘下の日本の原発メーカーに製造させて、第3国に売ります。利益は、持ち株の比率で、世界金融支配体制の核産業部門の企業に吸い上げられます。
 問題は、事故が起こった時です。製造者責任で、日本企業及び日本国が補償しなければなりません。ここでも、子宮頸ガン予防ワクチンと同じ構図、「日本人を抹殺化しながらお金を吸い取る」態勢に陥っています。
 3.11フクシマの原発事故補償を、なぜ製造者責任のある米国GM社及び米国に求めないのか、不思議な国です。もちろん、植民地国家と割り切るか、米軍の用心棒としてのミカジメ料と割り切っているなら話は別です。
 しかし、それでも、DNAが知らず知らずのうちに破壊されているとなれば、話は別問題ということを認識する必要があります。

 この様な現状に対して、警鐘の意味で、この夏に3冊の本を出しました。
 1冊目は、私の原点であるビジネス社の『マインドコントロール』をTO文庫から文庫版で出します。現状が、マインドコントロールを出版したときと、同じ元の木阿弥態勢になってしまったからです。その経緯等を最初の序文で明記しました。日本の現状を改めて認識する上で、必読の書と思っています。
 2冊目は、元韓国の駐在武官を勤めた防衛大の先輩である福山隆氏との対談『[親米派・親中派]の嘘』(ワニプラス)です。
 奇しくも、中央と現場指揮官という立場でオウム事件にかかわった二人が、真の日本の独立を阻むものたちを論究しています。
 そして、三冊目が、『襲い来る超巨大マネーモンスター 目覚めし「ヤマト魂」たちよ、地球「最後の戦い」が待ってるぞ!』(ヒカルランド)です。私のタイトル案は、「かけがえのない青い水の惑星・地球」でしたが、内容がわかりやすいタイトルに変更されました^^
 その「目ざめしヤマト魂たちよ」の一部を抜粋します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(以下抜粋)

序 章
 あなた達地球人は、いつ目覚めるのだろうか。
 あなた達の役割、生きる目的は何なのだろうか?

 アメリカは、ニューメキシコ州北部、ロス・アラモス研究所で第二次世界大戦のさなか原子爆弾を製造、1945年7月16日に同州のアラモゴード近くで人類史上初の爆発テストを行いました。ウラン235を人工的に核分裂させることにより、瞬間的に膨大なエネルギーが放出されます。これを戦争の道具に応用したわけです。
 そして同年8月6日に、ウラン235を使った原爆を広島に、プルトニウムを使った原爆を長崎に使用しました。原爆による死者は、当初広島で約14万人、長崎で約7万4千人と推計されています。死因は50%が高圧、35%が高熱、そして残りの15%が高放射能、つまりγ線・電磁波と分析されています。
 まさに、人類の悲劇はここから本格的に始まりました。
 通常の爆弾ならば、傷ついても一命さえとりとめれば、やがて人間に備わっている素晴らしい自然治癒力で健康回復してきます。人間は、約60兆個の細胞からなる意識集合体ですが、一秒間に約50万個の細胞が刻々と生まれ変わり、つまり新陳代謝していて、栄養状態がよければこの生まれ変わりの時に傷ついた細胞が元の完全な細胞に復活するからです。これは、各細胞内のDNAの働きによるものです。実は、60兆個の細胞のDNAは、皆同じ情報を持っています。ところが何百回、何千回その複製を繰り返しても、目は目、手は手の細胞にしかなりません。それぞれが、身体の60兆分の一の役割をしっかり自覚しているのです。つまり60兆個それぞれの細胞の、「奇跡のハーモニー」でつくられているのが、一人一人の人間なのです。人間が小宇宙にたとえられるのは、こういう意味なのです。
 ところが、原爆による人工放射線は、このハーモニーを壊します。DNAは4つの塩基が二重螺旋構造でつながって情報を蓄積しています。その分子は、微弱な電気的エネルギーで結合されています。単位にして僅か10eV(エレクトロンボルト)。これに対して、原爆や原発で生成される人工放射線物質であるセシウム137は、β崩壊ですからそのβ線である電子の力が66万eV。プルトニム239は、α崩壊ですからα線であるヘリウム核が500万eVもあります。X線でも10万eVです。体内にこれらの放射線が入ると、分子の結合が瞬間に分断されます。低線量の被曝でも、新陳代謝、つまり時間の経過とともに様々な障害がおこることが理解できると思います。

 つまり、宇宙の摂理に反した核分裂は、約300種類の人工核分裂放射線物質を生成し、それらはα線(ヘリウム核)、β線(電子)、γ線(電磁波)を急激に放出しながら安定した自然の物質に還って行くのです。ちなみにセシウム137は半減期30年間、β崩壊して最後にγ線を放出してバリウムに、プルトニムは同じく2万4千年、α崩壊続いてβ崩壊、最後にγ線を放出して鉛になります。自然界のウランが鉛に変わるのは億という単位の年数がかかります。この間に、ラドンなどの温泉を利用していますが、体内被曝はありません。同じ放射性物質でも、天然と人工物との、この根本的な違いをしっかり認識することが大切です。
 原爆、原発の問題は、使用後のこの人工放射性物質、即ち死の灰の問題なのです。特に、地上のα線とβ線をしっかり計測しなければ実態がわからないのです。

 具体的な話をしましょう。
 広島に原爆が落ちたとき、死の灰がキノコ雲として空高く1万7千メートルまで舞い上がりました。やがて南東の風に押されて、北西方向に死の灰を降らせて行きました。
 この地域には黒い雨も降りました。その時、たまたま10才の女の子がその中を通って家路につきました。やがて二十歳になり幸せな結婚、めでたく懐妊しました。しかし、生まれた子供が、なんと一つ目小僧。もちろん死産でした。看護婦さんは、死産だけを伝えて、お母さんにその子供を見せることはできません。そんなことをすれば、お産の過労とともにショック死の可能性すらありますから。つまり、死の灰のα線、もしくはβ線による内部被曝で、遺伝子が傷ついていたのです。
 こうして、戦後何十年にわたり、広島で12万4千人、長崎で7万8千人、あわせて20万2千人の無辜の貴い命が亡くなって行きました。戦争は、軍人同士が行うことで近代人間社会は成り立ってきました。非戦闘員の住民を目標とした原爆を含むあらゆる都市爆撃は、国際法違反を超えて、実施国民が被災国民を動物以下に見下す、彼ら自身の人種優性意識に基づく非人間的活動の象徴といえます。

 人は、何度も何度も役割を持ってこの世に生まれ変わると言います。
 果たして原爆で倒れていった彼らの魂が我々に伝えたいメッセージは何なのでしょうか。

 広島、長崎は、戦勝国米国による陰湿かつ壮大な人体実験だったとも言えます。実は、3番目の実験場として京都さえ計画されていたと言います。ところが、占領政策のプレスコードという言論統制で、原爆に関する報道を一切禁じました。そして、広島と長崎にABCC(原爆傷害調査委員会)を設置しましたが、被爆者のデータだけを集め、一切の治療を行わなかったのです。しかも未だにそのデータは日本には提供していません。
 しかも日本の大学での被曝研究で許したのはレントゲンなどによるγ線の「外部被曝」のみでした。そればかりか、被爆者の定義を「爆心から2km以内、年間100ミリシーベルト・γ線以上の被曝」と設定したのです。これだと、2km以上離れてのα線・β線による被曝、つまり「内部被曝」は「なかったこと」になります。先ほどの異常児の出産も原爆との「因果関係がない」とされてしまいます。
 現在の、3.11フクシマに対する日本政府の対応、被曝の定義、許容被曝線量、そしてフクシマ、いえ現代日本人の悲劇は、ここに雛形があると言えます。いつまでもγ線しか計測しないことに、日本人の誰も不思議に思っていません。ここに、問題の根深さが伺えます。しかも米軍占領は遙か昔、1951年9月のサンフランシスコ平和条約締結をもって終了しているのに、当時の政府関係者、メディアなどの自国民の健康と利益を犠牲にした米国追随精神がこんなところにまではびこって残っているわけです。

 宇宙は、あなた方の小宇宙である身体と同じように、素晴らしい調和でなりたっています。宇宙はフラクタル構造です。つまり、一部の真実は、全体の真実なのです。
 太陽系3番目の惑星地球が緑溢れ生物がいるということは、他の惑星や月にも緑や生物がいるということです。宇宙は、生命に溢れています。いや、宇宙は生命(いのち)そのものなのです。ところが、地球では、この宇宙に関する本当の情報は、米国のNASAが独占し写真等にフィルターをかけるなどして、一切封じて来ました。地球におけるかれら支配者達の寡占体制の維持強化のためです。ところがグーグルが2015年12月31日までに、民間チームでの月探査レースを募集するなかで、水の探査に400万ドルの特別ボーナスを出すなど、真実の一端が垣間見られるようになりました。水があるということは、大気も植物もあるということを教えているわけです。2033年には火星への移住者を応募しています。人の住める環境だと暗に教えているのです。

 あなた方の60兆の細胞が、ひとつひとつ違った役割をもって全体として人としてのあなたを形成しているように、地球はひとつの生命体であるとともに太陽系という大きな生命体のひとつの細胞です。その太陽系もさらに銀河系というさらに大きな生命体のひとつの細胞です。宇宙そのものが、人間の細胞のように、無数の銀河や星からなる調和がとれたひとつの生命体といえます。
 あなた方惑星の生物たちは、太陽からのエネルギーで生きています。太陽の恵みなくして太陽系の一切の生物は生まれ育つことはできません。その太陽も銀河の中心からくるエネルギーで生きています。
 このような完全な調和の中で、あなた方人間が犯した核分裂反応のショックが、どれだけの影響を及ぼすか想像してみて下さい。もちろん、その悪影響をもっとも浴びるのは、因果応報の宇宙摂理に基づき、あなた方人類であることは言うまでもありません。

 1945年の地球上でのこの核分裂という異常事態に、様々なレベルの惑星人、銀河系人が確認のためにやってきました。もちろん、現在あなた方が知っているアポロなどのニュートン力学に基づく、化学的爆発力を利用したロケットではありません。これでは、地球圏からの脱出は不可能です。ニュートン力学そのものが、350年前の単なる仮説に過ぎません。宇宙は電磁力で構成されています。あなた方の最小のDNAの分子が微少な電磁力で結合されているのもこのためです。もちろん光のスピードが1秒間で10万キロメートル、地球を4周半という物理教科書の記述も真実は違います。それは地球上という電磁場の条件下のスピードです。磁場のない宇宙空間では、無限大のスピードになります。また、宇宙は様々なプラズマ等のエネルギーで満たされています。だから我々はこの無限のエネルギーと無限大のスピードの調和を利用して、極めて短時間にこの地球にもやってくることができるのです。
 あなたがたの真の支配者達は、この事実を知っています。知っていて、自分たちだけがこの電磁力を基礎にした科学に基づき、想像を絶する武器や宇宙船=UFOまでつくっているのです。被支配者にはニュートンの法則に基づく教育体系を押しつけて、絶対的に自分たちの脅威にならないように、完璧なるマインドコントロールの支配体制を維持してきたわけです。

 各惑星等には独自の磁場があります。この緊急事態に、取り急ぎやってきたUFOの中には、この地球独自の磁場に対応できず、墜落したものもあります。
 その有名なものが、1947年7月8日のロズウェル事件です。米国ニューメキシコ州のロズウェル陸軍飛行場の近くの農場にUFOが墜落、つぶれたUFOとともに異星人が米軍に回収されました。やがて、気象観測装置だったと偽情報を流しましたが、米国はこのUFOを徹底して分解・分析し、科学力を一気に向上させました。何よりもその飛行原理から、ニュートンの呪縛から目ざめ、電磁力の物理体系を採用したことが、じ後、米国が覇権を握る上で、最大の力になっていったわけです。しかもNASA以上の上級研究所で秘かに研究し、大学レベルでは、他国と同じようにニュートン力学を基礎とする科学大系を学ばせるという、徹底さです。
 ハッキリ言って、ひとえに宇宙人と言っても、様々な人種がいます。各星ごとに特徴があります。書くのもおぞましいのですが、いわゆるレプテリアン(爬虫類型)と言われる、昔から地球にやってきていて人類の鮮血を好むものもいます。かれらは、バンパイアの伝説として人間の社会にもとけこんでいます。かれらの欲望と地球を裏から操る寡占支配体制の我欲が一致して、連携したことがあります。いわゆる現代の金融支配体制が地球の権力を握る中で、かれらレプテリアンの地球科学を超えた科学の支援があったわけです。しかし、そのレプテリアン達は、我々銀河連合が地球から追い出しました。
 もうかれらの力に怯えることはありません。それだけは、安心して下さい。あなたがた地球人の進路は、あなたがた自身の手の中にあります。
 まず、そのことを知らせたくて、このような本の形にしたわけです。

 あなたがたの中で、宇宙の摂理にあった素晴らしい進化を歩んでいた民族が多くいます。その一つがアメリカン・ネイティブインディアンのホピ族です。残念ながら、現代アメリカ人の米大陸入植以降、土地も言葉も、政治的自由も奪われてしまいました。
 ちなみにかれらネイティブアメリカンが、自由主義を標榜する米国で選挙権を確保できたのは、デニー・バンクスという傑出した指導者が大陸横断デモや州兵との最後の銃撃戦を行ってメディアの注目を集めた1973年以降のことです。黒人の選挙権獲得は、1964年です。アメリカの自由主義というものが、かれら支配者たち収奪者だけの自由な行動を示す、選民思想に過ぎない端的なエピソードです。

 そのホピ族の教えの中に、二つの道の教えがあります。
 三叉路で問いかけます。あなたが今から歩む道は

  ・滅びの道?
   それとも
  ・永久(とわ)の道?

 ハッキリ言って、今のままでは、あなた方地球人は滅びの道を歩んでいます。
 でも、まだ引き返して永久の道を歩むことも可能です。しかし、そのタイムリミットが段々近づいています。


(抜粋終わり)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 この地上において、自然との一体感を体現しながら高度の文明を発達させているのは、列島の日本しかありません。その日本文明が、エゴの金融支配体制下に完全に陥ったとき、いよいよガイアにおけるこの文明の終焉を迎えるときかも知れません。
 逆に、自然との共生の高度文明で地球が覆われたときに、人類の新たなる進化の段階を迎えるのかも知れません。
 この最終場面を迎え、あなたは、どちらの道を歩むのでしょうか。今、日本人に問われているのは、その究極の生き様ではないでしょうか。

 ところで、千年以上続く企業が7社もある日本には、自然と文明と融合する新たな社会の基盤となる素晴らしい新技術がどんどん生まれています。世界金融支配体制側にとっては、彼らの金儲けの邪魔となりますから様々な妨害もありますが、間違いなく新時代の燭光です。
 例えば、体内に入れられた化学物質や放射能を副作用無しで排除する由井寅子先生が開発した「3次元」ホメオパシー。間違ってワクチン接種した場合も、悪化する放射能環境下でも、それらを体外排除する道がここにあります。
 (参考:ホメオパシー統合医療専門校 http://www.homoeopathy.ac/index.php

 また、高嶋康豪博士の開発した全ての微生物の力を結集する「複合発酵」。放射能の浄化はもちろんのこと、この複合発酵を活用した柳田ファームの「あ・うん」浄化装置を各戸につけることにより、江戸時代の「トイレの完全リサイクル」が再現できます。つまり、各家庭に最適の無農薬・無肥料の美味しい栄養価ある野菜が採れます。
 (参考:あ・うんユニット http://www.aun-unit.com/

 そして、今回博多講演で体験することができた、Anny Group(アニーグループ)の二枝たかはる社長が30年に及ぶ石(鉱石)の研究成果を結実させた「光冷暖システム」。ラジエータの表面と壁・天井に同じ石のパウダーである聖石セラミックスを塗ることにより、共鳴反応が起こり、そこに人が入ると遠赤外線作用で、夏は熱を奪い、冬は熱を与えます。つまり、無風で1年間を通じて、体感温度24度の春の快適さとなります。風が起こらないと言うとは、埃もたちません。しかも共鳴作用でラジエータの設置してないトイレなどの部屋も同じ24度の快適さ。さらに光熱費が激減。まさに、エコ・健康の本物の居住空間が実現できます。
(参考 風のふかない冷暖房 http://cowtv2.jp/c3/hikari_reidan_tv/?id=7

 是非、日本の木で作った家に「あ・うん」浄化装置と、「光冷暖システム」で、快適な未来型食・住を作って欲しいと思います。そしてデトックスとしてのホメオパシー。

 こういう未来型新技術は、これからどんどん日本から輩出します。
 そして、このような下からの本物情報の拡散によって、日本が変わり、世界が変わるのです。

 日本の下からの本物情報革命。
 これしか、現代文明を救う道はありません。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆池田整治 公式HP: http://ikedaseiji.info/
東藝術倶楽部顧問
◆美し国 副代表 http://umashikuni.co.jp/index.html
◆池田整治監修の防災セットはこちら http://ikedaseiji.info/bousaiset/
『[親米派・親中派]の嘘』(ワニブックス)
『ヤマトごころ、復活!』(新日本文芸協会)
『今、「国を守る」ということ 日米安保条約のマインドコントロールから脱却せよ』(PHP)
『ついに来たプラズマ・アセンションの時』(ヒカルランド)
『脱・洗脳支配』(徳間書店)
『マインドコントロールX 国防の真実』(ビジネス社)
超マインドコントロール2 日本人だけが知らない! 日本と日本人の凄さ!
『超マインドコントロール』(マガジンハウス刊・アマゾン総合第2位を記録)
『原発と陰謀』(講談社)
『マインドコントロール』(ビジネス社)
『マインドコントロール2 〜今そこにある情報汚染〜』(ビジネス社)
『転生会議』(ビジネス社)
『心の旅路』(新風舎)(新日本文芸社:改訂版)
『なかったことには出来ない話』(新日本文芸協会)
◆写真集『今を生きて〜ガイアからのメッセージ』(新日本文芸協会)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

バックナンバー
14/02

目覚めし、ヤマト魂たちよ!(最終回)

14/01

二極化が加速する2014年

13/12

7世代後の子供たちのために……

13/11

ガイアの夜明け……原発からのパラダイムシフト

13/10

大峠の彼方に……雛形としての日本

13/09

幸せの原点

13/08

終わりの始まり……日本人の意識革命はいつ?

13/07

時代認識再考……明治維新の真相

13/06

滅びから永久(とわ)の道へ

13/05

目ざめよ日本人……戦後レジームとしての在日米軍再考

13/04

TPPの狙いを知れば…

13/03

不思議の国・日本…目ざめよ!日本人…

13/02

ゴッホの愛した日本…日本のミッションはどこに?

13/01

さあ、宇宙の流れに乗ろう!

12/12

永久の道を目指して

12/11

偽りの危機と本当の危機

12/10

いま、そこにある危機

12/09

奇跡を信じて・・・目指せ、第2のヤパンインプレッション

12/08

熱き夏の思い

12/07

紫陽花革命・・・私たちは諦めない

12/06

ガイアのつぶやき・・・その2

12/05

北朝鮮ミサイル発射によせて

12/04

ガイアのつぶやき…その1

12/03

多生の縁…美は世界を救う

12/02

江戸蘇り富士紀行…明治維新再考

12/01

2012年、大転換へ

11/12

3.11フクシマを日本の夜明けに

11/11

縄文からのメッセージ

11/10

新ヤマト社会の実現を目指して

11/09

背番号14番…白球からの多生の縁(番外編)

11/09

次なる災害に備えよ!…3.11をターニング・ポイントにしうるか?

11/08

アセンション最終章…一人からはじまる霊性ルネッサンス

11/07

下からの意識革命…蘇れ日本、ヤマトごころ

11/06

唐松観音寺にて

11/05

現在進行形マインドコントロール「福島」から学ぶ …本当のことを知れば、生き方が変わる

11/04

日本は蘇る! …世界を救うヤマトごころ

11/03

災い転じて福となす…

11/03

ヤマトごころの戦い方 …西欧と武士道の戦いの違いは?

11/02

磨かれた一足の靴

11/01

最終章開幕!

Profile:池田 整治(いけだ せいじ)

1955年、愛媛県生まれ。元・陸上自衛隊小平学校 人事教育部長で陸将補(2010年12月に退官)。防衛大学校国際関係論卒業。空手道8段、全日本実業団空手道連盟理事長。90年代半ばの第一次北朝鮮危機における警察との勉強会、それに続くオウム真理教が山梨県上九一色村に作ったサティアンへの強制捜査に自衛官として唯一人同行支援した体験等から、世の中の「本当の情勢」を独自に研究。2009年12月の自衛官在任中に著書『マインドコントロール』(ビジネス社)を出版。北海道での単身赴任時代、太古から残る大自然に感動し、4人の子どもたちへ、万が一の場合、父の想いを残し伝えるためのエッセイ『心のビタミン』(メルマガ)を始める。エッセイや写真は江戸の日本人が感じた『自然との一体感』をテーマにしたものが多い。著書に『心の旅路』(新風舎/改訂版:新日本文芸協会:2011年1月発売)もある。月刊『ザ・フナイ』(船井メディア発行)にもたびたび登場。2011年1月に新著書『転生会議』(ビジネス社)が発売。
[親米派・親中派]の嘘2011年3月に『マインドコントロール2 〜今そこにある情報汚染〜』(ビジネス社)を発売。2011年9月に『超マインドコントロール』(マガジンハウス)と『原発と陰謀』(講談社)、2012年5月に『脱・洗脳支配』(徳間書店)を発売。2012年8月に『ついに来たプラズマ・アセンションの時』(ヒカルランド)、写真集『今を生きて〜ガイアからのメッセージ』(新日本文芸協会)を、2012年11月に『今、「国を守る」ということ 日米安保条約のマインドコントロールから脱却せよ』(PHP)を、2013年7月に『[親米派・親中派]の嘘』(ワニブックス)を発売。大好評発売中。
★池田整治 公式HP: http://ikedaseiji.info/
★メルマガ:心のビタミン(エッセー):公式HP http://ikedaseiji.info/ から登録
★最新アルバム:http://cid-aba6ea878c935265.skydrive.live.com/albums.aspx
★顧問を務める 東藝術倶楽部HP:http://www.azuma-geijutsu.com/

プレ・ホリスティックレッスン メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター