船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
イキトシイケルモノ・・・
2011.6.30(Thu)
社名:(株)船井メディア 総務・経理担当
名前:山内 志麻

 お暑うございます〜!梅雨明け前ですが、昨日今日と、東京は正真正銘の夏日デス。
 そしてそして、ご無沙汰している内に、今年も半ばを過ぎようとしています。
 短い様な、長い様な・・・今だかつて無い程、濃厚であり希薄でもあったこの数ヶ月、皆様は如何お過ごしでしたでしょうか?

 ちょっと前の事です。こんまりちゃんの『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版)を読んで背中を押され、タンスのこやしを少しは減らそうと、衣替えを兼ねて今や納戸と化した幽霊部屋に足を踏み入れ、小一時間程奮闘し部屋を出ようとしたところ、どこからともなく視線を感じ『んっ!?』振り返ったのですが・・・あるモノと目が合ってしまったのデス。

 そう・・・ちっちゃなすがる様な眼差し、それは粘着シートに貼り付いてしまった“こねずみ”だったのですヨ!!!ガーン!!!

 その粘着シートは今年に入ってすぐ、ねずみを見掛けた母が仕掛けたモノで、ナゼカいつも私がひっかかり、その都度悪戦苦闘していたシロモノなのですが、まさかリアルにねずみがくっついてしまうとは・・・。普段その部屋は締め切りなので、先ほど私が入った時に後を付いてきたのでしょうか。って事は付きたてのホヤホヤ・・・。

 『タスケル!!今ナラマダ間ニ合ウ!』

 どうしてか分かりませんが、そうスイッチが入ってしまったのデス。

 ご存知かどうか分かりませんが、この粘着シートのネバネバは、とんでもない曲者なのですヨ。
 ついたら最後、そんじょそこらの事では解消しないのです、ネバネバがっ!

 まず、ネットで情報を検索しようとしたのですが、運の悪い事にパソコンを修理に出していて調べられず、すぐさま義理の姉に連絡し、代わりにネットで調べて欲しい旨を電話でサクっと伝え、更に最近中学生になったばかりの姪にもメールで指令を出し、ワタクシは割り箸でそのこねずみを、取り急ぎ粘着シートから離そうとしたのですが、『ヂユ〜!!』叫ぶコネズ。『あ゙〜!!』叫ぶワタシ。

 そこから、ワタシとコネズの泥沼が始まったのです・・・。

 そう、ネバネバはうかつに引っ張ると毛どころか皮も剥がれる程の粘着力なのですヨ。  『なんて恐ろしい・・・』そう思いながら、割り箸を使って人肌のお湯で丁寧にくっついていた半身をシート本体から接がし、その間もコネズはキーとかギーとか嫌がって叫び・・・。
 「ごめんね〜体に付いたネバネバを取ってあげるからね・・・」そう話しかけながら、割り箸を使って、半身に残っている粘着剤を取ってあげようとしたのですが、取れないのデス!そして、ネバネバが残っているともう片方の足にくっついて歩けない上、触れるもの全部にくっついてしまうのデス!

 まさに『ネバネバ地獄絵巻』

 あっと言う間に1時間が過ぎ、買い物に出かけていた母が帰ってきてしまい『見つかったら叱られる!』と、お風呂場に場所を移し、更に奮闘すること1時間。ベビーシャンプーを使って不要になった歯ブラシで体を洗って、ガムシロップ、お酢ETC・・・。キッチンにある生体にも安全なもので試したのですが、いまひとつ効果が無いのデス。ベンジンとかでは有害だし、アルコールは体温が下がるし・・・。

 『いっそ、獣医さんに連れていこうか・・・』本気で思ったのですが、『ダメだ!さすがに変人と思われちゃう・・・ワタシはいいけど母がかわいそう!』とか、あれこれ想いめぐらしながらタオルで拭いてあげていると、先ほど指令メールを出した姪から電話が入ったのです。

 『おねえちゃん。智恵袋とかで質問しても、なかなか返事がなくて・・・そもそも粘着シートってねずみを捕獲するのが目的だから・・・』と遠慮がちに話すその腰を折る様に、『わかってるよ!だってかわいそうじゃない!痛いのよコレきっと!あ〜しっぽから血が出た〜きゃ〜早くっ!』

 ならばと、子猫が引っ掛った事にしてレスキュー法を待ってみる事に。ものの2分で解答が入り、
『小麦粉をまぶして人肌のオイルで洗って毛先はカット』と姪から指南され、試す事それから1時間余・・・なんとか粘つきはおさまってきたものの、気が付くとコネズはぐったりしているではありませんか・・・。そりゃそうですよね。ネバネバで痛い上お風呂やら調味料やらふりかけられいじられまくって、勿論ワタシも飽和状態・・・目が合ってからゆうに5時間が過ぎておりました。『こんな事なら、そのままにしておいた方が良かったのかも、ごめんねコネズ・・・。』

 ティッシュの空き箱にふかふかにティッシュを詰め、プチトマトを枕にぐったりして体を丸くするコネズを箱ごと外の植木の影に置いて、私も就寝する事に。すると数時間前に電話で連絡した義姉からメールが、

 『パソコンの素材によっては、粘着剤をきれいに取るのは難しいけど、マウスのネバネバはアルコール除菌シートで拭くと案外取れるそうよ。』

 『・・・ん?!』そうです、パニクっていたワタクシは主語も述語もバラバラで、いわんとする事が全く言えて無かったのです。しかしながら、解答はドストライク!何だかな〜・・・。 それにしても、こんな小さな生き物すら救えないとは・・・わが身の無力さにさいなまされる珍事件でした。

 その後、義姉、姪からなぐさめられたものの、コネズ、せめて埋葬をと思って、翌日例のティッシュの箱をおそるおそる覗くと、プチトマトが残されているのみ。『・・・???』周りを探しても見当たらず。

 カラスに化けた大天使ミカエルが連れていったのでしょうか・・・それとも? 元気になった? まさか?
 いずれにしても、亡骸を見ればワタシもサガる事は間違いないですから、唯一の救いではありましたが。

 え?! ゴ×××ホイホイに付いたゴキも除菌シートでたすけられるかって?! 大丈夫ですよ放っておいたって!何故なら、彼らは放射能にもメゲない生きものなのですから〜!

 ははは・・・。皆様!猛暑・節電!くれぐれもベクトルの方向を間違えずにエネルギーは使いましょね〜♪ (^0^)/ ~SEE YOU♪


2周目:「デトル? デトラナイ?」

バックナンバー
バックナンバー
2019年
2019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.07 ・2011.06 ・2011.052011.042011.032011.022011.01

成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター