船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
にんげんクラブ全国大会を終えて
2011.9.13(Tue)
社名:(株)船井メディア セミナー事業部
名前:清本 恵理

 皆さま、こんにちは。
 いつもありがとうございます。
 今年の『にんげんクラブ全国大会』も無事に終了致しました。
 ご参加頂きました皆さま、出展ブースの皆さま、本当にありがとうございました。
 二日目、11日(日曜日)の最終講演では、船井幸雄が無事登壇することができ、感激致しました。
 ご参加頂いた皆さまも同じ感想をお持ちだったのではないでしょうか。
 私は(株)船井メディアブース内、「荒井塾」の担当を致しました
(毎週土曜日開催しております「荒井塾」の担当をしております)。
 その出展ブースの周りでも、船井幸雄登場とともに、モニターの周りに自然にたくさんの人々が集まり始め、空気が一変致しました。

 作業をしていた皆さんも手を止めてモニターに釘付けでした。
 社員の立場からいたしましても「安心と感激」でいっぱいでした。
 静寂のなかにも、ピンと張りつめた、しかしながら優しい空気が漂っていました。
 船井の講演が修了した後、一斉に拍手喝采になり、嬉しく、一緒に講演を聞いて下さった皆様に感謝したい気持ちになりました。
 最後までお聞きいただいた方の中には、お帰りのお時間も心配で大変だったのではないでしょうか。大丈夫だったでしょうか・・・。
 今回の大会でも、たくさんのお客様とお話させて頂きましてありがとうございました。
 私の担当しております「荒井塾」にもご興味をもって頂いているお客様が多くいらっしゃることに感激しております。

 前回の私の社員コラムで3年前の大病の経験のお話を載せさせて頂きました。
 「にんげんクラブ全国大会」のような大きいイベントの業務の時に感じることは、「前日準備から三日間、大変!」という気持ちと、「元気になって、こうやってたくさんのお客様とお話出来て、グループ各社のみんなと一丸となって動けるようになって本当によかった!!」と二つの感想が頭に浮かびます。
 後者の方が強いかもしれません。3年前に参加出来なかった時の事は今でもはっきり覚えています。寂しくて悔しかった事・・・
 神様に頂いた命(おおげさかもしれませんが)、感謝しながら周りの皆さんと仲良く元気に過ごさなければいけない!と感じるこの三日間でもありました。

 9/10・11にご参加頂いた皆さま、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
 これからも船井幸雄グループを末長く宜しくお願い申し上げます。


5周目:「自分にとっての『応援歌』」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.10 ・2011.09 ・2011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター