船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
大事なことを忘れずに
2011.10.21(Fri)
社名:(株)本物研究所
名前:松本 ゆか

こんにちは

株式会社本物研究所の松本です。


忙しくしていると
本当に大事なことに気付かなくなることがあります。


実は最近、はっと気付かされ
心に飛び込んできた出来事がありました。


なんと、先日、世田谷にある直営店
小学校時代の恩師が遊びに来て下さいました。

定年退職されて10年近く

やさしくて、厳しくて、面白くて、あたたかい
愛情いっぱいの先生でした。

先生は卒業してからも、
ずっと変わらず私達を見守って下さっています。

メールのやり取りはしていても
時間がなくてお会いしたくてもなかなか会えない

そんなわたしのところに先生は遠くから来て下さったのです。


小学校時代

私達は先生のことを、イマジーと呼んでいました。


熱血先生イマジーに教えてもらったこと

縄跳び、一輪車
早めの準備
人を大切にすること・・・

一緒に食べたお弁当

だっこやおんぶもみんな順番待ちでした。


何度も思いだす 大切な思い出です。


先生からもらったたくさんの愛情を
私もリレーしていきたいと思っています。


目まぐるしく過ぎていく毎日の中で
前ばかり向いて歩いているけれど

そんな私を支えてくれる
大きな家族の愛情に甘えてばかり。


立ち止まって、振り返る時間も必要だと
あらためておもいました。


家族、皆への感謝の気持ちを忘れずに、
毎日の仕事や子育てをしていきたいと思います。


3周目:「ワーキングマザーの安心感」
4周目:「映画「うまれる」を上映します」
5周目:「元気の秘訣」
6周目:「今こそ、可能性の窓をひらく時」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.11 ・2011.10 ・2011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター