船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
〜素頭をどう鍛えるかで人生が変わる〜
2013.11.29(Fri)
社名:(株)本物研究所 事業統括グループ グループマネージャ
名前:坂本 眞一

 皆さんこんにちは!
 朝晩が冷え込み、冬将軍真近ですが、体調は壊されていませんでしょうか?
 季節の変わり目は、体調を壊しやすいので、免疫力UPで冬を乗り切りましょう!
 先日、株式会社船井総合研究所元会長の小山政彦氏の勉強会に参加して、心に残った言葉を述べたいと思います。

素頭をどう鍛えるかで人生が変わる。

 礼儀なしで日本文化を語れることができるのでしょうか?
 200〜400年前の江戸時代の礼儀が本物だと日本人は思っています。
 自分がへりくだるのではなく、相手を気持ち良くさせるのが本来のマナーである。
 礼儀も時代と共に変わるのではないか?
 売上や業績もそれに応じて変化してくる。
 自分の両親は教養はないが、東京下町で育ち、そばの食べ方など”粋”というものを命懸けで教えてくれた。
 人の能力の使い道には、地頭と素頭の2種類がある。
 素頭の良さは即断即効力とも言える。
 地頭で知識を吸収して、記憶力が良くても儲かるわけではない。知識量と商売勘は違う。
 素頭をどう鍛えるかで人生が変わる。
 相手がどのような温度かを感じる、相手がつまらなそうだったら空気を変える。

 人を楽しませる、あいづちの打ち方等など。
 相手の仕種で相手の気持ちを読む練習が役に立つ。
 若い頃、銀座のクラブに行った際、船井幸雄はいい女を口説かずに、口説かれたい女を見抜いていたそうです。
 それがわかる仕草を教えてくれたと言います。口説けない男は仕事ができないと言える。それだけ相手の仕草に注意を凝らし、心が読めないとお客様のニーズやウォンツは直感的にキャッチできない。今後も消費は、女性の心の動向が鍵である。

 また、小山氏はビートたけしの事例を言われました。
 「楽しいということは自分の願望を実現することだ。」
 今、稼げたとしても、やはり振り返れば先義後利だった。
 ビートたけしは長期戦略を持っていた。
 今の平社員の人を大事にすること(AD:アシスタントディレクター)を大切にしていた。
 結局ADが出世した時に、昔大切にされていたことを覚えているもの。
 そのように相手の尊厳を認められるか。
 仕事人としては、一流か日本一になり、儲けるためには人を使うリーダーシップがないとだめ。
 そして、時流の読み方の参考として最近は「ヤスの備忘録」も参考にしているそうです。
 詳細は下記のHPをクリックしてください。
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/


3周目:「我以外皆我師」
4周目:「中村天風氏教義・心身統一法」
5周目:「心身統一法実践編」
6周目:「中村天風式のヨーガとは…」
7周目:「私の好きなパワースポット」
8周目:「イルミネーションを見ながら感じること」
9周目:「偽証罪も動かぬ証拠が・・・」
10周目:「佐々木了雲先生に学ぶ」
11周目:「金融のプロから学ぶこと」
12周目:「一流になるためのコツとは・・・」
13周目:「「運命を拓く」を読んで <人間の心の在り方が人生を支配する>」
14周目:「マヤ暦とマヤ文明について」
15周目:「日本のTPP参加にてアメリカの圧力を感じること」
16周目:「砂糖が持つ依存症とは・・・」
17周目:「〜哲人・中村天風氏の人生観〜人はどう生きたらいいの?」
18周目:「河村武明さんから学ぶこと」
19周目:「バクテリアで身体をいつまでもハツラツと!」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.12 ・2013.11 ・2013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター