船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
貨幣について
2014.4.8(Tue)
社名:(株)船井本社/(株)にんげんクラブ
名前:家田 邦夫

 皆様こんにちは。にんげんクラブで事務局を担当しております家田です。
 今年は雪の日が多く寒かったせいか、桜の開花宣言が昨年より遅くなりました。でも4月を迎えると花開きだしてあっという間に満開となりました。去年は3月末には満開となり、今時分は既に葉桜でした。
 桜を見ると日本人で良かったと毎年感じられます。

 さて、先日読んだ文章のなかで気づいたことをお伝えしたいと思います。
 その内容は貨幣の本質の転換についての記事でした。
 本来、貨幣は金や銀などの信頼出来る物質で作られていました。その後、貨幣は金や銀から銀行券へと変わりました。しかし、この銀行券は金への兌換(だかん)が保証されたもので、金への交換証書だったのです。
 ところが、1971年のアメリカ、ニクソン大統領によるドルと金との交換停止宣言により、紙幣は金などの信頼できる物質との関連がなくなりました。
 このニクソン宣言以前は貨幣(紙幣)は物(金)と同じでした。この宣言以降は何の実物資産の保証も持っていないただの印刷された紙でしかなくなったのです。貨幣価値の裏付けは各国の保証だけなのです。
 そのため、その国の国力(経済も軍事力も含めて)が貨幣価値を決めることに変わりました。
 現在は、通信技術等の発展により、貨幣(紙幣)での取引よりは、小切手や銀行振替などの銀行預金を使っての決済取引が主流となってゆきました。こうなると貨幣は紙幣という紙から情報(数字)に実は変換されていると云うのです。
 なかなか、貨幣は情報(数字)の保証であると云う事を一般の人は認識できなかったのですが、2009年に現れたビットコインにより、貨幣は情報(数字)であることをお金持ちが示したそうです。
 ビットコインという国の保証も無い情報(数字)が世界中で使用可能になっており、猜疑心の強い人達(本当のお金持ち)はその貨幣の本質の転換を知っていたからこそ、昨年3月のキプロスの危機での銀行預金からビットコインへの移動、また昨年11月に中国で起きたビットコイン買いが起きたそうです。
 これからは情報(数字)を制することが、貨幣決済をするためには必須になってゆくそうです。
 しかし、情報の真贋を見極めるためには、いろいろなことを勉強することが必要なのだと知ったときに、故舩井幸雄の教えである“プラス発想・勉強好き・素直”が心の中に浮かびました。
 現代の貨幣についての本質の転換を看破したからこそ、その指針をこの3つの言葉で示していたのではと思えてならなかったからです。
 これからは勉強好きの人と呼ばれるようになろうと誓いました。
 ここまで、お読み戴きましてありがとうございました。

 心が浮き立つ春に、にんげんクラブでは2つの新しい活動が始まります。
 ひとつめは、神奈川支部が5月10日 神奈川・大磯で企画、開催する“大人の学園祭” Waku Wakuにんげんクラブ祭です。
 このイベントは神奈川支部会員の方々がファミレス寄合に集まり、代表の勝俣さんと一緒に考え、何度も話合って生まれた新しい、そして神奈川支部にとって初めてのイベントです。
 コンセプトは神奈川支部の用務員を自称する勝俣さんの、“学生時代に戻って、手作りの学園祭を大人がやってみよう”です。会員さん自身が自分のできるお店を出したり、発表したい事をステージで演ずる、そして運営も会員さんだけが行うというにんげんクラブにとっても新しい形の場です。
 まだ、出展者も発表する人の枠も残っているそうですから興味のある方はホームページからお申込み下さい。

 ふたつめは、にんげんクラブ会報誌の編集をしているこだまゆうこが自身初めての
講演会(http://www.ningenclub.jp/blog01/archives/2014/03/420.html)が4月20日に熱海で開催されます。
 テーマは 〜全人類アセンション完了を目指して〜 になるそうです。
 でも、舩井幸雄会長の最も近くに居たこだまゆうこですから、故舩井幸雄会長の実像を語ることが多くなるのではと思ってます。 御興味のある方はホームページからお申込み下さい。

 これからも皆さんがWakuWakuするイベントをにんげんクラブでは企画、開催、お知らせしたいと思ってます。
 よろしくお願いします。


14周目:「アウトプットが肝心」
15周目:「あれから二年」
16周目:「最近思った事 〜あれこれ〜」
17周目:「四つの幸せ」
18周目:「深まる宇宙の謎」
19周目:「やりたい事とやれる事」
20周目:「人の言葉に耳を傾ける」
21周目:「行動を起こす事とは」

バックナンバー
バックナンバー
2020年
2020.112020.102020.092020.082020.072020.062020.052020.042020.032020.022020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.05 ・2014.04 ・2014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

ほんものワイン原産地ジョージア 塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com