船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
日本の新年と中国の新年
2017.1.16(Mon)
社名:(株)本物研究所
名前:魏 威

 本物研究所の海外事業部担当の魏と申します。
 舩井幸雄.comをご覧の皆さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 昨年の12月25日から1月4日までお休みをいただいて、中国へ帰郷してきました。 初詣に行っていないまま2017年に入りましたので、今年の運がどうなるかなと少し気になりますね。今月の27日は中国の春節になります。本日は、日本の新年や中国の春節について、皆さんに紹介させていただきたいと思います。

 1月1日は日本の新年で、元旦とも呼ばれています。日本では「年」という神様は幸運、幸福とともに正月に各家庭に降臨されるとか。また、日本の友たちから、新年に神様を迎えるため、以下の習俗があるとききました。

1.大掃除
2.門松
3.しめ飾り
4.鏡餅
5.年越しそば
6.初詣

 中国の春節にも物語があります。古代の夏朝の時、「夕」という妖がいます。「夕」は毎年の12月29日に深山から村に出没して人を食います。そして、その村の人達は夜を徹して力を合わせて「夕」を殺しました。そのことかた、毎年の12月29日は「除夕」(「夕」を除く)と言います。そして、毎年12月29日には、家族が集まって、夜を徹して新年を迎える習慣になりました。

 中国の春節と日本の新年といくつかの違いがあります。
 中国では春節になると、みんな家のドアを開けて、爆竹に火をつけて放ち、パンパンという爆竹の音で古いものを除いて新年を歓迎します。日本は爆竹をせず、静かに新年を祝っていると思います。
 中国の春節は地域によって、水餃子や麺を食べる習俗があります。いくつかの餃子の中に小銭などを入れて、それを食べた人は新年に幸運があるといいます。それから中国の春節と日本の元旦の期日も、中国の春節は旧暦の1月1日で、日本の元旦は西暦の1月1日と違います。
 中国では春節の時に「春聯」(祝福を書いてある赤い神)を貼る習慣があります。来年の祝福を表現する。家の中に 「福」という字を貼って、「福を招く」と示して、新年に幸福がくるように願います。
 私は個人的に中国の春節が好きで、賑やかで楽しいです。もしご機会がありましたら、ぜひ一度試していただけたと幸いです。


★☆★舩井幸雄が愛した“ほんもの”商品販売中!★☆★

舩井フォーラム2016講師・声優の富士川碧砂さんも大絶賛!!
もの忘れが減った!滑舌が良くなった!深い眠りにつけるようになった…

男性も女性も、幸せに年齢を重ねたいあなたへ贈るK・リゾレシチン含有食品
『Next K(ネクスト ケイ)』はこちらから!

http://www.honmono-ken.com/recommend/7245/
(富士川碧砂さんの体験動画あり!)



37周目:「故きを温ねて」
38周目:「本物は世界に広めるべき」
39周目:「『人生を変える300の言葉 不安な時代を前向き肯定的に生きるヒント』を読んで」
40周目:「「ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる」について」
41周目:「実は秋の恋人」
42周目:「私の夢」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.02 ・2017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター