船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
あまりテレビにでみかけなくなった人達
2013.9.30(Mon)
社名:(株)本物研究所 第二営業グループ
名前:山崎 貴司

 最近、そういえばあの人テレビにでないなと思う方多くないでしょうか? 私もよくテレビを見ていて思うのが、最近でみかけないなと思っていると、舞台に転向したり映画の撮影とか色々ありますが、最近は少し違うようです。
 何人かピックアップしてみたいと思います。やはり発言が国の批判だったり、批判といっても、まともなことをいっているだけに聞こえたりもしますが、そこはさておき、いくつか事例をご紹介したいと思います。他にも、物事をまともに追及してしまったためにテレビに出られなくなったり、仕事が減る人も多々いるようです。その事例をいくつか紹介したいと思います。

藤原紀香編
「なんと恐ろしい秘密保全法案…いま一人一人が自分の声をあげないと」

http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/secret/about.html

 藤原紀香さんのブログ内にもありますが、「弁護士の団体も警鐘を鳴らしています」
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/himitsu_hozen_qa.pdf

 また私も以前から取り上げている冤罪ですが、こちらも秘密保全法を適用されると、冤罪がさらに多発する恐れがあるでしょう。
<冤罪JAPAN>


 秘密保全法に関しては、山本太郎氏も記載しております。
http://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-11610647714.html
 「何としてもTPPと秘密保全法止めなきゃ、僕たちに未来はない。
 すべては繋がっている。大企業の限りない利益の追求の為に、事故も被曝も、汚染もなかった事にされ、秘密保全法によって都合の悪い情報は隠し、TPPで脱原発はより難しくなり、国内法を変え、労働環境はより厳しくなり、ほとんどの人々の生活は破壊され切り捨てられる。」

 次にあげたいのは、エジプト問題での発言
エジプト人タレント・フィフィさん
http://rocketnews24.com/2013/08/17/360250/
 ネットでは人気のようです。
http://www.matomater.com/7096/
 ただし彼女の場合、あまりに“毒舌”が過ぎるのか、テレビメディアからは敬遠されているようだ。フォロワーからの<頑張ってテレビ出て下さい>という励ましのツイートには、<だからね、頑張るとテレビに出られないの。だからここで頑張るの。本当に大事なことはテレビで発言させないの。下ネタや、下品な笑いはOKでも、国の未来の為に政治的な発言をするのはタブーなのよ。言論の自由なんて、この国では幻想なのよ>と返している。

 取り上げた事例はほんの一部です。探せばありすぎて記載できなくなり、この辺でやめておかないと、URLを羅列するだけで終わってしまいます。やはりテレビ離れが進んでいるのも、規制が多くあり、その枠の中で番組をつくらないといけないので、やはり面白さがなくなってくるのだと思います。今はニュース番組でも、徹底的に追及する骨太な番組はどんどんなくなってきているように思います。こうなると、ネットに情報が集まるようになるのですが、今度はネットでも動画削除や、ブログ削除などもあります。私の知り合いも多数経験しております。

 こうなると、テレビだけでなくネットでも色々ありそうですが、ネットでは、削除されたりしても、また別のところでアップしますので、ネット住民と呼ばれる人々はその辺は、徹底しております。テレビで見なくなった人達を追いかけてみると色々原因が分かることもあり面白いです。あとは、「不正選挙」というワードもタブーらしいです。この辺も調べてみると新聞記事から、裁判を起こす人達などたくさんでてきます。証拠を動画に抑えている人達など多数いて凄いことになっております。大衆運動のようになっています。

 世の中は陰と陽で成り立った世界なので、表と裏を双方を知り、バランスを取って生きていくのが自然だと思います。一方だけを強調した報道や規制では、面白みもなく人々が離れていくのは必然のように思います。とにかく、これ以上おかしな方向に進まないようになってくれればと思います。


【本物研究所よりのお知らせ】
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■  【LCC1dayセミナーのお知らせ】
『すべての答えは自分にあった』(船井幸雄著・徳間書店)
船井会長の68歳の時の書籍の題名です。
ライフカラーカウンセリングでも、同じことを講座の中で伝えています。
すべての答えは自分にある。
仮にこのことが本当なら、あと必要なことはその答へのアクセス方法です。
LCC1dayセミナーでは、セミナースタイルをとっています。
講座を通じて、他人を通じて自分の心を見つめることができます。
どうぞ、一人でも多くの方のご参加お待ちしております。
【東京会場】
会場:(株)本物研究所 品川オフィス
(東京都港区港南2-13-34NSS-Uビル10F 「品川」駅より徒歩8分)
アクセス: http://www.honmono-ken.com/wp-content/themes/honmono/pdf/map_shinagawa.pdf
開催日時:2013年10月11日(金) 13:00〜16:00
参加費:¥3,000(税込)
★お申し込みはこちらから → http://lcchonmono.com/pg67.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


3周目:「不正選挙を阻止しよう」
4周目:「小出裕章氏 の言葉」
5周目:「女性の活躍」
6周目:「放射能問題について」
7周目:「現在のマイブーム 京都大学」
8周目:「地方(地域)の自立」
9周目:「古館一郎氏の決意」
10周目:「郵政法案の中身は」
10周目:「ベンジャミンフルフォード氏」
11周目:「8月4日(土)にんげんクラブ関東大会」
12周目:「研究熱心な動物病院」
13周目:「冤罪JAPAN」
14周目:「佐藤式メソッドを受けて」
15周目:「浅川嘉冨氏講演会レポート」
16周目:「これから話題になる映画?」
17周目:「映画フードインクを見て」
18周目:「最近良かったと思うアーティスト」

バックナンバー
バックナンバー
2019年
2019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.10 ・2013.09 ・2013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

マスメディアには載らない情報 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター