船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
自分の再発見
2013.9.12(Thu)
社名:(株)にんげんクラブ
名前:星 祐作

 『船井幸雄.com』をご覧の皆様こんにちは。私は、(株)本物研究所でライフカラーカウンセラー認定協会というプロジェクトの事務局長およびトレーナーをやっています。ライフカラーカウンセラーの普及活動やカウンセラー・トレーナーの育成を主な仕事としています。

 過去の自分の文章についていくつか読んでみましたが、いまいちライフカラーカウンセリングの自分の体験について書かれていなかったので、改めて書こうと思います。かなり、個人的な文章になるかもしれませんが、最後までお読みいただけたら幸いです。

 ライフカラーカウンセラー認定協会を設立したのは、2009年です。初めは、本物研究所の社内研修として取り入れられました。2009年6月のことだったと思います。
 その時は、本社所在地である熱海で1泊2日の研修を実施しました。その研修の目的は、社内の一体化です。その頃の、本物研究所はいまいち社内での一体化ができていない、本音が話せず心の中に言いたいことをためこんでいる雰囲気が漂っていたように思います。

 その研修が社内の一体化の達成にある程度の効果は出せたと思います。その時の研修の内容が今のライフカラーカウンセリング講座の原型になっています。
 一つだけ具体的な例をあげると、研修の中で「ダイアード」というワークショップがあります。
 これは、2人組のペアになり、相手と目を見つめあい、自分の身体的反応(自動反応)を区別するという研修手法です。やっていただくとわかるのですが、何も話さずに相手と目と目を見つめあうということは、恥ずかしかったり、照れくさかったりと、平常心でいられない場合が多いです。
 そのワークショップを私の当時の上司とやりました。まず、目を見つめあう前に目をつぶり瞑想をします。そして、その方に伝えたいけど、または伝えた方がいいけど、なかなか伝えられていないことを心の中で思います。その時に自分の中に出てきた言葉は「ありがとう」という言葉でした。入社以来、たくさん迷惑をかけたにも関わらず、面と向かって「ありがとう」という言葉を伝えていなかったことに気づきました。そのことを考えたら、何か自分がとても傲慢な気がして、上司への感謝と自分への責めの気持が入り混じり、なぜだか涙が流れました。

 その熱海での研修を受ける少し前に、私は個人で別の外部のセミナーを受講していました。それは、3日間のセミナーでした。約100名もの参加者が一つの部屋でセミナーを受講しました。そのセミナーは目からウロコが何枚も落ちたように思います。
 そのセミナーの大きなテーマの一つに「自分の発見」がありました。
 私がその時に発見した自分は、私はかなり控えめなんだということです。そして、その根底には自分への自信のなさがあることに気がつきました。さらに、なぜ、自分への自信がないかというと、そこに母親との思い出がありました。

 私の母親はいわゆる普通の専業主婦です。今は、私の父親と2人で暮らしています。そのきっかけの出来事は私が3歳のころ起きました。私は、いつものように母親に心を開いて接していました。そして、自分が面白いなあと思った絵本を母親に見せにいきました。
 当然母親は受け入れてくれるだろうと思っていたのですが、母親は何も返答をせず無視をしてすたすたと歩いていってしまいました。私は、その場にぼうぜんとただ立ちつくしていました。
 その時に、自分の心には「このままではまずい」という考えがムクムクと出てきました。私が自分への自信をなくしたのはこの時からでした。その出来事が起きてから、私は常に「このままではまずい」という考えを抱きながら生きてきました。その時から、私は自信をなくして過ごしていたように思われます。

 そして、そのことに気づかされたのは、そのセミナーを受講したときであり、ライフカラーカウンセリングのライフカラーチェッカーを実施した時です。ライフカラーチェッカーは、その方の性格やストレスの状態、食事や病気の関係などがビジュアル化される便利なツールです。私の控えめな性格もばっちりそのライフカラーチェッカーに出ていました。
 そこから、少し時間はかかりましたが、今では徐々に本来の自分のリズムや性格、何が得意で何が好きかを理解することができ、以前よりも楽しく毎日を過ごすことができています。

 ライフカラーカウンセリングを体験すること、伝えることを通じて私が得た体験はとても尊いものとなりました。

 大切なことは、自分が今どのような状態かを把握すること。そして、そのことを認識して、改善を試みることだと思います。

 人の性格はそう簡単に直すことはできません。しかし、自分の性格を治すことは、他人の性格を治すことに比べたら、まだ可能性はあります。

 時間はかかるかもしれませんが、ぜひ、自分自身を見つめて、より楽しい人生を送ってもらえたらと思います。

以下にライフカラーカウンセリングの講座の案内を明記させていただきます。

【LCC1dayセミナー】
愛知会場

開催日時:2013年9月26日(木) 13:00〜16:00
会場:ウィルあいち 会議室1
(愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地)
アクセス: http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html
参加費:¥3,000(税込)
お申込みはこちらから http://lcchonmono.com/pg67.html
東京会場
開催日時:2013年10月11日(金) 13:00〜16:00
会場:(株)本物研究所 品川オフィス
(東京都港区港南2-13-34NSS-IIビル10F 「品川」駅より徒歩8分)
アクセス:
http://www.honmono-ken.com/wp-content/themes/honmono/pdf/map_shinagawa.pdf
参加費:¥3,000(税込)
お申込みはこちらから http://lcchonmono.com/pg67.html

【ライフカラーカウンセリング認定講座】
東京会場

日時:2013年9月27日(金)10:00〜17:00
10月25日(金)10:00〜17:00
会場:(株)本物研究所 品川オフィス
(東京都港区港南2-13-34NSS-IIビル10F 「品川」駅より徒歩8分)
参加費:\48,000(リニューアルにつき、¥20,000オフキャンペーン中)
定員:10名(集まり次第締め切りとします。)
お申し込みはこちらから http://lcchonmono.com/pg66.html

 今年は、異常気象が続いていますので、いろいろと注意をしてお過ごしいただけたらと思います。
 
 最後までお読みいただきありがとうございました。


2周目:「働くことに関する本音」
3周目:「人間としての性質」
4周目:「自動反応について」
5周目:「国会答弁を聞いて感じたこと」
6周目:「1日のリズムをスムーズに進めるには」
7周目:「自分を受け入れる」
8周目:「食事について」
9周目:「スターウォーズを見て思ったこと」
10周目:「6/2(土)にんげんクラブ関西大会(in京都)に遊びにきませんか?」
11周目:「健康と夢を叶える蘇生の風」
12周目:「ゆるすということ」
13周目:「楽しく仕事をするために」
14周目:「カウンセラーが一番お得なんです」
15周目:「薬を使わない医師 宮島先生」
16周目:「心と身体の処方箋」
17周目:「人前で話すことの効用」
18周目:「カウンセリングで大切なこと」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.10 ・2013.09 ・2013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター