船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
合気道はじめました!
2013.9.2(Mon)
社名:(株)本物研究所
名前:両角 真理子

 こんにちは。株式会社本物研究所の両角真理子です。
 残暑が厳しくなっておりますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

 先日から合気道をはじめました。
 実は弊社で行っている合気道関道場へ入門したのですが、ずっと合気道に興味をもっていましたので、体験をさせていただいての入門でした。

 私は小学生の頃柔道を習ったことがありますので、道着には懐かしい感覚があります。

 さて、まだ入門したばかりですし、合気道については全く語れる身ではないのですが、合気道を通して体験していることを書かせていただきます。
 理屈ではない、心とカラダ、そして脳の解放感をお伝えできたらと思います。

 初稽古はなんと関先生にお教えいただいたのですが、合気道を個体、流体、気体というように説明してくださいました。
 気体の域に入ると、なんと技をかけなくても相手に技がかかっていくわけです。
 私も実際に先生の意識だけで倒れてしまったのには驚いています。

 関先生いわく、意識だけで相手に技をかけていくには基礎の個体が大事だとおっしゃいます。
 何度も何度も基礎を繰り返す。
 それが、流れで行えるようになり、繰り返すうちに意識、イメージが現実になる。

 イメージが現実になる……
 どこかできいたことがありませんか!?

 お話をされている時の関先生はとっても柔らかくて、優しいオーラ。稽古中、関先生の目はピシッとした真剣な眼差しでしまる空間。

 実際に構えてみて、動いてみて得ているのは、自分自身の中心にふれていく感覚と解放感。
 なんだろう、この感覚……というのが正直なところではあるのですが、日常で起きている様々な出来事や思考がリセットされていくような感じがあります。また、違う角度からトライしてみようと思える新しい思考になっています。

 稽古が終わったあとに感じる軸のある自分。
 自分の中に生まれている、安心感のような安定感はとても心地が良いのです。

 合気道を通して体験させていただける全てが、私の中にあるものを統合していってくれているようにも感じます。

 私にとって本物研究所はライフワークになっていますが、舩井幸雄の精神を仕事にさらに活かせていけそうな、まだ数回の稽古ですが、そんな体験をしています。

 合気道、とっても不思議な武道です。
 女性のお悩み、むくみもとれてカラダがとっても軽くなるんですよ!

 今では毎週金曜日が待ち遠しいです!今週の金曜日にはまた関先生がいらっしゃいますので、更に楽しみです♪
(※合気道関道場にご興味のある方がいらっしゃいましたら、本物研究所までお電話ください。03-5769-0271)

 最後までお読みくださり、ありがとうございました。


2周目:「私の夢」
3周目:「いま思うこと」
4周目:「「伝える」と「伝わる」」
5周目:「出逢いからいただいたこと」
6周目:「未来のエネルギーを考える」
7周目:「本来の潜在能力を活かす香り」
8周目:「最近思うこと 〜ザ・マネーゲームからの脱出〜」
9周目:「1日を感じてる」
10周目:「「ほんもの商品」ストーリー」
11周目:「わたしの東京探訪」
12周目:「Finding flow!(フローの発見)」
13周目:「ご縁は特別なプレゼント」
14周目:「象さんのこどもも本当にお鼻が長いの?」
15周目:「日本人の絆」
16周目:「感じてますか?」
17周目:「水からのプレゼント」
18周目:「「幸働観(こうどうかん)」から学ぶ」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.10 ・2013.09 ・2013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター