船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
副腎疲労
2018.2.14(Wed)
社名:(株)本物研究所
名前:三浦 慎也

いつも大変ありがとうございます。
本物研究所の三浦慎也です。

皆さんは、ストレスと聞いて思い浮かべることは
なんでしょうか。
私が真っ先に思い浮かべるのが、
仕事のストレス関係で、精神的なもの、人間関係や
数字のストレスを思い浮かべます。
やはり1日の時間の中で仕事に一番、時間を使用しているので。

さらに考えてみますと、
長時間労働や、睡眠不足などもあげられます。
生活面では、たばこの煙や食品添加物、
紫外線、化学物質等の物質的なものもあります。
また、人前で話すときの緊張等もあります。

これらのストレスは身体に反応し、
硬くなったり、ぎこちない動きになったりと
大きな負担がかかります。

最近、こんな本を見つけました。
杉岡充爾先生著
“なぜ、元気な人ほど突然死するのか 1日、たった3分 強い血管をつくれば健康になる!”

わたくし事で恐縮ですが、現在40代後半を突っ走っておりますが、
最近知り合いが突然死で亡くなりました。
女性なのですが、人に元気と勇気と希望と明日への光を持たせてくれる
素晴らしい方でした。

またテレビ等でも、50代前後の方の突然死の情報が放送されていたりしたことから
ちょっと調べてみようと思い、
書店に足を運んだ所、目に飛び込んできた本であります。

その本の一行に
血管を詰まらせる原因は、「副腎疲労」にあるとあります。

血管を詰まらせる原因を考えてみますと、
冒頭にあげましたストレスにあります。
しかしながらストレスは生きていく上で、大小にかかわらず
付き合っていくものなので、軽減または発散していくことが
上手な生き方につながると思います。

本に戻りますと、ストレスをリセットしてくれるものがあるとのことです。
それが副腎でつくられる「抗ストレスホルモン(コルチゾール)」です。

ストレスを感じると副腎から「抗ストレスホルモン」が分泌され
ストレスをリセットするよう働き
心や体に障害が起きるのを防いでいるとのことです。

通常、「抗ストレスホルモン」は朝に最も多く出て、
夜に向けて徐々に減っていきます。
しかし過度なストレスがかかると
副腎はそれに対抗するため、一日中、
大量の抗ストレスホルモンを分泌するようになります。

さらに過剰にストレスがかかると処理ができずに弱まり、
「抗ストレスホルモン」がほとんど分泌できなくなり、
それが血管に影響し、突然けいれんを起こしキュッと収縮し、
詰まってしまい突然死を引き起こすという
仕組みになっているそうです。

ちなみに副腎は、左右の腎臓の上にある小さな三角形をした臓器で、
身体を常によい状態に保つためのホルモンをつくる役割を持っています。

副腎疲労が引き起こす症状としていくつかありましたので、
紹介しておきます。あてはまる方はちょっと気にしながら
生活をされたほうがいいかと思われます。
・1日4杯以上珈琲を飲む。(カフェイン含む)
・甘いものが手放せない。
・記憶力、判断力、集中力が低下ぎみになる。
・感情の起伏が激しくなる。
・太りやすく、痩せにくくなる。
・睡眠の質が低下する。
・風邪をひきやすくなる。
・アレルギーを起こしやすくなる。

皆さんは、“潜病”という言葉をご存知でしょうか。
“潜病”とは、見た目は健康そのものですが、
ある日、大きなストレス、ショックなできごとや過労が重なった時に、
血管が破裂して壊れ、一気に突然死に至ることです。

厚生労働省が発表する2017年の年代別の死因順位によりますと、

40代の1位は「悪性新生物(悪性腫瘍。がん種と肉腫とに分けられる)」という
“病気”が1位に。
さらに、40代の2位は「自殺」ですが、
3位には「心疾患」、
4位には「脳血管疾患」、
5位には「不慮の事故」と
突然死が上位を占めるというの恐ろしさがあります。

40代から病気になりやすくなる原因として本の中では、
「40代は、それまで体に溜まってきた
“悪いもの”が限界を超えてあふれ始める時期といえます。
しかもその傾向は昔より顕著で、心臓病の若年化も進んでいます。
理由はいろいろありますが、
食事の偏食化により添加物を口にする機会が多くなったこと、
日常のストレスが深刻化していることなどが挙げられます。」

とありました。
またこのようなことも、書かれてありました。

「若いうちは体が元気なので、添加物などを肝臓で解毒していきます。
ただそれが衰えはじめると、処理しきれなくなってきますよね。
ストレスも同様で、以前より体に影響が出やすくなります。」

詳しくは、本を読んでいただきたいと思います。

40代そして、50代。
生き方を自分自身で自覚し
カッコイイ生きかた、カッコイイ歳のとりかたを
していきたいものです。


23周目:「舩井☆SAKIGAKEフォーラムを楽しむ」
24周目:「舩井☆SAKIGAKEフォーラム 新たなこころみ『ワイルドカード枠』」
25周目:「さまざまな角度から」
26周目:「開催まで、もうすぐです。」
27周目:「自分が自分の人生に本気になる。」
28周目:「三浦の法則」
29周目:「「君が代」の奥深さ」
30周目:「電車の中であらためて感じること」
31周目:「幸せの和」
32周目:「占い師、そして出版社、飲食店、占いの館の経営、さらにコンサルタント業」
33周目:「活字ではなく漫画」
34周目:「意識」
35周目:「生命エネルギー医学」
36周目:「反省から始まる1日」
37周目:「一日の疲れを癒す3点セット」
38周目:「ツキが舞い込んでくる人生、過ごしていらっしゃいますか?」
39周目:「水の種類」
40周目:「ダイエットに挑戦された方、必読です。」
41周目:「毎月29日は“肉の日”」
42周目:「いいシャンプーの見分け方」
44周目:「2016年12月の年末に…」
45周目:「健康になる園舎」
46周目:「勝手に師匠」
47周目:「本は「わかろう」としてはいけない。」
48周目:「電子水をご存知ですか。」
49周目:「ミトコンドリアと電子」
50周目:「2018年の手帳をスタートしました。」
51周目:「ひとつの健康法」
52周目:「2018年のスタートとして…」

バックナンバー
バックナンバー
2018年
2018.052018.042018.03 ・2018.02 ・2018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター