船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
免疫のアート
2018.3.6(Tue)
社名:イリアール(株)
名前:渡邉 圭介

舩井幸雄.comをご覧の皆様、こんにちは。
イリアール株式会社の渡邉です。

それは新聞の片隅にひっそり、しかし目を引くイラストで告知されていました。
「君と免疫。展」。免疫についての体験アート。
はて、「細胞」をテーマとしたアートではなく「免疫」のアート? 何だろうという疑問。
そして奇妙で不可思議で一見するとグロテスク、けれども繊細に丁寧に描かれたイラストはミクロでもありマクロでもあり、素直に美しいと魅入ってしまいました。
まだまだインフルエンザは流行っており、花粉も本領発揮しているこの時期にちょうど良いと足を運んできました。

日曜午前中でしたが、来場者は思いの外多く、また子どもからご年配の方まで幅広い層で賑わっていました。サボテンと規則正しく気泡がいくつも生まれては消えていく磁性流体を使った対比のオブジェ、暗室の壁や床そしてそこに立っている人もスクリーンとして映し出す光と色のアニメーション、木の玉が螺旋状に組み上げた木琴を転がりメロディーを奏でたり、出入り口に飾られたそのスケールに圧倒されるバルーンアートなど、なるほど、バラエティーに富んだ作品に表現の豊かさを感じます。

身体には防衛システムとして常に体をパトロールしウィルスや細菌が混入すると直ちに攻撃をする自然免疫、ウィルスや細菌の情報を分析した上で最適な攻撃をする獲得免疫、その中でも自然免疫のNK(ナチュラルキラー)細胞や獲得免疫の細胞傷害性T細胞(CTL、またはキラーT細胞)についてもしっかり取り上げられていました。
またIFN-γ(インターフェロン-ガンマ)を増やすとNK細胞が活性化される等、ほんものやで取り扱っている商品にも関連した内容であり興味深く拝見しました。

アート展なので、解説文は程ほどにして(専門用語に段々頭がついて行かなくなったとも言えます)、芸術作品に目を向けると……とにかく細かい。細胞と向き合って形や動き、機能や物量に思わず気が遠くなる感覚でした。
昔理科の授業で細胞を顕微鏡で観察して絵に描くことがありましたが、私、苦手でした。
そのため、繊細な描写に所々着目しながらも、基本は全体を見渡すような、そんな観覧になりました。

そして今回の展示は撮影が許可されており、皆様カメラやスマートフォンを片手に順路を巡っていました。混雑を考えると、サッと撮って、あとでじっくり確認というやり方も効率の良さがあり感心した次第です。

私たち皆に備わり、日々守ってくれている免疫に触れましたが、イラストを辿って暗室から出てきた子どもが発した「怖いよう……」。
う〜ん、子どもには得体のしれない怖いものとなってしまいましたか……(笑)


最後までお読みいただきありがとうございました。


41周目:「勉強させていただきます」
42周目:「過去からの発見」
43周目:「年末年始のリフレッシュ」
44周目:「良いモノ探し」
45周目:「ヒーローの定義」
46周目:「食事を通じて身心を清める」
47周目:「ちいさなアピール」
48周目:「蝉の耳障り」
49周目:「舩井フォーラム2017ありがとうございました」
50周目:「立ち位置」
51周目:「腫れものに触れる」
52周目:「10年越しの」

バックナンバー
バックナンバー
2018年
2018.052018.04 ・2018.03 ・2018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター