船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
本物のおしゃれ
2014.12.12(Fri)
社名:イリアール(株)
名前:塚田 明彦

この笑顔に救われた人が何人いることか!!ご遺影はこの写真です。

若き演奏家時代の北先生(※楽器はウィンナテューバinF 3×3バルブ とても珍しい楽器で、日本にはこれ一本しか現存していないかもしれません。)

当時日本では、まだ珍しかったキリスト教式の結婚式の一枚。

 『舩井幸雄.com』をご覧の皆様、こんにちは。
 イリアール株式会社の塚田です。

 2014年11月28日17時17分、関西交響楽団から大阪フィルハーモニー交響楽団のTUBA奏者として活躍され、退団後は大阪芸術大学教授として、芸術界に多大な貢献をされた、北 洋先生が天に召されました。

 私にとっては、高校3年生の17歳の時から現在まで、楽器(TUBA)の演奏をはじめとする音楽全般から、人間としての生き方そのものを教えて頂いた恩師です。
 追悼の意を込めて、先に先生について少し紹介させてください。

 ご葬儀は、12月1日に、生前の御意向で、家族葬として、親交のあった一部の方にお集まりいただき、しめやかに執り行われました。

 北先生は、演奏家として活躍する一方、若くして亡くなられた、一世を風靡したモデルの奥様(達子さん)と一緒に、学部や専攻を問わず、学生達を我が子のように可愛がり、また叱咤激励し、多くの素晴らしい芸術家を輩出しています。

 その人の育て方は、世間では「理想だが、殆ど実行は不可能」とも言われる「GIVE &GIVE」を実践し続けた方で、実現こそできませんでしたが、機会があれば、故舩井幸雄に、最も会ってほしかった人物です。
 また、北先生は長身(180cm)長足でスタイルが良く、日本人にはなかなか着こなせない燕尾服がとてもお似合いで「カッコいいなあ〜」と皆あこがれたものです。

 最後の日も、一番先生らしい燕尾服に白い蝶ネクタイ姿で旅立って行かれました。
 全て終了し、お骨上げが始まる時、説明をしてくださる担当の方が最初にぽつんと一言、「おしゃれな方だったんですねえ」。
 皆驚いて、何でわかるのか尋ねると、白い小さな物を拾い上げ、「ボタンです。本物は熔けないんですよ。ほらメーカー名も読めますよ」とのこと。煙になった後でも、人に「おしゃれ」と言わせてしまう北先生。生き方もおしゃれも、まさに本物でした。先生の足元にも及びませんが、私もせめて最後に着るシャツ位は、本物を買っておくことにします。
 北先生のご冥福をお祈りいたします。 合掌
 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。 


5周目:「自分にしかできないこと」
6周目:「自分にしかできないこと−その2」
7周目:「自分にしかできないこと−その3」
8周目:「「正しい日本語」を考える−その1」
9周目:「「日本語」を考える−その2」
10周目:「「日本語」を考える−その3」
11周目:「「日本語」を考える−その4」
12周目:「「日本語」を考える−その5」
13周目:「「日本語」を考える−その6」
14周目:「「日本語」を考える−その7」
15周目:「「日本語」を考える−その8」
16周目:「「日本語」を考える−その9」
17周目:「「日本語」を考える−その10」
18周目:「「がん・・・!!」その1」
19周目:「「がん・・・!!」その2」
20周目:「「がん・・・!!」その3」
21周目:「「がん・・・!!」その4」
22周目:「311」
23周目:「よもやま話」
24周目:「「日本語」を考える−その11」
25周目:「よもやま話・・・その2」
26周目:「よもやま話・・・その3」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
・2014.12 ・2014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター