船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
「日本語」を考える−その10
2013.5.29(Wed)
社名:イリアール(株)
名前:塚田 明彦

 イリアール株式会社の塚田です。
 先日、友人と一杯やっている時に「これ、どう思う?」と見せられたメールがあります。

@取引先の若い営業マンからのメール
「26日のお打ち合わせの件ですが、弊社の都合で、すいませんが27日に変更していただけませんでしょうか」

A一緒に食事に行く約束をしていて、遅刻しそうなお嬢さんから届いたメール
「殿 すみませぬ。姫はまだ早籠の中ですぅ〜。いましばらく、お待ちくださいませぇ〜」

 共通することばは「すいません」と「すみませぬ」です。
 @のメールの「すいません」は、聞かない日はないくらい、年齢を問わず日常生活の中でごく普通に使われています。ところがこのことば、ほとんどの辞書には記載されていません。
(WEBのgoo辞書には、すい‐ませ‐ん【済いません】「連語」「済みません」の俗な言い方。と記載されていますが・・)

 元のことばの「すみません」は動詞の「済む」の否定形「済まぬ」の丁寧語で「済みませぬ」(Aのメールです)が変化したものです。

 「あっ!すみません、間違えました」
 「すみません、○○してください」
 「すみません、○○していただき、助かりました」
 謝罪・依頼・感謝の気持ちで使われます。
 これが話しことばになると、使いやすいことばに変化します。
 地域性もあり、私が子供の頃聞き馴染んだ、鹿児島弁では「すんもはん」。長く暮らした関西では「すんまへん」「すまんのう」etc・・その土地ならではの、暖かみのあることばがたくさんあります。
 しかし、「すいません」に関しては地域性ではなく、「マ」行の音が連続すると発音しにくいので、「sumimasen」の最初の「m」を抜いて、「suimasen」と発音しやすく変化したと推測します。あまりにも一般的すぎて、使うなとは言い難いことばのひとつです。
 ただし、あくまで話しことばであることが前提です。親しい人との会話であっても、多少でも気を使う必要がある場合は「すみません」。対外的に使うなら「申し訳ございません」と使い分ける必要があると思います。

 謝罪と依頼の気持ちを込めて、丁寧に書いたつもりの「すいません」、茶目っ気たっぷりに書いた「すみませぬ」。時代や年代によって、同じことばが気持ちの伝達の道具として、いろいろ変化していくのはおもしろいものですね。
 その夜は、「最近の若いやつはことばの使い方を知らん」とぼやきながら、娘さんからのメールに目尻を下げるオヤジと、ついつい杯を重ねて夜は更けていきました。
 最後までお付き合いいただきありがとうございました。


5周目:「自分にしかできないこと」
6周目:「自分にしかできないこと−その2」
7周目:「自分にしかできないこと−その3」
8周目:「「正しい日本語」を考える−その1」
9周目:「「日本語」を考える−その2」
10周目:「「日本語」を考える−その3」
11周目:「「日本語」を考える−その4」
12周目:「「日本語」を考える−その5」
13周目:「「日本語」を考える−その6」
14周目:「「日本語」を考える−その7」
15周目:「「日本語」を考える−その8」
16周目:「「日本語」を考える−その9」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.06 ・2013.05 ・2013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター