船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
<二十四節気(2)雨水・七十二候(初候) 土脉潤起>に思う
2021.2.18(Thu)
社名:(株)船井本社
名前:松本 和子

時代の旬を生きる皆様こんにちは、船井本社の松本でございます。
今日からこの社員コラムは84周目を迎えます。
今日もお読みくださり有難うございます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本には一年間を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた「二十四節気」があります。

今の季節 新暦2月18日〜3月5日頃は、
◎二十四節気(にじゅうしせっき)『雨水(うすい)』  二十四節気の2番目に当たります。
雨水(うすい)とは、空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる頃、という意味を指します。草木が芽生え始め、昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの時期ですが、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていくときです。

今年2021年は、旧暦のお正月である立春が、例年より1日早い2/3(水)でしたね。
この立春が、二十四節気の1番目であり、つまりお正月ということになります。
私は新暦、旧暦の両方を使っていて、さらに春分の日を「宇宙のお正月」とする考えも取り入れているので、年に3回のお正月がある、おめでたい春を送っております。みなさま、立春おめでとうございます。


◎七十二候(しちじゅうにこう) 
●2/18〜2/22頃は初候:『土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)』 
雨が降って土が湿り気を含むの意味。
冬の冷たい雪が、春の雨に代わり、大地に潤いをあたえる頃を指します。 寒さが緩み、眠っていた動物たちが目覚める時期でもあります。

●2/23〜2/27頃は次候:『霞始靆(かすみはじめてたなびく)』
霞がたなびき始める頃。
春にでる霧を霞(かすみ)と呼び、夜の霧は朧(おぼろ)と呼ばれます。だから「朧月夜」なんですね。
また、霞は春の季語で「たなびく」と表現し、霧は秋の季語で「たちのぼる」と使います。

●2/28〜3/4頃は末侯:『草木萌動(そうもくめばえいずる)』
草木が芽吹き始める頃。
雛人形の飾り付けをしましょう。この日に飾ると良縁に恵まれるといわれています。特に午後から飾るのが良い、とされることもあるようです。

◆旬の野菜は『キャベツ』、食べ物は『蛤(はまぐり)』。 子供の頃に見た料理本の「春のパスタ」の写真が今でも頭に残っていて、春キャベツ、菜の花、蛤を見るとフラッシュバックするように映像が現れます。何度かトライしていますが、あの写真のようには未だ作れていません。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

旧暦で、年がまた新しくなりました。緊急事態宣言が延長され、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。 
自営業の友人たちから、廃業を決めたとの連絡が来ると、心が締め付けられます。仕事がなくなり、生活困窮となっている友人もおります。「最終的には生活保護を」と言われておりますが、実際のハードルの高さは驚くほどです。今日明日の食事もないのが現実なのに、書類の審査は現実的に時間がかかりますし、書類審査で落ちることもありますから、実際に受給されているかたと、これから申請するかたとの間が、とても空いているように感じます。困難な状態にある方には、どうか、あきらめずに声を上げ続けて頂きたいと強く祈っております。

持病でマスクができない方もいらっしゃいます。その時「なんでマスクをしないんだ」と責めるのではなく、「この時期にマスクをしていないのは何等かの事情がある」のだから、マスクをつけることができる側の人たちが感染予防行動をとることで、マスクをすることができない人を守ることができると考えよう、とTVで報道していました。私も、そういう暖かさ、余裕と包容力のある社会になってほしい、と思いました。コロナを通して社会が成熟することを促されているように感じております。


ザ・フナイ3月号では、生き物にとって一番の財産である「健康」を取り上げます。

ザ・フナイ 2021年3号(vol.161)
『超健康のコツ 本当にカラダに良いもの』  (2021年2月初旬発売)
↓ ↓ ↓
http://evavision.shop-pro.jp/?pid=157033333
舩井幸雄の名言(44)身近な人から学ぶ

<ザ・フナイは、一定の思想にかたよることなく、日本と世界の将来、地球と人類の行く末を真剣に考える人たちの意見を自由に掲載し、読者の皆さまに、さまざまな見方、意見、視点があることを充分にお知りいただいたうえで、どのような世界に自分は住みたいのか? をご自身で判断していく材料にしていただけるよう、多方面からの情報をお届けしています。>

 電子書籍も年間購読を承っております。
 絶賛発売中です。
       マス・メディアには載らない本当の情報
 
↓ ↓ ↓
http://evavision.shop-pro.jp/?pid=145788715


54周目:「身体は食べ物で作られる」
55周目:「自分の頭で考える」
56周目:「<二十四節気 芒種・七十二候 腐草為蛍>に思う」
57周目:「<二十四節気 小暑・七十二候 鷹乃学習>に思う」
58周目:「<二十四節気 処暑 ・七十二候 綿柎開>に思う」
59周目:「<二十四節気 秋分 ・七十二候 雷乃収声>に思う」
60周目:「<二十四節気 霜降 ・七十二候 霜始降>に思う」
61周目:「<二十四節気 小雪 ・七十二候 朔風払葉>に思う」
62周目:「<二十四節気 小寒 ・七十二候 芹乃栄>に思う」
63周目:「<二十四節気 立春 ・七十二候 黄鶯睍v>に思う」
64周目:「<二十四節気 啓蟄・七十二候 桃始笑>に思う」
65周目:「<二十四節気 清明・七十二候 鴻雁北>に思う」
66周目:「<二十四節気 小満・七十二候 蚕起食桑>に思う」
67周目:「<二十四節気 夏至・七十二候 乃東枯>に思う」
68周目:「<二十四節気 大暑・七十二候 土潤溽暑>に思う」
69周目:「<二十四節気 白露・七十二候 草露白>に思う」
70周目:「<二十四節気 寒露・七十二候 鴻雁来>に思う」
71周目:「<二十四節気 立冬・七十二候 地鴻雁来>に思う」
72周目:「<二十四節気 冬至・七十二候 乃東生>に思う」
73周目:「<二十四節気 小寒・七十二候 雉始雊>に思う」
74周目:「<二十四節気 立春・七十二候 魚上氷>に思う」
75周目:「二十四節気 立春・七十二候 桜始開>に思う」
76周目:「<二十四節気 穀雨・七十二候 葭始生>に思う」
77周目:「<二十四節気 小満・七十二候 紅花栄>に思う」
78周目:「<二十四節気 夏至・七十二候 半夏生>に思う」
79周目:「<二十四節気 大暑・七十二候 大雨時行>に思う」
80周目:「<二十四節気(15)白露・七十二候(末候) 玄鳥去>に思う」
81周目:「<二十四節気(17)寒露・七十二候(末候) 蟋蟀在戸>に思う」
82周目:「<二十四節気(20)小雪・七十二候(次候) 朔風払葉>に思う」
83周目:「<二十四節気(23)小寒・七十二候(次候) 水泉動>に思う」

バックナンバー
バックナンバー
2021年
2021.062021.052021.042021.03 ・2021.02 ・2021.01
2020年
2020.122020.112020.102020.092020.082020.072020.062020.052020.042020.032020.022020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note