船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
<二十四節気(15)白露・七十二候(末候) 玄鳥去>に思う
2020.9.17(Thu)
社名:(株)船井本社
名前:松本 和子

時代の旬を生きる皆様こんにちは、船井本社の松本でございます。
今日からこの社員コラムは80周目を迎えます。
今日もお読みくださり有難うございます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本には一年間を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた「二十四節気」があります。

今の季節 新暦9月7日〜9月21日頃は、
◎二十四節気(にじゅうしせっき)『白露(はくろ)』  二十四節気の15番目に当たります。
日中の暑さも和らぎはじめ、だんだんと秋の気配が深まってくる頃です。

◎七十二候(しちじゅうにこう) 
●9/7〜9/11頃は初候:『草露白(くさのつゆしろし)』 
草花の上に降りた朝露が、白く涼しく見える頃。
夏から秋への変わり目です。「露が降りると晴れ」という言葉があり、朝霧は1日の天気を伝えてくれます。

●9/12〜9/16頃は次候:『鶺鴒鳴(せきれいなく)』
セキレイの声が響きわたる頃。
「チチッチチッ」という、鈴の様に高い声で鳴きます。水辺を好む鳥ですが、民家の軒下などにも巣を作るので、その鳴き声だけでも聞いたことがある人は多い鳥です。長い尾が特報のスマートな小鳥で、尾を上下に振り地面を叩くように歩く様子から「石叩き」の異名も。
セキレイは、日本神話にも登場し、「恋教え鳥」とも呼ばれます。夫婦円満の御神鳥として崇められ、結婚の儀にも関係が深く、皇室の成婚時には新床にセキレイの飾りが置かれてきたそうです。

●9/17〜9/21頃は末侯:『玄鳥去(つばめさる)』
暖かくなる春先に日本にやってきたツバメが、暖かい南の地域、東南アジアやオーストラリアなど数千キロを、帰っていく頃。また来年の春先には戻ってくるまで、しばしの別れとなります。また帰って来てくれるかな。切ない思いがします。

◆旬の野菜は『かぼちゃ』、花は『鶏頭(けいとう)』、魚は『秋刀魚』、果物は『梨』、そして中秋の名月。
 今年2020年の中秋の名月は、10/1(木)となっています。今年のお天気はどうでしょうか。皆様は、お供え、なさいますか? 今年は頑張って、月見団子を手作りしてみようかな、と気持ちだけでも張り切っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

暦の上では、もう秋。皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。
今年は、とても暑い夏であった筈ですが、外出自粛を守ったからなのか、夏らしさを感じきらないうちに秋の気配がして参りました。
25年ほど前の今頃の記憶を辿ると、仕事が休みの土日には、神奈川県は三浦半島の海へ、仲間と素潜りに行っておりました。 バーベキューをし、ビールを飲み、ジリジリと日が暑いのでまた潜る、という過ごし方で、当時楽しみの一つでした。
そんな残暑厳しい毎日も秋分の日を境に、日中は暑くても、夕方過ぎると半袖では寒いと感じるようになり、 「今年の海は終わり」という、区切りがありました。スノーケルや水中眼鏡、足ひれを丁寧に洗い、丁寧に乾かし、また来年!と手を合わせて定位置にしまい込むという「行事」を経て、夏は終了しました。

しかし今年は、秋分の日を待たずに、上着があった方が良いと思えるほど、夜は気温が下がっております。
私も、半袖から七分袖に変えました。
寒暖差が激しいと、体調を崩しやすくなります。皆様が風邪など召されませんよう、お祈りしております。

さて、
只今書店にて絶賛発売中の10月号で、ザ・フナイは丸13年となり、11月号からは14年目に突入します。バブバブ言っていた赤ちゃんが、中学2年生になって誕生日を迎えたのと同じだけの年月です。これもひとえに、皆様の暖かいご支援によるものでございます、皆様がザ・フナイを読むために使って下さった時間のことを考えますと、本当にありがたく感じます。深く御礼申し上げます。 
また長く連載を下さっている先生方は、書くことに貴重なお時間を費やして下さいましたこと、本当にありがたく感じます。深く御礼申し上げます。。

皆様、これからも引き続き、ザ・フナイを何卒宜しくお願い申し上げます。


<ザ・フナイは、一定の思想にかたよることなく、日本と世界の将来、地球と人類の行く末を真剣に考える人たちの意見を自由に掲載し、読者の皆さまに、さまざまな見方、意見、視点があることを充分にお知りいただいたうえで、どのような世界に自分は住みたいのか? をご自身で判断していく材料にしていただけるよう、多方面からの情報をお届けしています。>

ザ・フナイ2020年10月号(Vol.156)では、「成功」とは何か?を考えます。 健康、お金、家族、自由、趣味、教育、社会的地位。。。   「どれ」が、「どうである」と「成功」なのでしょうか。 
特集では、バランスに着目し、これからを勝ち抜ける新しい働き方のスタイルをお伝えしています。

ザ・フナイ 2020年10月号(vol.156)
『絶望の2020年を勝ち抜け! うまくいく人の生き方指南』 
↓ ↓ ↓
http://evavision.shop-pro.jp/?pid=153130917


 電子書籍も年間購読を承っております。
 絶賛発売中です。
       マス・メディアには載らない本当の情報
 
↓ ↓ ↓
http://evavision.shop-pro.jp/?pid=145788715


54周目:「身体は食べ物で作られる」
55周目:「自分の頭で考える」
56周目:「<二十四節気 芒種・七十二候 腐草為蛍>に思う」
57周目:「<二十四節気 小暑・七十二候 鷹乃学習>に思う」
58周目:「<二十四節気 処暑 ・七十二候 綿柎開>に思う」
59周目:「<二十四節気 秋分 ・七十二候 雷乃収声>に思う」
60周目:「<二十四節気 霜降 ・七十二候 霜始降>に思う」
61周目:「<二十四節気 小雪 ・七十二候 朔風払葉>に思う」
62周目:「<二十四節気 小寒 ・七十二候 芹乃栄>に思う」
63周目:「<二十四節気 立春 ・七十二候 黄鶯睍v>に思う」
64周目:「<二十四節気 啓蟄・七十二候 桃始笑>に思う」
65周目:「<二十四節気 清明・七十二候 鴻雁北>に思う」
66周目:「<二十四節気 小満・七十二候 蚕起食桑>に思う」
67周目:「<二十四節気 夏至・七十二候 乃東枯>に思う」
68周目:「<二十四節気 大暑・七十二候 土潤溽暑>に思う」
69周目:「<二十四節気 白露・七十二候 草露白>に思う」
70周目:「<二十四節気 寒露・七十二候 鴻雁来>に思う」
71周目:「<二十四節気 立冬・七十二候 地鴻雁来>に思う」
72周目:「<二十四節気 冬至・七十二候 乃東生>に思う」
73周目:「<二十四節気 小寒・七十二候 雉始雊>に思う」
74周目:「<二十四節気 立春・七十二候 魚上氷>に思う」
75周目:「二十四節気 立春・七十二候 桜始開>に思う」
76周目:「<二十四節気 穀雨・七十二候 葭始生>に思う」
77周目:「<二十四節気 小満・七十二候 紅花栄>に思う」
78周目:「<二十四節気 夏至・七十二候 半夏生>に思う」
79周目:「<二十四節気 大暑・七十二候 大雨時行>に思う」

バックナンバー
バックナンバー
2020年
2020.10 ・2020.09 ・2020.082020.072020.062020.052020.042020.032020.022020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com