船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
変わること、変えること…… 映画「CHANGE」(チェンジ)
2013.7.23(Tue)
社名:(株)船井メディア 『Just』制作部
名前:徳永 かおり

 皆さま、こんにちは。Just制作部の、徳永かおりです。
 都内も日々暑さが増し、日差しも強く、日傘が手放せなくなって参りました。そんな暑い休日に、ドキュメンタリー映画、「CHANGE」(チェンジ)の上映会に行ってきました。

 この映画は、アメリカのセドナを皮切りに、ニューヨーク、ワシントンなど
既に50都市で上映され、反響を呼んでいる話題の映画です。
 年内、アメリカ国内では累計1000か所の都市で上映が予定され、今後、日本各地で上映予定があり、日本での上映はまだ3回目。

 映画の製作総指揮を務めているのは、国際脳教育大学院大学長、作家、平和運動家の一指 李承憲(イルチ・リー)氏 。
 日本、アメリカ、韓国などで発刊された、『セドナ・メッセージ』の著者であり、他33冊の著作を発表されています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883205444/naoyadyndnsor-22/ref=nosim/

 数年前、世界的に大ベストセラーになり話題になった書籍『ザ・シークレット』
 その中で、多くの成功者が語る「引き寄せの法則」は、御存知の方も多いと思います。理想の思いを、イメージして現実に引き寄せる……原理はわかっても、実際に引き寄せられたのか?

 「CHANGE」では、その引き寄せの力を完成形に導くための
具体的な実践方法や、また一指 李承憲氏はじめ、脳教育者の博士の話、
その他、思いを実現された方の体験談なども登場します。

 今回の上映会では、イルチ・リー氏から、日本で唯一
運気ヒーリングを許可されたというヒーラーであり、
鍼灸師としても活躍する女性、ファン氏の講演がありました。
 後半は実際にイメージを膨らませて、磁石を使って力を感じる
マグネット瞑想法のワークなども行われ、盛り沢山の上映会となりました。

 どんな映画だろう、早く観たい……と思って足を運んだのですが、
すぐに上映には入らず、ファン氏の解説や、本編の
映画上映の前に、短い映像の紹介がありました。

 最初、「え〜、早く本編が観たい>_<!」と思ってしまいましたが、
目的なしに観るのでは、時間の無駄。
 その映像を観たうえで、自分の中の何を一体変化させたいのか?
 明確にイメージして欲しいという、主宰者側のメッセージがありました。

 その映像とは、「鷹の一生」を紹介するものでした。
 鷹は鳥類の中でも寿命がもっとも長く、
70年ほど生きることが出来るそうです。

 しかし、実際にその長い命を全うするには、
ある節目に、必ず乗り越えなければならない、
大きな試練が待ち構えているそうです。

 鷹は40歳頃なると、爪の老化が始まり、
くちばしも長く伸びすぎて、胸まで曲がってきてしまい、
獲物を捕らえにくくなってしまいます。羽も多くて、
分厚くなりすぎて、重くて空も飛びにくくなってしまうのです。

 この時期、鷹は二つの選択を迫られます。
 一つは、ただそのまま、何もせず、ただ死ぬ時期を待つ。
 一つは、自らを変えるために、苦しい自分探しの旅に出て
生まれ変わっていくか……。どちらか一つの選択しかありません。

 自らを変える選択をした鷹は、渾身の力を振り絞って
山頂まで飛び立ち、巣を作ります。その後、苦しい修行を、やり遂げるのです。
 まず、岩を突いて痛みに耐えながら、くちばしを削り落とします。

 そして再び生え出たくちばしで、次は爪を剥ぎ取り、
新たに生えそろうのを待ちます。その次は、
生え出た爪で、古い羽を1本1本抜き取っていきます。

 生まれ変わるために、さまざまな苦痛に耐えて過ごして、
その困難を乗り越えた鷹のみ、新しいくちばしと、新たな爪、
新たな羽が揃った翼で、再び次の30年を羽ばたいて生き抜くそうなのです。

 困難にチャレンジすると決めた鷹は、大きな壁を乗り越えた
後半の人生(いや鳥生?)は、新たな境地で、
大きく空を羽ばたいていくのだと思います。

 私達人間にも、一見、良くないと思う出来事や、
困難が起こる事があります。しかしそれは、船井幸雄で言うならば
「必要、必然、ベスト」。勇気を出して一歩踏み出し、
努力を惜しまず進んだ人が、次のステージ、
まだ見た事のない、新しい世界を見る事ができるのかもしれません。

 2013年は五黄の年。大きい変化が起こりやすいと言われ、
価値観も、日々目まぐるしく変化しています。船井メディアで
講演して下さる講師の方も、伝え方や方法は、それぞれ違うものの、
皆さん同様に、答えは必ず自分の中にあるとおっしゃっています。

 『船井幸雄.com』を愛読されいてる方に、
多くの経営者の方がいらっしゃると思います。
 経営者の日常は、大なり小なり、選択や決断を迫られていると思います。
 また経営者じゃなくても、人の日常は、選択と決断の連続です。
 この変化を受け入れて、変わって行くことができるのか……?

 私はこの映像を観た時、究極へ自分を追い込んでいく
鷹の様子に心打たれて、涙が出てきました。
 自分の心の中で変化させたいものと、変えたい
具体的な行動が明確にイメージできました。大げさではありますが、
人生の選択についても、見直すきっかけになりました。

 本編の映画では、思いを現実に引き寄せる力、
そのカギは“脳“にある!と、各界で活躍する作家や、
大学教授などの解説も踏まえて、秘密を解き明かしてくれます。

 さて本編の映画の詳しい内容はというと……
ネタばれになってしまうので観てのお楽しみ(^u^)
機会あれば、多くの皆様に御覧になっていただきたい、
ドキュメンタリー映画「CHANGE」でした。


10周目:「どんな仕事も必然必要だから就業できる」
11周目:「シェアハウスでさらに繋がる」
12周目:「“混住”がすぐ目の前に」
13周目:「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012」
14周目:「白熱☆コーチングLIVE!」
15周目:「1冊の本の出会いが人生を変える!」
16周目:「ヘミシンク体験で人生を好転させよう!」
17周目:「「若者」「馬鹿者」「よそ者」大歓迎!隠岐諸島 海士町へようこそ!」

バックナンバー
バックナンバー
2019年
2019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.08 ・2013.07 ・2013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター