船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
舩井幸雄の書籍を整理しました。
2014.10.3(Fri)
社名:(株)本物研究所・(株)船井メディア
名前:船井 かおり

書籍を整理している様子

 『舩井幸雄.com』 をご覧の皆さま、こんにちは!
 船井メディアの船井かおりです。

 今年10月に異動があり、船井メディアで『ザ・フナイ』の編集担当(2014年12月号から)をさせていただくこととなりました。
 その他では『Just』船井メディア倶楽部『SAKIGAKE』等の各情報媒体でのインタビューをしています。

 
 「『ザ・フナイ』は読んでおくと良いよ」と高校生の時から舩井幸雄に時折言われいてた『ザ・フナイ』に私が携わらせていただける日がくるとは思いもしていませんでした……。とても感慨深いです。
 読者の方に喜んでいただくことを一番に考えて、舩井幸雄と編集長の高岡の意思を継ぎ、つくっていきたいと思います。

 さて、本の話と言えば、数ヶ月前に舩井幸雄の孫が集まって、舩井幸雄著の本整理をしました。
 すべての本は探しきれなかったのですが、その冊数は300を優に超え、1969年に発行された『繊維業界革命』から、舩井幸雄の名が注目された1972年発行『変身商法』、そして2014年発行の『未来への言霊』まで整理しました。
 探し出す作業、発行日順に並び変えて棚に入れる作業、リスト化する作業などはとても大変で2時間以上かかりました。

 でも、そのような作業をしていると、タイトルと表紙イメージを見るだけではありますが、舩井幸雄が、競争して勝つことが多かった「ケンカの船井」と呼ばれていた時から、いつもニコニコとして包み込む「ホトケの船井」へ変化していく傾向や、そして伝えたいと思っていたことなどを感じました。

 ちなみに、整理した約300冊で多かったタイトルキーワードのランキング10位は以下の通りです。

・1位…人間
・2位…経営
・3位…日本
・同列4位…生き方
         未来
・6位…本物
・7位…人生
・8位…生きる(「上手に生きる」など)
・9位…研究
・10位…時代
※「船井」というキーワードは入れていません。
※ 共著は含まず、今回探し出せた本からのキーワードです。


 舩井幸雄は、前回の記事で書きましたが、いつも机に向かって原稿を書いていました。
 病を患ってからも、万年筆に触れなかった日は、旅立つ前のほんの数日だけだったと思います。
 
 現在、舩井幸雄の書籍を過去にさかのぼり一から読み返しています。
 舩井幸雄が伝えたかったことをしっかりと見つめ、勉強して、歩んでいけるよう日々精進していきます。


25周目:「孫からみた舩井幸雄」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.11 ・2014.10 ・2014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター