船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
ならば、どう生きる? 〜『いのちの革命』を読んで〜
2014.10.7(Tue)
社名:イリアール(株)
名前:広川 裕子

 『舩井幸雄.com』をご覧の皆様こんにちは。
 イリアール株式会社の広川です。

 私が葬儀の仕事を始めたキッカケは、父の死でした。
 イリアール株式会社に入社する、ずっと前の話です。

 父は突然亡くなりました。
 病院のベッドから、一度家に帰り、湯灌(ゆかん)と納棺を執り行なった後、葬儀場へ運ばれました。慌しい数日間で何を感じたのかハッキリとは覚えていませんが、その数年後、私は葬儀会社に入社しました。

 毎日たくさんの故人様にお会いしました。
 お体に触れることもありました。部屋に二人きりになることもありました。
 そして、たくさんのお別れの場面に立ち会いました。

 そんな日常の中で、いつしか私は、「死はなんて平等なんだろう」という思いを持つようになりました。
 特別なことでも、非現実的なことでもない。
 私もあなたも、必ず全員に与えられた運命です。

 死を「怖いこと」「悲しいこと」と思わなくなりました。
 怖いと感じるのは、経験したことがないから。
 悲しいのは、慣れ親しんだ風景や人々とのお別れです。
 「死」を自分なりに説明できる気持ちでした。ただ、なんとなく残る、モヤモヤした気持ち……。

 例えば、誰かに聞かれた時、
 「死」を自分なりに伝えることはできます。でも、「生」を伝える自信がないのです。
命の大切さって?
 ならば、どう生きる?

 『いのちの革命』(きれい・ねっと)は、通勤電車で読める本ではありませんでした。
 活字離れしている私でも理解できる、簡単な文章にもかかわらずです。
 1行1ページ読むたびに、気がつくと、立ち止まりボンヤリと考え込んでしまうのです。

 舩井勝仁が「命の革命家」と呼ぶ、看取り士の柴田久美子さんの言葉。

 「生まれることと死ぬことは同じこと」
 「生と死の2つはセットで、生まれることが大切なら、死ぬことも大切」

 「死」をポジティブにとらえれば、それは、自然にポジティブな「生」につながるのです。
 自分の生を全うしたら、次の人にバトンを渡す。
 見送る人はそのバトンをしっかり受取るために、自分の時間を旅立つ人に捧げ看取る。

 モヤモヤしていた私の心の中が、少しずつ整理されていくのが分かりました。
 無理しない自分らしい生を生きよう。
 旅立つ日には、近しい誰かにささやかな私のバトンを受取ってもらいたい。
 その前に、年老いた母のバトンをしっかりと受取りたい。

 やさしい想いを抱かせてくれた一冊でした。
 読書の秋に、ぜひ皆さんもお読み下さい。


13周目:「シンクロの不思議」
14周目:「チューブちゃんのこと」
15周目:「親の心子知らず」
16周目:「最高の褒め言葉」
17周目:「+αのサービスを」
18周目:「Gの恐怖」
19周目:「2013年夏の想い出」
20周目:「一期一会を感じたこと」
21周目:「言い訳大臣と勇気レンジャー」
22周目:「斜45度後方」
23周目:「泣く技術」
24周目:「匂わない日々」
25周目:「想い出音」

バックナンバー
バックナンバー
2019年
2019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.11 ・2014.10 ・2014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

マスメディアには載らない情報 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター