船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
明日また陽が昇るなら
2019.9.6(Fri)
社名:(株)本物研究所
名前:松本 大

舩井幸雄ドットコムをご覧のみなさま、こんにちは。

-36kgのダイエットに成功したベジタリアン
本物研究所の松本大です。

私は大切な縁のある人には、必ず菜食の話をします。

菜食はただの“食べ方”に止まらず、地球に生まれ、
日本に生きている私たちが、今日からすぐにでも
実践することのできる最大の社会貢献だからです。

元号が令和に変わったタイミングで、
今までの自分の価値観をガラッと変える
その覚悟があるかないか、それをずっと
試されている日々が続いている気がしてなりません。

あたりまえだと思っていたことが、
あたりまえじゃなくなることは、
今この瞬間にもたくさん起きています。

私は2011年の3月にそれを感じて以来、
大切にするべきものはなにか、
自分自身で振り返ってきました。

その中で最も大切だと思うことが、
菜食であると断言します。

なぜならば、上にも書いたとおり、
菜食は“食べ方”ではなく、
社会貢献に繋がる“生き方”だからです。

明日また陽が昇るなら、
どんな世界になっていよう。

そんなことを思い見上げる
夜空もなんだかまぶしいくらいに、
自分の中の大切な希望を輝かせることも
とても重要であると感じています。


58周目:「自分自身の使命を感じながら」
59周目:「腑に落ちる選択の繰り返し」
60周目:「楽しみが広がること」
61周目:「『あの命、この命』」
62周目:「とある週末の夜」
63周目:「その時その時の縁」
64周目:「経験」
65周目:「プロレスの完全復活に隠された秘密」
66周目:「自身に問う」
67周目:「トワニワカク」
68周目:「だったらあげちゃえよ」

バックナンバー
バックナンバー
2019年
・2019.09 ・2019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター