船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
腸内環境を整える
2020.2.27(Thu)
社名:(株)本物研究所
名前:坂部 志穂

みなさまこんにちは。
本物研究所営業グループの坂部と申します。
昨今、不安なニュースが更新されていますが、自分の身は自分で守るしかない今日この頃です。
普段の生活の上でも手洗い、うがいを中心に免疫力を上げる、十分な睡眠、ストレスをためない等工夫をしてききたいと思います。

さて、先日弊社代表の佐野より学んだことを皆さまにご紹介させていただきます。

腸には全身の免疫細胞の約7割が集まっており、「人体最大の免疫器官」といわれています。免疫細胞は体の中に入ってきた細菌やウイルスなどを瞬時に見つけ、退治してくれます。
この免疫細胞の活躍は腸内だけにとどまらず、血流にのって全身にも運ばれ、私たちの体の各所で菌やウイルスと戦ってくれています。

腸内環境を整えるためのポイント

【その1】
発酵食品をこまめにとる。発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれています。
乳酸菌には腸内の善玉菌の活動を活発にして、菌が腸内に進入するのを防ぐ働きや、悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を良くする働きがあります。
善玉菌と悪玉菌のバランスは、偏った食事やストレス、自律神経のバランスなどによって悪化しやすいのが特徴です。みそ、納豆、ぬか漬け、キムチ、ヨーグルト、チーズといった発酵食品を日々の食事でこまめにとるようにしたいですね。

【その2】
食物繊維を積極的にとる。野菜やきのこ、海藻類、大麦など食物繊維が豊富な食材をとることで、便秘を予防したり、善玉菌がすみやすい環境を整えたりすることができます。
現代は食の多様化が進み、日本人も昔に比べ、これらの食材の摂取量が少なくなっています。
食物繊維の1日当たりの目標量は、成人男性で20g以上、女性は18g以上となっていますが、最近の報告によると男女平均で15gと下回っています。
主食を1日1回は精製されていない玄米や胚芽米、麦ごはんにする、具だくさんの汁物を加える、根菜やきのこ、豆類、海藻を使ったメニューにするなどして、不足しがちな食物繊維を意識してとってみてはいかがでしょうか。

【その3】ビタミンエース!
一方、免疫力アップに欠かせないのがビタミンです。中でもビタミンエースと呼ばれる、ビタミンA(β−カロテン)、ビタミンC、ビタミンEは積極的にとりたい栄養素。おすすめの食材と効率よく栄養をとり入れる方法を合わせて紹介します。

★ビタミンA(β−カロテン)は油と一緒に!
口や鼻、皮膚などの粘膜を菌やウイルスから守ってくれる働きがあります。
緑黄色野菜や豚や鶏のレバーなどに多く含まれており、脂溶性のビタミンなので油と一緒にとることで吸収率がアップします。炒め物にしたり、少量のオリーブオイルと一緒に食べたりして、効率よくとり入れていきましょう。

おすすめメニュー
ほうれん草バター炒め、人参サラダ、うなぎのかば焼き、焼き鳥レバー、レバニラ炒め

★ビタミンCをこまめに摂取白血球の活動を活発にする働きがあります。
ストレスや喫煙によっても減少しやすく、1日の中でこまめに補いたい栄養素です。野菜や果物、イモ類に多く含まれています。水溶性のため、生で食べられるものはそのまま食べるのがおすすめです。

おすすめメニュー
生野菜サラダ、小松菜煮びたし、ピーマン(パプリカ)炒め、じゃがいものみそ汁、カットフルーツ

★血液の流れを良くするビタミンE
血流の流れを良くしたり、体の老化を防いで細胞を若々しく保ってくれたりといった働きがあります。ナッツ類やアボカド、カボチャ、うなぎなどに多く含まれています。脂溶性のビタミンなので油と一緒にとると吸収率がアップします。

おすすめメニュー
カボチャの天ぷら、ごまあえ、アボカドサラダ、はまちの刺し身、素焼きナッツ

ビタミンエースは一緒にとることで相乗効果をもたらし、より免疫力を高めてくれます。
彩りの良い食材が多いので、色の濃い野菜を選んでみると、自然とビタミンエースがとれます。時間のあるときにほうれん草をゆでて冷凍しておいたり、外食する際はサラダバーのある場所を選んだりというのも工夫の1つです。
 
忙しいと食事がおろそかになって、疲れやストレスもたまりやすく、免疫力はどんどん落ちていってしまいます。
毎日の食事を大切に、免疫力を高める食事をしていきたいと思います。

みなさまもぜひ参考にしていただき、取り入れていただけたらと思います。

最後までお読みくださりありがとうございます。
お身体を大切におすごしくださいませ。


21周目:「楽しむこと」
22周目:「諦めない気持ち」
23周目:「諦めない気持ち パート2」
24周目:「想いをつなぐ」
25周目:「名将」
26周目:「想いをつなぐ」
27周目:「感謝」
28周目:「情熱」
29周目:「継続は力なり」
30周目:「仏の心で鬼になれ」
31周目:「ありがとう」
32周目:「月のテンポで生きる」
33周目:「生きる」
34周目:「お掃除」
35周目:「一球入魂」
36周目:「ほんもの健幸フォーラムを開催いたします。」
37周目:「散歩」
38周目:「運気を上げる」
39周目:「デトックス」
40周目:「言霊」
41周目:「頭皮ケア」
42周目:「11月1日は寿司の日」
43周目:「10歳若返る秘訣をお伝えします!!」
44周目:「ほんもの健幸フォーラムin東京」
45周目:「愛情」
46周目:「食の大切さ」
47周目:「世代交代」
48周目:「自律神経の役割と大切さ」
49周目:「ご縁」
50周目:「食欲の秋」
51周目:「21世紀は心の時代」
52周目:「笑う門には福来る!」
53周目:「春がそこまで」
54周目:「からだのお掃除」
55周目:「あたりまえのこと」
56周目:「人生を大きく変える4つの秘訣」
57周目:「代々続く」
58周目:「素晴らしい!感動!」
59周目:「想いをカタチに!」
60周目:「ありがとうプロジェクト」
61周目:「福拾い530運動」
62周目:「マコモ」
63周目:「初詣」
64周目:「習い事」
65周目:「執念」
66周目:「ルーキー」
67周目:「セカンドオピニオン」
68周目:「チャレンジ」
69周目:「リフレッシュ」
70周目:「手から手に」
71周目:「地域密着」
72周目:「日本の伝統」
73周目:「初日の出&神田明神」

バックナンバー
バックナンバー
2021年
2021.082021.072021.062021.052021.042021.032021.022021.01
2020年
2020.122020.112020.102020.092020.082020.072020.062020.052020.042020.03 ・2020.02 ・2020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note