船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
頭皮ケア
2016.9.16(Fri)
社名:(株)本物研究所 営業グループ
名前:坂部 志穂

まだまだ残暑が続く今日この頃ですが、お変わりございませんでしょうか。
8月のリオオリンピックはとても盛り上がり、寝不足だった方も多いのではないでしょうか。
私が愛してやまない女子バレーは残念ながら、準々決勝で敗退しました。
木村沙織選手をキャプテンによくまとまったチームでしたが、世界の壁は高かった。
日本のお家芸でもあるレシーブは、今や他国の選手がマスターし、上背のある選手が次々に上げていたのが印象的でした。

女子バレーは残念でしたが、女子バスケット、卓球、水泳、レスリング、陸上と日本選手の活躍が目立ったオリンピックでした。

最近、夏の日差しをあびて、髪や頭皮も大きなダメージが気になっていまして、 髪と頭皮について調べてみましたので、お伝えさせていただきます。

☆髪は一生
髪の毛の寿命は男性で4〜5年、女性で4〜6年です。一生を終えた髪の代わりに、新しい髪が毎日生まれています。髪の毛のヘアサイクルは1本1本異なるので、まとめて抜けることはありません。
髪は1日に0.3〜0.5mm伸びると言われています。1ヶ月で約1.2cmです。もちろん個人差があります。
ヘアサイクルから計算すると、1日に50〜100本抜けるのは正常です。それ以上抜ける場合は抜け毛を確認してみましょう。抜け毛が細かったり、短かったり、まとめて抜けたりする場合は異常脱毛の可能性があります。原因は過剰なストレス、薬などによるホルモンバランスの崩れ、体力の低下、遺伝などが考えられます。まずは、お医者さんに相談することをお勧めします。

☆髪の健康・決めてがシャンプー前の「ブラッシング・・・」
シャンプーは頭皮の古い角質や汚れを落とすことが目的です。実はシャンプー前の「ブラッシング」と「プレシャンプー」だけで、髪の汚れの70%を落とすことができます。髪が絡んだままシャンプーすると、髪が傷む原因になります。シャンプー前にブラッシングすることで、髪についたフケや汚れも落ちやすく、皮脂の浮き上がりも良くなり、少しのシャンプー剤で泡立ちもよく、効果的にシャンプーが行えます。「プレシャンプー」とはブラッシング後、少し熱めの温度設定で2〜3分、充分にシャワーを当てることです。ワックスなどスタイリング剤を使っている方は特に念入りに「プレシャンプー」を行ってください。

☆頭皮を洗おう
シャンプー剤は直接髪につけるのではなく、手のひらでよくなじませてから髪に塗布します。基本的に洗うのは頭皮です。かゆみがある場合でも、爪を立てるのは逆効果。指の腹でマッサージするように丁寧に洗いましょう。前頭部や後頭部は特に皮脂が多いので念入りに!

☆すすぎが重要
シャンプー剤や老廃物が頭皮に残ると、いやなニオイやフケ・かゆみの原因になります。すすぎ残しの多い耳の後ろや額の生え際はしっかりとすすぎましょう。最低でも3分以上、シャンプーの2倍くらいの時間をかけて、シャワーで丁寧に洗い流すことをお勧めします。
毎日当たり前のようにシャンプーをしていたのですが、いかに頭皮ケアが大事かを知ることができました。
本物研究所では、おススメのシャンプーを多数ご用意しております。
よろしければ、下記のバナーをご覧くださいませ。

https://www.honmono-ken.com/
・ジザニアシャンプー
・クマザサシャンプー
・神農シャンプー
・パーフェクトシャンプー

最後までお読みくださりありがとうございます。
時節がらお身体をご自愛くださいませ。
ありがとうございます。


21周目:「楽しむこと」
22周目:「諦めない気持ち」
23周目:「諦めない気持ち パート2」
24周目:「想いをつなぐ」
25周目:「名将」
26周目:「想いをつなぐ」
27周目:「感謝」
28周目:「情熱」
29周目:「継続は力なり」
30周目:「仏の心で鬼になれ」
31周目:「ありがとう」
32周目:「月のテンポで生きる」
33周目:「生きる」
34周目:「お掃除」
35周目:「一球入魂」
36周目:「ほんもの健幸フォーラムを開催いたします。」
37周目:「散歩」
38周目:「運気を上げる」
39周目:「デトックス」
40周目:「言霊」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.10 ・2016.09 ・2016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター