船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
誕生日
2016.9.29(Thu)
社名:(株)本物研究所
名前:内藤 佳央里

みなさまこんにちは。
いつも舩井幸雄.comをご覧いただき、ありがとうございます。
少しずつ日暮れの時間が早くなり、秋の気配を感じられるようになりました。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

さて9月は私の誕生月でもあります。
30歳という節目の誕生日となりますが、私はずいぶんと前から
早く30歳を迎えたくてうずうずしていました。
なぜ待ち遠しかったかと言いますと、私の個人的な考えですが
女性は30歳から輝きだすと信じているからです。笑。
私の憧れる女性は、皆30代から上の落ち着いた女性ばかりです。

もう一通り経験済みの彼女たちは人生の楽しみ方、落ち込んだ時の対処法、
誰かに甘える術、自分一人でも生きていく方法など人生において
必要と思われるものが全て備わっているように思えてならないのです。
20歳そこそこからお付き合いさせていただいていますが、
私もあんな風に自分の足で立って一度きりの人生を
楽しめるようになれたらとずっと憧れていました。

そして30歳までのカウントダウンに入ったとき、
今自分はどういう女性になっているだろうと考えました。
安全に安全にと安全な道を選びすぎていないか。
冒険をすることを忘れていないか。
私の色がちゃんと出せているだろうか。
周りにいる人を大切にできているだろうか。
色んなことをこの数日間考えています。

キラキラとした人生を送りたい。
華やかでなくていい。
もし明日が人生最後の日ならこの人生
ありがとうと思いたい。
この人生で良かったと思いたい。
そんな風に自分が自分であることに感謝できれば、
自然と生んでくれた両親や私と関わってくれた
たくさんの人に感謝できると思います。

今年の誕生日は色々振り返りながら
そして新しい自分に成長できるような
女性としても輝きを増す1年となるよう
精一杯楽しんでいけたらいいなと思います。

ここまでお読みくださりありがとうございました。


37周目:「散歩」
38周目:「好きなものノート」
39周目:「耳が聞こえない両親から学んだこと」
40周目:「スポーツの夏」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.10 ・2016.09 ・2016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター