船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
私が最近はまっているもの
2016.9.14(Wed)
社名:(株)本物研究所 営業グループ 本部長
名前:横濱 朋子

みなさん、こんにちは。
9月になりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。
先日、空を見上げていたら、なんと「ハート型の雲」を見つけましたので
皆さんにもシェアさせていただきます。
普段 下ばかり見ているとなかなか気づきませんが
時々空を見上げてみることもたいせつだなと感じました。

さて、今回は私がはまっているものに関して
お話をさせていただきます。
ずばり「甘酒」づくりにはまっています。
飲む点滴ともいわれているのはみなさんも
ご存じだと思います。

お恥ずかしながら
自分が甘酒を作り始めてから知ったのですが、
甘酒には2種類あります。
米麹から作るタイプの甘酒と
酒粕から作るタイプの甘酒があります。
どちらにもそれぞれメリットがあるのですが
今回は米麹から作るタイプの甘酒について。

点滴といわれるくらい栄養価が高いと聞けば、
いったい甘酒のカロリーはどのぐらい高いのか気になりますよね。
ところが、米麹から作った甘酒は100gでカロリーが81kcalです。
ご飯でしたら100gで167kcalですから、
驚くほど低カロリーであると分かります。

逆に低すぎて、なぜこんなにカロリーが低いの?
と疑問に思うかもしれません。
理由は、米麹から作る甘酒の甘みは、でんぷんが発酵し、
糖化することでもたらされるものだから。
こってりとした甘さがあるのに低カロリーで、ダイエットの味方となってくれます。

現代では、甘酒は冬に飲むものというイメージが
あるように思いますが、江戸時代は、疲労回復のために
夏場に飲むものだったそうで、甘酒屋さんが
街で販売されていたそうです。
ちなみに甘酒は江戸時代には大人も子どもも夏バテ防止のために
冷たい甘酒を飲んだそうで、俳句の世界では「甘酒」は夏の季語となっているとのことです。

米麹甘酒にはこんな効果があるそうです。
1.美白、美肌効果……甘酒に多く含まれるビタミンB群には体内の糖質や脂質・
タンパク質を代謝して皮膚や粘膜などの細胞を活性化させる働きがあります。

そのほか、コウジ酸がたっぷりと含まれています。このコウジ酸、肌の大敵とも
いえるメラニンを抑制する効果があって、シミ・そばかす予防効果が期待
できます。その他、肌の弾力に必要なコラーゲン、エラスチンを、コウジ酸が
有害な活性酸素から守ってくれ、シワ・たるみを防ぐ役割も果たすといいます。

さらに、米麹甘酒にはアルブチンも含まれ、コウジ酸とともに抗酸化作用を
発揮します。これらは美容液の主成分であることから、甘酒は「飲む美容液」と表現されます。

また人のカラダは約20種類のアミノ酸によって作られているといわれますが、
そのうち体内で作ることが困難で、食物から摂らなければならないとされる
アミノ酸が9つあります。これを「必須アミノ酸」といい、甘酒はこれら必須
アミノ酸もバランスよく含み、肌の乾燥を防ぐのに一役買ってくれます。

2.栄養補給で風邪予防……B2、葉酸、オリゴ糖、食物繊維やブドウ糖などです。
このラインナップは点滴とほとんど同じだとか。このことから最近ではよく甘酒の
ことを「飲む点滴」と表現します。

栄養価が高いので、風邪予防のために飲むのもよいようです。また妊婦さんや
産後の栄養補給にも同様の理由からおすすめです。妊娠中に積極的に摂り
たいとされる葉酸が含まれる点も見逃せません。

3.便秘を解消……甘酒に含まれるオリゴ糖は腸内の善玉菌のえさになって
腸内環境を整える効果があるといわれています。また甘酒には水溶性の
食物繊維も豊富に含まれるため、これが腸内で働いて便を排出するのに一役買ってくれます。

4.疲労回復効果……疲労回復には栄養バランスのよい食事と十分な休養が
必要です。甘酒を構成する成分は市販の滋養強壮剤に含まれる有効成分と
かなり近いものですから、市販のドリンク剤と同じ感覚で甘酒を飲めば
夏バテ解消に効果が期待できます。

さらに、甘酒を毎日飲むと、豊富な栄養の効果で免疫力がアップし、
疲れにくくなるのだとか。たとえ疲れても回復が早い体質になれることも
期待できます。

5.髪を元気に……甘酒に含まれるビタミンのうち「ビオチン」という成分は
タンパク質の生成に必要な栄養であるといわれます。甘酒によって
「ビオチン」をたっぷりと摂取することで、髪を美しくし、頭皮の状態を理想の
状態にキープする効果が期待できます。
また髪の主成分であるタンパク質生成が活発になりますので、
なんと薄毛対策にも有効であるとか。

私は、福井県にある「マルカワ味噌」さんから
自然栽培の生の米麹を取り寄せて、それに
自分の生まれたところの水を1:1で入れて
炊飯器の保温で8時間くらいかけてゆっくりと
つくります。
途中、4時間くらいしたところで一回かき混ぜて
8時間くらいしたところでもう一度かき混ぜます。
マルカワ味噌 ホームページ↓
http://marukawamiso.com/item-cat/malt

自分で言うのもなんですが、とっても美味しいんですよ。
私は朝食は食べずに、甘酒を100ミリくらい飲んで、会社に出社しています。
時々、ショウガを混ぜたり、きなこをかけたり、ミネラルとして
お塩を足してみたり、いろいろ楽しみながらいただいています。
そうすると一日本当に元気に乗り切ることができます。

とても簡単ですので、みなさんもぜひ試されてみて下さい。

もし作るのが苦手……。
そんな方には、当社で取り扱わせていただいている
【和音(わおん)】
【甘音(かのん)】

という甘酒がおすすめです!

では、皆さま、お元気でお過ごしください。


2周目:「天災を経験して」
3周目:「大地震」
4周目:「いざ鎌倉へ!はせ参じるらん」
5周目:「肥田式強健術とは」
6周目:「一流の集中力」
7周目:「記者クラブ」
8周目:「こころの故郷『森のイスキア』」
9周目:「絆」
10周目:「奇跡の七号食」
11周目:「竹布(たけふ)という神様からの贈り物」
12周目:「被災地に行ってみて感じたこと」
13周目:「太陽の恵みをご家庭に!」
14周目:「祈り」
15周目:「あいうべ運動」
16周目:「一週一菜」
17周目:「モチベーションの保ち方」
18周目:「才能と出会う5つの瞬間」
19周目:「奇跡の牛乳」
20周目:「乳脂肪分3.8の秘密」
21周目:「天からの贈り物 『守布(mamorinuno)』」
22周目:「舩井会長」
23周目:「弁当の日」
24周目:「みのり」
25周目:「女川に行ってきました」
26周目:「ぷくぷく発酵 自然に学ぶ酒造り」
27周目:「竹布の人形作りにチャレンジ」
28周目:「感動の石庭」
29周目:「泳ぐホタテ?!」
30周目:「断捨離の秘訣」
31周目:「初めての『ひしお(醤)』」
32周目:「私の健康法」
33周目:「バリのアニキ」
34周目:「霰粒腫と向き合う」
35周目:「まるでごはん?!」
36周目:「息(いき)を変えれば、生き方が変わる」
37周目:「初めてのインフルエンザ」
38周目:「サムハラ サムハラ」
39周目:「最近ハマっているもの」
40周目:「生まれた日には意味がある」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.10 ・2016.09 ・2016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター