船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
女川に行ってきました
2014.8.1(Fri)
社名:(株)本物研究所 商品企画グループ マネージャ
名前:横濱 朋子

奥に見える病院の一階まで津波が来たそうです。これから数年かけて街の復興が進んでいく予定です。

漁船に乗せていただき、ホヤの漁を間近で見せていただきました。

とれたてのホヤは鮮やかな朱色をしていました!

皆さん、こんにちは。
蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

さて、先日、とれたての「ホヤ」を楽しむために宮城県女川町に行かせていただきました。

震災から3年が過ぎて、やっと出荷できるくらいの大きさになったそうです。

もともとホヤは、80%が韓国へ輸出されていたそうなのですが、震災後は、輸出が行われていません。
(漁師さんたちは甚大な被害をうけているようです。)

ホヤは宮城県あたりから北海道の沿岸の広い範囲でとれる海産物なのですが、食べたことのある方はまだまだ少ないのではないでしょうか?

ホヤは「海のパイナップル」ともいわれていて、低カロリーなのに鉄や亜鉛が豊富で、造血作用があります。

とれたてのホヤはなんともいえないうまさと苦さが入りまじり、とっても美味しいので
ご興味のおありになる方はぜひ食していただいて、引き続き東北の応援をしていただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。


2周目:「天災を経験して」
3周目:「大地震」
4周目:「いざ鎌倉へ!はせ参じるらん」
5周目:「肥田式強健術とは」
6周目:「一流の集中力」
7周目:「記者クラブ」
8周目:「こころの故郷『森のイスキア』」
9周目:「絆」
10周目:「奇跡の七号食」
11周目:「竹布(たけふ)という神様からの贈り物」
12周目:「被災地に行ってみて感じたこと」
13周目:「太陽の恵みをご家庭に!」
14周目:「祈り」
15周目:「あいうべ運動」
16周目:「一週一菜」
17周目:「モチベーションの保ち方」
18周目:「才能と出会う5つの瞬間」
19周目:「奇跡の牛乳」
20周目:「乳脂肪分3.8の秘密」
21周目:「天からの贈り物 『守布(mamorinuno)』」
22周目:「舩井会長」
23周目:「弁当の日」
24周目:「みのり」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.09 ・2014.08 ・2014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター