船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
日本の伝統
2019.12.9(Mon)
社名:(株)本物研究所 営業グループ
名前:坂部 志穂

みなさまこんにちは!本物研究所の坂部と申します。
販売店様を担当させていただいております。
今年も残すところ、約3週間となりました。
今月は、大掃除や新年を迎える準備をする時期でもありますね。

さて、元日は新たな年を迎える特にめでたい日として、格別の祝いの節句とされ、お正月に食べるものをおせち料理と言われています。
元日は年神様をお迎えし、1年の豊作と家族の安全を祈願します。三が日の間は、神様をお迎えしているため、炊事をしないという風習から日持ちのする料理を年末に作っておいて、三が日の間はそれを食べる慣わしがあります。
子供の頃は、祖母がおせちを作っていたので、お手伝いをさせてもらいながら習わしや食材の意味を教えてもらったことをこの時期になると思いだします。
ここでおせちの食材に触れてみたいと思います。

◎祝い肴

黒豆(黒豆の煮物)
黒く日焼けするほど達者(マメ)に働けるようにと、無病息災を願ったもの。

お多福豆(大粒の皮つきソラマメの煮物)
福が多いことを祈願したもの。

数の子
数の子は卵の数が多く、子孫繁栄を願ったもの。

くるみ
くるみの殻が固いことに由来して家庭円満を願ったもの。

田作り(ごまめ)(鰯の幼魚の佃煮)
「ごまめ=五万俵」「田作り」ともに五穀豊穣を願ったもの。

伊達巻
巻物に似た形から、文化・学問・教養をもつことを願ったもの。

紅白かまぼこ
紅白のおめでたい色で、祝いの縁起物。

栗金団(くりきんとん)
金団は金色の団子を表し、金銀財宝を意味しており、金運を願ったもの。

たたきごぼう(酢ごぼう)
ごぼうは地中深く根を張ることから用いられ、豊年と無病息災を願ったもの。

◎焼き肴

鰤(ぶり)の照り焼き
出世魚であることにあやかって、出世を願ったもの。

鯛の焼き物
めでたいの語呂合わせによる縁起物。

海老の焼き物
ひげが長く、腰が曲がっている形状を老人になぞらえて、長寿を願ったもの。

◎酢の物

紅白なます(人参と大根の酢の物)
紅白のおめでたい色で、お祝いの水引を表したもの。

酢蓮(れんこんの酢の物)
穴の多いれんこんは、将来の見通しがよくなるようにと願ったもの。

◎煮物

昆布巻き
「喜ぶ」の語呂合わせから縁起物とされる。また、伊達巻と同じく巻物ににた形状から、文化・学問・教養をもつことを願ったもの。

手綱こんにゃく
こんにゃくを手綱に見立てたもの。武家社会の名残。

◎煮しめ

れんこん
将来が見通せるようにと願ったもの。

里芋
親芋が大きいことに因み、出世を願ったもの。また、親芋に小芋がたくさんつくことから、子宝を願ったもの。

梅花にんじん
人参をおめでたい梅花になぞらえて飾り切りしたもの。

亀甲椎茸
椎茸を長寿の象徴である亀の甲羅の形に飾り切りしたもの。

金柑
「金冠」に通じ、財宝を意味し、金運を願ったもの。

こんなに沢山の品数があり、個々に意味があることを改めて感じました。
最近では、デパートなどに注文する家庭が増えていると聞きますが、それぞれの家庭の味を大切に守っているご家庭もあると聞きます。
そんな私は一部の食材のみ作っていましたが、今年は祖母に教わったことを思い出しながら作ってみようと計画中です。
日本の文化であるおせち料理を未来の子供たちに残していきたいと感じる今日この頃です。

最後までお読み下さりありがとうございます。
時節柄、お身体を大切によい年末年始をお過ごしくださいませ。

▽ヨーロッパ屈指のヒーラー イワン・リビャンスキー氏 来日特別講演会開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
申込ページ→ https://pro.form-mailer.jp/fms/2359fd1d165472

2月15日(土)福岡会場(定員 50名)
むらつ歯科クリニック会議室
住所:福岡県福岡市博多区博多駅前2-5-9 歯臓ビル7F
会場地図URL: https://muratsu-dc.jp/clinic/

2月16日(日)大阪会場(定員 40名)
エル・おおさか会議室南734号室
大阪府大阪市中央区北浜東3?14
会場地図URL: http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

2月22日(土)東京会場(定員 50名)
会場:TKP田町カンファレンスセンター
東京都港区芝5丁目29番14号 田町日工ビル2F
会場地図URL: https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tamachi/access/

時間:13:00〜15:30(予定)
会費:2,000円(税込)

主催:株式会社本物研究所 営業グループ(TEL:03-3457-1271)
お申し込みはこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/2359fd1d165472


21周目:「楽しむこと」
22周目:「諦めない気持ち」
23周目:「諦めない気持ち パート2」
24周目:「想いをつなぐ」
25周目:「名将」
26周目:「想いをつなぐ」
27周目:「感謝」
28周目:「情熱」
29周目:「継続は力なり」
30周目:「仏の心で鬼になれ」
31周目:「ありがとう」
32周目:「月のテンポで生きる」
33周目:「生きる」
34周目:「お掃除」
35周目:「一球入魂」
36周目:「ほんもの健幸フォーラムを開催いたします。」
37周目:「散歩」
38周目:「運気を上げる」
39周目:「デトックス」
40周目:「言霊」
41周目:「頭皮ケア」
42周目:「11月1日は寿司の日」
43周目:「10歳若返る秘訣をお伝えします!!」
44周目:「ほんもの健幸フォーラムin東京」
45周目:「愛情」
46周目:「食の大切さ」
47周目:「世代交代」
48周目:「自律神経の役割と大切さ」
49周目:「ご縁」
50周目:「食欲の秋」
51周目:「21世紀は心の時代」
52周目:「笑う門には福来る!」
53周目:「春がそこまで」
54周目:「からだのお掃除」
55周目:「あたりまえのこと」
56周目:「人生を大きく変える4つの秘訣」
57周目:「代々続く」
58周目:「素晴らしい!感動!」
59周目:「想いをカタチに!」
60周目:「ありがとうプロジェクト」
61周目:「福拾い530運動」
62周目:「マコモ」
63周目:「初詣」
64周目:「習い事」
65周目:「執念」
66周目:「ルーキー」
67周目:「セカンドオピニオン」
68周目:「チャレンジ」
69周目:「リフレッシュ」
70周目:「手から手に」
71周目:「地域密着」

バックナンバー
バックナンバー
2020年
2020.102020.092020.082020.072020.062020.052020.042020.032020.022020.01
2019年
・2019.12 ・2019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com