船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
21世紀は心の時代
2017.11.28(Tue)
社名:(株)本物研究所 営業グループ
名前:坂部 志穂

いつも舩井幸雄ドットコムをご一読いただきありがとうございます。
本物研究所の坂部と申します。
寒さも日に日に増しておりますが、皆様おかわりございませんでしょうか?

さて、皆さんはお正月にしめ縄を飾ると思いますが、出雲大社、神田明神のしめ縄は「マコモ」で出来ていることをご存知でしょうか?
私は本物研究所でも販売している、気仙沼産のマコモを原料としたマコモを毎日飲んでいます。そこで、マコモを製造、販売している株式会社リバーヴの小野寺文栄会長がFacebookに書かれておられる言葉で、“ストーン”と心に響いた言葉をご本人了承のもとでご紹介させていただきます。

「その1」
マコモを通じて健全な「の」の社会の実現を目指して活動中
「の」はパワー
「の」はエネルギー「の」は氣
「の」は渦
「の」は宇宙
「の」については書ききれないので、セミナーで伝えられたらと思います。
マコモ誕生の動機……(マコモの不思議その1)
マコモは、白鳥を通じて植物の真菰に発明者が白鳥より伝授された方法を施すと、独自の微生物が植物の真菰に卵の状態で生まれます。
その時点で、植物の真菰は植物の真菰でなくなり、弊社のマコモとなるのです。

「その2」
健康である、と言うことは、
病気に、
かからない、
とゆう事が、
第1です。
常に、
病いを、
跳ね除ける、
自分に、
優しい、
強い、
体質環境であり続けていたいものです。
マコモは、
常に願っています。
人間、
誰しもが、
生まれながらにして、
大自然から、
すべてを、
治癒させる事の出来る、
大自然治癒能力を与えられて、
生まれてきている。

マコモの発明者、
(故)小野寺広志は、
1人でも、
多くの人たちに、
本当のマコモの、
素晴らしさを知って欲しい、
と生前よく、
話していました。
それが、
なかなか表現が難しく、
規制もあり、
伝えきれない。
本当に残念でなりません。
マコモの本当の働きを知る事が出来たら、
マコモを要らないと思う人はいないと思う。
マコモとは、
本当にそのような、
ものなのです。
早くセミナーを開いて皆さんに伝えたいと、
思っております。
マコモが誕生したのは、今から約100年前になります。
マコモの発明者、(故)小野寺広志氏によって生まれました。
正にマコモの誕生は、神計画に基づいて生まれて来たように思えてなりません。
発明者は、常々、21世紀はマコモの必要な時代になる。
その時が来たと、現代の自然環境や社会環境を見ると思えてなりません。
発明者は既に、21世紀の、今の環境を見据えて語っていましたね。
ますます悪くなる自然環境や社会環境、そして体質環境に、負けずにマコモを通して元気に、楽しく、明るく、ハッピーに生きていきましょう。

「その3」
病氣
病に気を入れたら病氣は育ち、
病氣から気を抜けば
病氣は縮んで消えて行く。

命は
聴いてくれた人に優しく、具体的に健康になれる方法、道を、
例え話しで、分かり易く伝えてくれます。
例えば、今あなたが家を新築したとします。
その新築したばかりの家に、あなたは一人住むことになりました。
家は広くて、自由です。
快適です。
この状況が、バランスと調和が取られた、健全で健康な姿です。
そこへ、どんどんと、買い込んだ荷物が運び込まれて自由で快適だったスペースが狭くなり、身動きが出来なくなる様な状況となりました。
動きが自由に出来ません。
苦しくなって来ました。
何とか自由を得る為、大事であるが、買い込んだ荷物を捨て少しの自由を確保し、何とかギリギリ、生きている。
捨てた荷物が病氣の発生で、その病気が生まれたお陰で、ギリギリではあるが、生きていられた。
病気に感謝。
心から感謝。
この後に付いてはこの次に。


以上です。他にお知りになりたい方は、Facebookで小野寺文栄 様にお友達申請をしてみてください。
申請の際は、舩井幸雄ドットコム社員コラム坂部を見て、と記載くださいませ。

日本に古くから伝わり続けるマコモを、多くの方に知っていただけたら嬉しく思います。
最後までお読みくださりありがとうございます。
寒い日がつづきますので、暖かくしておすごしください。
ありがとうございます。


21周目:「楽しむこと」
22周目:「諦めない気持ち」
23周目:「諦めない気持ち パート2」
24周目:「想いをつなぐ」
25周目:「名将」
26周目:「想いをつなぐ」
27周目:「感謝」
28周目:「情熱」
29周目:「継続は力なり」
30周目:「仏の心で鬼になれ」
31周目:「ありがとう」
32周目:「月のテンポで生きる」
33周目:「生きる」
34周目:「お掃除」
35周目:「一球入魂」
36周目:「ほんもの健幸フォーラムを開催いたします。」
37周目:「散歩」
38周目:「運気を上げる」
39周目:「デトックス」
40周目:「言霊」
41周目:「頭皮ケア」
42周目:「11月1日は寿司の日」
43周目:「10歳若返る秘訣をお伝えします!!」
44周目:「ほんもの健幸フォーラムin東京」
45周目:「愛情」
46周目:「食の大切さ」
47周目:「世代交代」
48周目:「自律神経の役割と大切さ」
49周目:「ご縁」
50周目:「食欲の秋」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.12 ・2017.11 ・2017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター