船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
可能性
2020.4.27(Mon)
社名:(株)本物研究所
名前:三浦 慎也

いつもありがとうございます。
株式会社本物研究所、三浦慎也です。

この新型コロナウイルス、「COVID-19」で、
現在、不都合に感じることや、
理不尽さを感じること等、様々な諸問題が
発生していることと思います。

それは今までのやり方に、急な方向転換を強いられたことからだと推測します。

現状の出来事は出来事としてとらえ、
先、未来を見据えてどう対応していくか。
今一度深呼吸をして、今までのやり方に固執することなく、
臨機応変に、柔軟に対応できないものかと考えます。
やり方に固執してしまうと、自然と自分自身に
限界をつくってしまう傾向があります。

メンタル面で考えると、今どんな心境にあるのかを
言い表す、表現することで苦痛を軽減できるといわれています。
声に出すことや、紙に書くことで効果が得られるようです。

心が変われば 行動が変わる
行動が変われば 習慣が変わる
習慣が変われば 人格が変わる
人格が変われば 運命が変わる
運命が変われば 人生が変わる

一度目にしたことがあるかと思います。
この中の初めにある
「心が変われば 行動が変わる」
という言葉を逆に考えます。
「行動が変われば 心が変わる」
現在、行動が制限されております。
その行動に変化を加える。
外出の目的にもよりますが、人混みから避けるために
早朝に外出をする。
友人と会うことができなければ、
テレビ電話をするなど、ちょっとした行動で
心が変わり、次第に習慣へと変わり
人生が変わっていくのではないでしょうか。

今、外出自粛の要請やテレワーク等から自宅で過ごす時間が多いと思います。
そのため「コロナうつ」になる傾向があると言われています。
改善策としては、一日のスケジュールの設定と管理を
家族、友人等と共有する。
プライベートと仕事の空間や、パタッとパソコンを閉じるなどの
オンオフの切り替えをし、散歩や読書、お茶を飲んでリラックスをする等
時間を設定し脳をリフレッシュさせる必要があります。
そして孤独感を感じないために、コミュニケーションをとる。
家族、友人との会話、メール、文字よりも電話、声よりもテレビ電話、
相手の姿、表情が見える状態の方が安心感が得られます。

免疫力アップのために偏りがちになる食事に気を付けたり、
睡眠等の規則正しい健康習慣を持続させることも必要です。

ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、
笑いと涙にはストレスがリセットされると言われており
脳に良いとのことです。
ストレスが減少することで、乱れていた自律神経系、内分泌系、
免疫系のバランスを整える作用があります。
笑うときは横隔膜を使うため、心肺機能が高まり、
生活習慣病の予防につながります。
また、糖尿病・アレルギー病の悪化の原因となるストレスを取り除くほか、
体内バランスが整うことで、症状の改善が期待されると
言われています。
また涙、泣くことには笑うこと以上に、ストレスを激減させ、
体内のバランスを正す効果があるようです。
過激なストレスに対しては、泣くことのほうがより効果が高いとのこと。
病気や仕事の行き詰まり、家族や友人の死など
ひどくつらい状況にある場合は、無理に我慢しないで
泣くことでストレスをリセットできるとのこと。

是非このGWでは、DVDをレンタルしたり、YouTube等で
笑いや涙を取り入れ、ストレス軽減、こころのリセットを
目的としたステイホームプロジェクトの休日として過ごす。
これから先の未来への可能性、良い世の中づくりに向けて、
健康づくりをしていきませんか。

ちなみに僕のYouTubeは、
笑いは【アナウンサー 放送事故 笑い】
涙は【プロポーズ 感動】で検索して観ています。 



共感等のご意見がございましたら、こちらにメッセージをお願いします。
miura@honmono-ken.com


23周目:「舩井☆SAKIGAKEフォーラムを楽しむ」
24周目:「舩井☆SAKIGAKEフォーラム 新たなこころみ『ワイルドカード枠』」
25周目:「さまざまな角度から」
26周目:「開催まで、もうすぐです。」
27周目:「自分が自分の人生に本気になる。」
28周目:「三浦の法則」
29周目:「「君が代」の奥深さ」
30周目:「電車の中であらためて感じること」
31周目:「幸せの和」
32周目:「占い師、そして出版社、飲食店、占いの館の経営、さらにコンサルタント業」
33周目:「活字ではなく漫画」
34周目:「意識」
35周目:「生命エネルギー医学」
36周目:「反省から始まる1日」
37周目:「一日の疲れを癒す3点セット」
38周目:「ツキが舞い込んでくる人生、過ごしていらっしゃいますか?」
39周目:「水の種類」
40周目:「ダイエットに挑戦された方、必読です。」
41周目:「毎月29日は“肉の日”」
42周目:「いいシャンプーの見分け方」
44周目:「2016年12月の年末に…」
45周目:「健康になる園舎」
46周目:「勝手に師匠」
47周目:「本は「わかろう」としてはいけない。」
48周目:「電子水をご存知ですか。」
49周目:「ミトコンドリアと電子」
50周目:「2018年の手帳をスタートしました。」
51周目:「ひとつの健康法」
52周目:「2018年のスタートとして…」
53周目:「副腎疲労」
54周目:「睡眠の姿勢」
55周目:「ありがとうございました。」
56周目:「サービスにホームランバッターはいらない」
57周目:「魂の継承」
58周目:「目につくもの」
59周目:「最近、耳にすること」
60周目:「手帳、10月はじまり」
61周目:「舩井幸雄が愛した「宮古島」の生命力の強いハーブに注目」
62周目:「2018年を振り返り」
63周目:「看板のないお店」
64周目:「「今なんじゃないか?」宮古ビデンス・ピローサ」
65周目:「桜、お花見、これからは「予祝」です。」
66周目:「令和!おめでとうございます!」
67周目:「最近気になる人」
68周目:「プラス発想の分解」
69周目:「メモをとる」
70周目:「人それぞれの感じ方で」
71周目:「良い世の中づくり」
72周目:「年賀はがき」
73周目:「水の音」
74周目:「気を付けないと」
75周目:「最近のキーワードとオレ流解釈」

バックナンバー
バックナンバー
2021年
2021.042021.032021.022021.01
2020年
2020.122020.112020.102020.092020.082020.072020.062020.05 ・2020.04 ・2020.032020.022020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note