船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
まずはマネをして自分なりに考えて
2014.7.28(Mon)
社名:(株)にんげんクラブ
名前:柴切 純子

皆さまこんにちは。今日からこの社員コラム「本音で生きよう」は25周目を迎えます。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
にんげんクラブの柴切です。

昨年11月に四ツ谷セミナールームでにんげんクラブ主催講演会が始まって、
今までになんと、のべ1000人以上の方が、参加してくださいました。
http://www.ningenclub.jp/event/index.html

私自身も本当にたくさんの貴重な出会いをいただいて、
ありがたい思いでいっぱいです。

講演会の様子は、毎回カメラマンの方がビデオに収めていてくださいます。
参加できなかった方や、遠方の知り合いにも見てもらいたいという、
たくさんのリクエストにこたえて、
DVDの作成もいそがしくなりました。

コピーをするためにどうしたらいいか、
パソコンで調べているうちに、
いらないものまでインストールしてしまったようで、
困っていましたが、
アンインストールすればきれいになることを教えてもらい、
なんとか正常にもどりました。

そういえば、自宅のパソコンも同じかもしれないと、
連休中に家のパソコンも、すっきりと復活しました。

わかっている人にとっては、なんということないことかもしれませんが、
知らないということは、こういうことですね。

近くの建設現場でタイル貼りをしていた職人さん。
タイルを細かいサイズに合わせて、きれいに割るなんて、
素人が考えたら、すごい大変なことのようですが、
職人さんは、タイルをカットする道具を持っていて、
目盛りに合わせてすっとレバーを動かすだけで、
きれいにタイルを切っていました。
もちろん、道具を使いこなすのも大変なことですが、
プロというのはこういうものですね。

道具を持っているのと持っていないのと、
知っているのと知らないのと、
本当に雲泥の差!!

私は、けしてプロとは言えませんが、
まずは先輩方のマネをして、自分なりに考えて、
少しでも多くの人に喜んでもらえるように、
努力していきたいと思います。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


12周目:「ほんものに出会うこと」
13周目:「次の山を目指して」
14周目:「青空を見上げながら」
15周目:「ことむけやわす」
16周目:「うしとらの夫婦」
17周目:「目には見えないけれど」
18周目:「素直に生きる」
19周目:「日本人の誇り」
20周目:「環境に感謝」
21周目:「希望の言霊」
22周目:「新しい出会いを」
23周目:「かみさまとのやくそく」
24周目:「今度はエドガー・ケイシーです!」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.08 ・2014.07 ・2014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター