船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
家族の宝物
2015.8.7(Fri)
社名:(株)にんげんクラブ
名前:江尻 みゆき

 暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 私は、先日の日曜日に二男の中学最後の野球の公式戦を応援しに行ってきましたが、
あまりの暑さでバテバテになってしまいました。
 家に帰って冷たく冷やした桃を食べたらおいしいのなんのって、、、幸せいっぱいになりました。

 さて、今日は私の弟の誕生日なので、少々弟のお話をさせていただきたいと思います。
弟は本日で49歳になります。
 生まれたばかりの時、10歳まで生きられるかどうかわからないと出産に立ち会った先生に言われたそうです。なぜならば、弟はダウン症で心臓に欠陥があったからです。父が先生から聞き、「奥さんにはまだ伝えない方がいいですよ」と言われたにもかかわらず、心にとどめておくことができない性分の父はすぐに母に事実を伝えたそうです(それも今では笑い話になっています)。その時5歳だった私はぼんやりとその父と母とのやり取りを覚えています。その時はまったく理解ができませんでしたが、自分自身が親となった今ではよく両親の気持ちがわかります。父は先生から話を聞いた後、呆然としてしまい、母のいる病室にどうやって行ったかまったくわからなかったと、今でもその時のことを話してくれます。大変な苦労もたくさんあったかと思いますが、両親は弟のことを「我が家の家宝。」「我が家の天使。」「我が家の平和。」といって大切に育てていたと思います。 だから、私や妹は弟が小さい頃は世界で一番かわいい赤ちゃんだと思っていましたし、周りの方々が本当に弟のことをかわいがってくれていたことも覚えています。弟は高校を卒業して、木工製作所に勤めたのち、銀行のカフェテリアの洗い場で15年働いて表彰もされるような頑張り屋さんですが、不況のため、退職をすることになり、現在我が家で両親の介護を手伝ってくれています。確かに、小さい頃は両親もいろいろな思いの中での子育てだったかと思います。しかし、今弟が両親を支え、助けてくれている姿を見ると本当に「我が家の家宝。」「我が家の天使。」「我が家の平和。」であったんだなと思います。
 何回もその言霊が響いて我が家の絆は深いものとなったのかもしれません。
 だからこそ今日は盛大な誕生日にしてあげなくっちゃと思います(毎年そうなのですが)。

 さて、にんげんクラブでは8/28(金)(実は妹の誕生日、、、)に
船井セミナールームで清水浦安先生の「ワンドロップ・セミナー」が開催されます。
 私たちの心が、魂に宿る宇宙創造の一滴(ワンドロップ)に合わせること(チューニング)ができていれば心を通して魂に歌声が響き渡るのだそうです。声を出すとき、歌うとき、言葉を発するとき、すでにこころと自分の魂が込められていると言っておられます。
 ご興味のおありの方はこちらからお申し込みください。
http://www.ningenclub.jp/blog01/archives/2015/05/828.html

 最後まで読んでいただきましてありがとうございました。


12周目:「私の自立への第一歩……」
13周目:「世界中の石は繋がっている」
14周目:「2012年変革の年」
15周目:「朝の集団行進」
16周目:「感謝」
17周目:「電車の中での出来事」
18周目:「愛と光のセッション」
19周目:「凛々しくなった先輩である、次男の親友のお兄ちゃん」
20周目:「いい本との出会いは人生を変える」
21周目:「天恵を受けながら生きる」
22周目:「愛と光に包まれて、、、」
23周目:「亡き叔母(ちいこばちゃん)を偲んで」
24周目:「輪廻転生」
25周目:「車窓の思い出」
26周目:「魂の木」
27周目:「バトンを、受けて、継ぐ。」
28周目:「にんげんクラブ主催「宇宙からのアポカリプスII」を終えて」
29周目:「居酒屋文化」
30周目:「運命の出会い」
31周目:「我が家のちょっとしたはなし」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.09 ・2015.08 ・2015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター