船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
アワのうた
2015.8.5(Wed)
社名:(株)船井本社 秘書室
名前:重冨 嘉代子

 連日の猛暑に、体調も不調になりがちです。
 信号を待っている僅かな時間でさえ、長く長く感じられます。
 みなさま、ご自愛くださいませ。

 今日は、にんげんクラブセミナーで評判の、
『黎明』(れいめい)の著者でもある葦原瑞穂(あしはらみずほ)先生のセミナーから、
お知らせしたいことがあります。

 『黎明』は、葦原先生が、構想を含め完成まで10年の歳月をかけて出された、
上下巻17章(700ページほど)にも及ぶ大作です。

 そして、発売から15年を経た今も重版を続けている、
精神世界のバイブルとも呼ばれるロングセラー本です。

 真理を学び、霊的向上に目覚めるために、普遍意識の世界を
丁寧に説かれてあります。

 『黎明』を出されてからも、葦原先生は沈黙を続けておられ、
一体どんな方なのだろうと噂されていました。

 ついにその沈黙を破り、2014年から講演会にも出演してくださるようになり、
にんげんクラブセミナーでのご講演も引き受けてくださいました。

 お話しのテーマは、あらかじめ決められたものではなく、
ご参加のみなさまから伝わるものから、話題にされるようです。

 次回作となる『黎明』の改定版の執筆も
だいぶ準備が進んでいらっしゃるようで、
毎回のご講演では、最新のエピソードも披露くださいます。

 前回7月25日の講演会では、
先生が自ら、「アワのうた」を歌ってくださいました。

 ホツマツタヱにルーツがあるという「アワのうた」。
 陰陽を組み合わせて配置されたものだそうです。

ア カ ハ ナ マ
イ キ ヒ ニ ミ ウ ク
フ ヌ ム エ ケ
ヘ ネ メ オ コ ホ ノ
モ ト ロ ソ ヨ
ヲ テ レ セ ヱ ツ ル  ※1
ス ユ ン チ リ
シ ヰ タ ラ サ ヤ ワ  ※2


※1 ヱ → イェと発音する
※2 ヰ → ウィと発音する

 「アワのうた」は、リズムや節に決まりがあるものでは
ないので、それぞれのうたい方で良いそうです。

 太古に日本を調えるために創られた「アワのうた」が注目され、
今、蘇る事に大きな意味が在るとお話しされました。

 「アワのうた」のやさしい音に心地よい言霊を感じました。


2周目:「にんげんクラブ東京大会で、“よりあい”実現しました。」
3周目:「緊急時から学んだこと」
4周目:「にんげんクラブ関西大会へご参加いただきありがとうございます。」
5周目:「沈黙と力」
6周目:「にんげんクラブ全国大会(パシフィコ横浜)で、お待ちしております。」
7周目:「よい思いが実現するとき」
8周目:「「祈り」つづける」
9周目:「心を開く」
10周目:「船井幸雄オープンワールド2012開催!! 皆様のご参加をお待ちしております。」
11周目:「よりあい」
12周目:「船井幸雄オープンワールド2012、着々と準備進行中です。」
13周目:「船井幸雄オープンワールド2012、ありがとうございます。 〜カタツムリのようなスピード、でも確実につたえられていくこと〜」
14周目:「良い思いを持ちつづけ、中道で」
15周目:「深呼吸」
16周目:「大人と子どものあいだ」
17周目:「ならば、どうする!」
18周目:「絶望から希望へ」
19周目:「より楽しく生きるために、プラス発想。」
20周目:「自然な自分の声を出しましょう」
21周目:「舩井幸雄の原点」
22周目:「すべては、必要・必然・ベスト」
23周目:「小さくて大きいもの」
24周目:「自分の枠をはずす」
25周目:「『舩井☆SAKIGAKEフォーラム2014』にぜひ、ご参加ください。」
26周目:「11月1日・2日は、パシフィコ横浜でお会いしましょう」
27周目:「明るい未来にするために」
28周目:「ハーモニーを求めるDNA」
29周目:「子孫へのラブレター、井上祐宏(ゆうこう)さん」
30周目:「船井本社グループは、四ツ谷に移転致しました」
31周目:「『舩井フォーラム2015』開催致します。みなさまのご参加をお待ちしています。」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.09 ・2015.08 ・2015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター