船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
長所と短所
2015.8.3(Mon)
社名:(株)本物研究所
名前:両角 真理子

 舩井幸雄.comをご覧の皆さま、こんにちは。
 株式会社本物研究所の両角真理子です。
 連日、猛暑日が続いております。
 体調にはどうぞご留意くださいませ。

 さて、本日は「長所」と「短所」について最近感じていることを書かせていただきます。

 単刀直入になりますが、本当は「長所」「短所」ってないかも!? と思ってしまいました。
 実は先日、朝礼にて代表の佐野も同様のことを話してくれ、考える機会となりました。

 「長所と短所は紙一重」とか、「誰にでも長所と短所がある」といわれますが、
いつから「長所」と「短所」という概念は生まれたのだろうと、
久しぶりに会った2歳の甥の無邪気な姿をみていて思いました。

 もしかしたら、私たちは日頃、「長所」「短所」という概念を通して
自身や人を判断するということを行っていないだろうか……

 思い返すと学生時代から、あなたの長所は何ですか?
短所は何ですか? と繰り返し質問されませんでしたか?

 自身の「長所」と「短所」を把握していることで自己分析力があるとされ、
評価の対象にもされてきました。

 幼い頃からの、それらの教えによって自己卑下や他者批判、劣等感、優越感など、
他者との比較を無意識に行ってしてしまっているのでは……

 目の前で、ただ自由に表現し、いまを生きる幼い子に対して、すべてが愛おしくて、
この子の性格や行動に生命の輝きを感じていた私がいました。
 出来ても、出来なくても笑顔でチャレンジし生き生きとしている姿に感動していました。

 私は、私たちがもっている本来のその人らしさとは、大人も子どもも同じなのではないかと思うのです。
 そのような視点に切り替えると、自身の常識を人にも求めない、
その人の個性を尊重できる心が育まれるような気がしてきます。

 だからこそ、舩井幸雄は得意なこと、好きなことをのばしなさいと言われたのかもしれない、と改めて「長所伸展法」について感じることができました。


 最後になりますが、本物研究所で、新商品!新林イオン冷風扇「健幸の滝」が発売となりました!
 多くの方がきっと使ってくださっている「新林の滝」の姉妹品でございます。
 舩井幸雄が生前、「新林の滝から冷たい風がでたらいいなぁ」という一言から開発された商品です。
 癒しの風たっぷり(波動測定士 山梨浩利氏測定済み)の冷風扇。ぜひ一度、弊社販売店へお問合せくださいませ。
http://www.honmono-ken.com/productlist/detail/?id=2473

 最後までお読みくださり、ありがとうございました。


2周目:「私の夢」
3周目:「いま思うこと」
4周目:「「伝える」と「伝わる」」
5周目:「出逢いからいただいたこと」
6周目:「未来のエネルギーを考える」
7周目:「本来の潜在能力を活かす香り」
8周目:「最近思うこと 〜ザ・マネーゲームからの脱出〜」
9周目:「1日を感じてる」
10周目:「「ほんもの商品」ストーリー」
11周目:「わたしの東京探訪」
12周目:「Finding flow!(フローの発見)」
13周目:「ご縁は特別なプレゼント」
14周目:「象さんのこどもも本当にお鼻が長いの?」
15周目:「日本人の絆」
16周目:「感じてますか?」
17周目:「水からのプレゼント」
18周目:「「幸働観(こうどうかん)」から学ぶ」
19周目:「合気道はじめました!」
20周目:「今を活かす」
21周目:「私が自分らしくいるために」
22周目:「株式会社本物研究所 企業理念“ほんもの”で笑顔をつなぐ」
23周目:「本物時代を感じながら……」
24周目:「心の声を聴く」
25周目:「人間関係について」
26周目:「より純粋に素直に感じる」
27周目:「いま私にできることを大切にしたい」
28周目:「光の療法 アーク光線治療器」
29周目:「現代ストレス社会の救世主!?」
30周目:「自分らしく生きるコツ」
31周目:「豊かさを生み出す季節!?」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.09 ・2015.08 ・2015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター