船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
想いは伝わる
2020.10.20(Tue)
社名:(株)船井本社 営業
名前:山田 陽子

皆様、こんにちは。
いつも、舩井幸雄.COM「社員コラム」をお読みいただき有難うございます。
ウイズコロナの中でも皆様が健やかにお過ごしになれますようお祈りいたします。

今感じていることは、
今年はコロナ感染防止のため、音楽活動などは、まだまだ、自粛しているところもたくさんあるようですね。テレビをみて感じていますが、特に合唱演奏は大勢で歌うことが醍醐味と思います。歌う側も見ている側も、「歌の力」で元気になれる気がします。

コロナの影響で、合唱演奏はマスク着用・ソーシャルディスタンスが必要などと言われて、開催できていないところも多く大人数でやることのリスクが伴われています。
今はオンラインやZoomでの開催、オーケストラや客席も、人数を減らしての演奏会、また無観客として演奏されている状況ですね。

私もアマチュア合唱団に所属していますが、コロナの影響で半年も練習ができず、どうしたら活動できるか、練習会場もマスク着用でないと歌えません。
いま「歌えるマスク」をプロの合唱団や、衣装をつくる生地屋さんでオリジナルな「歌えるマスク」を作っています。嬉しいですね。
普通のマスクは息苦しいので、大きな声が出せない。マスクなしでは歌えない。そんな中でこういうニュースは嬉しいです。

本番はさておき、練習で息苦しくなく飛沫を防げるマスクができたら、「歌の力」で元気が取り戻せますね。合唱に携わる方すべてが「歌えるマスク」に想いは伝わります。


【代表的な10月の花は】
「キク」「リンドウ」「ガーベラ」「コルチカム」「シュウメイギク」「ネリネ」「ダリア」「ジニア」「パンジー」「シクラメン」など。

【主な花言葉】
「シクラメン」
花言葉(全般): 「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」
「パンジー」
花言葉(全般): 「もの思い」「私を思って」
「ガーベラ」
花言葉(全般): 「希望」「常に前進」
「キク」
花言葉(全般): 「高貴」「高潔」「高尚」
「リンドウ」
花言葉(全般): 「悲しんでいるあなたを愛する」「正義」「誠実」
花言葉 由来インターネット検索より転載
https://hananokotoba.com/10gatsuhana/


☆月刊「ザ・フナイ」いつもご愛読賜り有難うございます。
まだ読んでいないという方、読んだことないという方、お読みになりませんか?
「ザ・フナイ」2020年11月号を発売中です。

11月号の特集は
2020年11月号の特集は、
大どんでん返しの米大統領選 歴史の転換点を目撃せよ!
【巻頭対談】 副島 隆彦(評論家)×舩井勝仁(本誌主幹)
  アメリカ分断と世界の動き

【連載】古歩道ベンジャミン・船瀬俊介・飛鳥昭雄・安西正鷹・金原博昭・松本紹圭
【短期集中連載】杉原哲也
【特別寄稿】吉原峰子、宋 靖鋼&周 軍
【コラム】渋澤健、赤塚高仁、片山エリコ、早川友久、土井広文、masany(マサニィ)
【主幹 舩井勝仁から】ウンコな議論
 (敬称略)
弊社ホームページ(エヴァビジョン・ストア)ご覧ください。単品1,650円(税込)  
http://evavision.shop-pro.jp/?pid=154287499

月刊「ザ・フナイ」(電子版)は 単品・定期購読もございます。ご覧ください。
http://evavision.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2217066&csid=0

 (敬称略)

                                                            
**************************************
いつも、デスクに立てかけて、今日は何かなと舩井幸雄語録をめくります。

「船井流 人生の気づきと学び」は舩井幸雄の言葉であり、大好きな言葉。
今日もこの言葉を胸に刻もうと・・。

皆様にも共有いただけたらと思い、今回はこの言葉二つをお伝えします。

☆すべての存在には意味がある
 ―気づきと学び―
自分が不要だと決めた時点でそれは不要になります
いまの時点で不要でも、のちに有用になる場合もあります
自分にとっては、無用に思えるものでも、
ほかの人にとっては、有用なものもあります
ときには長い目でみると、世界が違って見えてくるかもしれません


☆無理をしない生き方を心がけよう
―気づきと学び―
どういうときに無理をしますか?
もしも、その無理が理にかなわないことだとしたら?
理にかなうことは、自然なこと
自分のほんとうはやりたいことかどうか、
素直な心に聞いてみる時間をもちたいですね


**************************************

「令和」二年目、世の中は大変な状況です。そんな時こそ、今が大切!
【舩井流人生の気づきと学び】では「自分の身に起きることは、すべて自分が引き寄せている」と掲載されています。そのことを自分自身でよく考え、必要、必然なことと信じ、前へ進んでいこうと思います。読んでいただき有難うございます。 
                   出会いに感謝!!


36周目:「はじめまして!! 今日のこの瞬間を大切にしよう」
37周目:「桜」
38周目:「レクイエム」
39周目:「音楽と祈り」
40周目:「歌に込められた想い」
41周目:「曼珠沙華に魅せられて」
42周目:「忘れない。」
43周目:「ふるさと」
44周目:「恵方参りと神社」
45周目:「桜」
46周目:「須賀神社 四谷」
47周目:「初夏を彩る花々」
48周目:「故郷へ」
49周目:「感謝とコスモス」
50周目:「想い出」
51周目:「素敵な繋がり」
52周目:「写真展を訪れて」
53周目:「音楽・平和を願って」
54周目:「「リメンバー・ミー」を見て」
55周目:「感動・感謝」
56周目:「6月の季節」
57周目:「龍宮・般若姫伝説のあるお寺」
58周目:「言葉」
59周目:「輝き」
60周目:「自然の力」
61周目:「縄文」
62周目:「帰省(日本海)」
63周目:「今、思うこと」
64周目:「桜の季節」
65周目:「新宿御苑」
66周目:「四ツ谷の花々」
67周目:「新しい街での出会い」
68周目:「いま感じること」
69周目:「気になる言葉」
70周目:「今を生きる」
71周目:「言葉は大切」
72周目:「令和2年を迎えて」
73周目:「糸魚川翡翠」
74周目:「声を出して歌うことの大切さ!」
75周目:「いまこそ力を合わせて乗り切りたい」
76周目:「新たな気持ちで!!」
77周目:「笑顔を取り戻しましょう!!」
78周目:「自身の行動を考える」
79周目:「笑顔になれる方法」

バックナンバー
バックナンバー
2020年
2020.11 ・2020.10 ・2020.092020.082020.072020.062020.052020.042020.032020.022020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

ほんものワイン原産地ジョージア 塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com