船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
私が感じた日本の社会
2017.6.30(Fri)
社名:(株)本物研究所
名前:魏 威

 中国にいる頃、大学の先生から日本に留学に行くのであれ、仕事に行くのであれ、日本人の習慣を理解することは有利に働くといわれました。日本に7年間住んでいる私は、日本の文化と習慣も把握できていると思っていましたが、本物研究所に入社したら自分はまだまだ甘いと感じました。

1.仕事中に私的な電話やチャットをしていけない。
〜日本の大学にいる頃は、よく中国の友達とチャットしていました。

2.個人の手紙と荷物は、会社宛に送ってはいけない。
〜基本的に中国の会社は、個人の手紙と荷物は会社宛に送る場合が多いです。お金もかかりません。もちろんばれたらまずいですけど、みんなほぼやっています。この間、高木にソフトウェアのCDを借りようとしたら、これは会社のものだから、借りてはいけませんと言われました。私はこのことから会社のものは個人としてつかってはいないと学びました。

3.二日間連続同じ服を着てはいけない。
〜これはドラマから学びました。ある会社の人と夜一緒に遊びました。この日は楽しくて帰宅しませんでした。
次の日、前日と同じ服では良くないと思い、出社前に新しい服を買いに行きました。

4.仕事でミスした時は、どんなに仲の良い友人も同情してくれないと思いました。
〜セブンイレブンでバイトした時、前日の夜自転車で転んで、怪我しました。店のオーナーに電話して、お休みを頂こうと思ったら、オーナーから代わりのひとが見つからないと無理と言われました。怪我は同情しますが、それは魏くんの責任です。ちゃんと自分で解決しないとだめです、と言われました。いわゆる社会人としての自覚です。

5.時間のこと。
〜日本の方は、基本的に五分前行動するようです。中国人の場合は、15分遅れてもまったく問題ないと思っています。そして遅れたり、行けなかったりした時は何か適当な理由を言えばそのことについて全く問題ないと思っています。理由を言ったのに相手が怒ると中国人にはなぜ怒っているのか理解できません。ここで、私が言いたいのは、悪口を言っているわけではありません。ただ、いま中国の現実はそうです。しかも、この現実でみんな楽に生活しています。


 日本語と中国語で漢字が一緒の言葉多いですが、意味が全く違うものがあります。

1.愛人 中国語の意味は 愛している人
2.丈夫     旦那さん
3.夢中     夢の中
4.皮肉     肌と筋肉
5.情報     国家機密
6.手紙     トイレットペーパー
7.新聞     ニュース
8.人参     朝鮮人参
9.怪我     私のせい

 日本と中国は近いのに、文化や習慣が違うところが多いと思います。しかし、それが逆に楽しいと思いました。


☆★☆★株式会社本物研究所からのお知らせ☆★☆★
本物研究所がお取引先さま全ての方たちに
感謝の気持ちを伝えるイベント「感謝祭2017」
今年の感謝祭のテーマは「開運」です。
今年は2人の開運のテーマにピッタリの講師に登壇いただきます。
1人は、七沢歯科医院院長の七沢久子氏。
もう1人は、株式会社風𡈽の代表取締役会長、小山政彦氏です。
どうぞ、お二人の講演を聞いて
開運のきっかけにしていただけたらと思います。

日時:2017年7月8日(土)10:30〜19:30
会場:秋葉原UDX TypeS(東京都千代田区外神田4-14-1)
URL: http://udx.jp/access/

【当日スケジュール】

●10:30 〜 11:40 クロガリンダ開発会社社長(井上佳如子氏)
●13:00 〜 14:20 基調講演1(七沢久子氏)
●14:35 〜 15:30 感謝表彰
●15:45 〜 17:00 基調講演2(小山政彦氏)
●17:10 〜 18:00 佐野浩一講演
●18:30 〜 19:30 懇親会
参加費: 5,800円(税込)

「感謝祭2017」の詳細・お申込みは、
下記よりご確認ください。
http://www.honmono-ken.com/news/information/8250/

小山会長の告知動画もどうぞご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=VkwmdGob4Ww&t=3s
どうぞ、たくさんの方にお越しいただけたらと思います。


37周目:「故きを温ねて」
38周目:「本物は世界に広めるべき」
39周目:「『人生を変える300の言葉 不安な時代を前向き肯定的に生きるヒント』を読んで」
40周目:「「ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる」について」
41周目:「実は秋の恋人」
42周目:「私の夢」
43周目:「日本の新年と中国の新年」
44周目:「「抗糖化」の大事さ」
45周目:「「抗糖化」は大事」
46周目:「日本人の挨拶文化について」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.07 ・2017.06 ・2017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター