船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
私のおすすめ断食健康法
2013.10.23(Wed)
社名:(株)本物研究所 ライフカラーカウンセラー認定協会事務局 事務局長
名前:星 祐作

 『船井幸雄.com』をご覧の皆様こんにちは。
 私は、(株)本物研究所が監修・認定するライフカラーカウンセラー認定協会で事務局長、およびエグゼクティブトレーナーという肩書でメイン講師を務めている星祐作と申します。
 ライフカラーカウンセラー認定協会での仕事も丸4年が経過し、カウンセラーの認定数が328名、トレーナーが61名の少数精鋭の組織で運営をしております。当初の目的である「一家に一人、カウンセラーを」というスローガンに向けて毎日楽しく仕事をさせていただいております。

 ライフカラーカウンセリングで伝えていることは大きく分けて3つあります。
 「予防医学・陰陽五行論(ライフカラーチェッカー)・生き方や考え方(夢叶10の法則)」です。
 予防医学や生き方・考え方は、人生を幸せに生きる基礎的な考え方が学べます。陰陽五行論(ライフカラーチェッカー)では、相手を効率的にカウンセリングできるツールであるライフカラーチェッカーの解釈の仕方や、中国に古くから伝わる陰陽五行論が学べます。陰陽五行と聞くと、神秘的もしくは怪しいというイメージを抱く方もいらっしゃると思います(実は、私もその一人でした)。
 ライフカラーカウンセリング講座で意識しているのは、「知識のための勉強ではなく、人生の役に立つ勉強」です。ぜひ、興味のある方は、全国で開催されているライフカラーカウンセリング各種講座にご参加くださいませ。
セミナー案内はこちら→ http://lcchonmono.com/pg67.html

 予防医学では、食養生を中心に伝えております。食事のポイントは、「ご飯はおかずより多く、ゆっくり良く噛んで、肉・白砂糖・化学物質は控えめに」といったところでしょうか。

 食養生には、腹八分目という考え方があります。また、断食も日本に古くから伝わる養生法の一つです。日本と言うよりも、世界的にみても断食は古来から脈々と伝わってきています。

 まず、断食の目的ですが、これはいくつかあります。宗教で行われている修行の一環として、健康法として、医療目的・ヘルスケア、デトックス、ダイエット(リバウンドに注意)、自身の思想を世界に訴える(ガンジーが有名)、抗議手段(ハンガーストライキ)、自身の意識の覚醒……etc
 ちなみに、宗教的な目的としては、世界のメジャーな宗教には、さまざまな差こそあれ断食という考え方はあります。モーセやキリストは40日間断食をしたと言い伝えられています。

 断食の物理的効果としては以下のようなことが考えられます。

 食べ物を摂らない場合、人間の体はエネルギーを取得する方法を探すようにできている。グリコーゲンや脂肪に蓄えられた脂肪酸、さらには蛋白質の組織からブドウ糖を引き出す。
 体や脳、神経組織は新陳代謝のためにブドウ糖が必要である。まず一日二日断食すると、筋肉からグルコースが生成されるようになる。さらに断食を続けると代謝が変わり、脂肪から脂肪酸をつくり、それがエネルギー源となる。
 筋肉や心臓、肝臓は脂肪酸を直接エネルギー源とすることができる。このことで筋肉の減少ペースが落ちる。しかし脳は脂肪酸を栄養とすることができないので、断食して三日ほどたつと肝臓において脂肪酸などを分解してケトン体(アセトン他)が生成されるようになる。それによって脳やその他の臓器はグルコースではなくケトン体を主要なエネルギー源とするようになる。

 当然だが、脂肪や蛋白質を分解しつくせば死に至る。運動状態や外的状態にも大きく変化するが、適温状態で安静にして水分を適切に摂取した場合、餓死するには一ヶ月以上要する。ただし、水分、塩分の補給のない場合、筋肉が痙攣を起こし易く、心臓など循環系臓器にそれを起こした場合は、この限りではない。つまり、水分、塩分の補給さえあれば、平均体重の者の場合、理論的に一ヶ月は断食を行うことができる。
 仮に、体重70kg、体脂肪率20%とし、脂肪のカロリーを9kcal/g、低下した基礎代謝を1200kcal/日とすると、70kg×0.2(体脂肪率)×9kcal/g/1200kcal/日=105日、となり3ヶ月半ほど生存することができる。

 断食のデメリットとしては以下のようなことが考えられます。
 エネルギーの供給を絶つことにより、エネルギー不足と身体が判断し、身体の組織が破壊される。脂肪だけでなく筋肉、骨、毛髪なども、その対象になる。実際、宗教的断食もそれが元で死に至ることはほとんどない。
 断食をすることでエネルギー不足になり、身体がエネルギーをため込もうとする。その結果、リバウンドがおきる。
 3食をバランスよく食べたほうが、身体によいとの意見は近代栄養学に多い。

 さて、さまざまなメリット・デメリットがある断食ですが、『船井幸雄.com』をご覧の皆様は断食という言葉はご存じだと思います。それだけでなく、断食の情報を得て、中には実際に断食にチャレンジしたり、断食セミナーと呼ばれるものにも参加されたことがある方もいらっしゃると思います。
 私も実際に4日間断食にチャレンジした時があります。断食にはいくつかの注意点があります。まず、酵素ドリンクなどで栄養は補った方がいいということ。水分は摂取した方がいいこと。体温調整には気を付けた方がいいこと。特に冬場の断食には、服装や入浴を効果的に考えられた方がいいです。
 そして、断食で何よりも気をつけたいのは、断食明けの復食期間に最も注意を払う必要があるということです。
 復食期間とは、断食期間が無事終わり、元の食生活に戻す期間のことを言います。この期間に無理をしてしまうと、せっかく断食をして体がきれいになったとしても、元の黙阿弥。いえ、それ以上にリバウンドがくるケースもあります。
 断食の専門家にお話を聞くと「断食は前準備、復食が本番」なんていう方もいるくらい、復食期間を大切にしています。
 この期間には、だんだんと体を固形物に慣らしていくことが大事です。ですので、味噌汁・そば・サラダ・おかゆ・果物など、消化に良くて胃腸に優しい食物を少量ずつ摂取していくことがポイントです。けして、無理をしないことです。
 また、断食は精神的にも良し悪しは別にして影響を及ぼします。ぜひ、個人的な感覚で行わず、書籍や専門家から正しい情報を得られることをお勧めします。

 私は元々スリムな体型をしているので、ダイエット効果はあまり期待していなかったのですが、それでも4kgほど痩せました。また、断食期間中はやたらと眠くて仕方がなかったのを覚えています。これは、体が消化よりも回復にエネルギーを使い始めた現象の一つではないかと考えています。

 冒頭でお伝えしました、ライフカラーカウンセラー・トレーナーの木村高士さんが、このたび熱海の断食道場で「心と体のデトックス&リラックス合宿inあたみ」を行うことになりました。
 木村高士さんは、約10年間悩まされ続けた痛風を断食で見事克服された方です。私は今から6年前に初めてお会いした時には、今とは比較にならないほどふっくらした体型をされていました。しばらくお会いしない期間が続きましたが、久しぶりにお会いした時にはほっそりとスリムになられていたので大変驚いたのを覚えています。
 「あの頃は、さまざまなストレスから毎晩飲み歩いていましたからね(笑)」と以前にお話しされていました。

 健康的にダイエットしたい・食生活や生活習慣を改善したい、心と体のデトックス・リラックスしたい、ストレスが多く静かなところでのんびりしたい、頑張っているのにうまくいかない……などのお悩みをお持ちの方にはぴったりの内容となっております。

【イベント詳細】
会場:熱海断食道場
第1回 11月9日(土)〜10日(日) 講師:影近博己さん
 *半断食健康法(浄血・増血食)、腸キレイ健康法(腸内洗浄・便を増やす焙煎食)など
第2回 11月16日(土)〜17日(日) 講師:木村重一さん・渡辺茂さん
 *心と体のデットックスセミナー、ベジハムクッキング&ダイエット講座など
第3回 11月23日(土)〜24日(日) 講師:近藤太郎さん
*バンクシアフィットネス、ライフカラーカウンセリングなど
会場:熱海断食道場(熱海駅までの送迎あり)14:00集合、翌日13:00解散(各回)
参加費:24,000円/一回
お振込先:ゆうちょ銀行 木村高士 店番848・普通・口座1434188
持ち物:筆記用具・動きやすい服装(トレーニングウェア等)・運動靴(屋外用)・着替え・洗面用具タオル・バスタオル・パジャマ等の寝巻き   

第1回・第2回・第3回(各24,000円)
第1回〜第3回(セット価格60,000円)
*事前にお振込みの方に今話題の“ベジハム”を1本(2,100円相当)プレゼント
*三回セット価格60,000円。“ベジハム”を2本(4,200円相当)プレゼント
主催:みろく健康教室
連絡先: mirokunoyo2008@gmail.com  090-3982-6021(木村高士)
FAX番号:0557-80-2053

 熱海断食道場は、相模湾を一望できるロケーションと天然温泉が自慢の施設です。少量の穀物と自家菜園で採れた安心野菜の美味しくヘルシーな半断食メニューを提供します。 本格的な断食をご希望の方にはそちらもご案内できます。

 これから、だんだんと朝晩の冷え込みが厳しくなる季節となります。どうぞ、生活習慣を整え、心穏やかに、ご自身の目的に向かい前向きに毎日を明るく楽しくお過ごしいただけたらと思います。


2周目:「働くことに関する本音」
3周目:「人間としての性質」
4周目:「自動反応について」
5周目:「国会答弁を聞いて感じたこと」
6周目:「1日のリズムをスムーズに進めるには」
7周目:「自分を受け入れる」
8周目:「食事について」
9周目:「スターウォーズを見て思ったこと」
10周目:「6/2(土)にんげんクラブ関西大会(in京都)に遊びにきませんか?」
11周目:「健康と夢を叶える蘇生の風」
12周目:「ゆるすということ」
13周目:「楽しく仕事をするために」
14周目:「カウンセラーが一番お得なんです」
15周目:「薬を使わない医師 宮島先生」
16周目:「心と身体の処方箋」
17周目:「人前で話すことの効用」
18周目:「カウンセリングで大切なこと」
19周目:「自分の再発見」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.11 ・2013.10 ・2013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター