船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
政木フーチから学んだこと・・・
2015.3.5(Thu)
社名:(株)本物研究所 執行役員&事業統括グループマネージャ
名前:坂本 眞一

政木フーチペンデュラムセット

 皆さんこんにちは!
 だいぶ、寒さが日増しに薄れていき、春の予感がする季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 さて、最近私がはまっていることの一つに、何かの選択を迷った時に、フーチを使用しての結論を出す、というのがあります。

 そこで、今回は常時セミナーが満杯になる、政木フーチを紹介させていただきます。
 自分の能力や特質を的確に知り、最適な道を見つけることができ、自分の能力を最大限に発揮できるようになる政木フーチについて、私なりの見解を申し上げたいと思います。

政木フーチとは?

 政木フーチは、1973年3月7日、政木和三がインスピレーションを得て、始めた。 エネルギー、特性、性格、適職、病気など的確に測定可能。
 縦軸と横軸を引いた紙の中心にフーチを静かに垂らし、自分の人間性を表してくださいと願えば、自然と動く。無理に動かさない。最初動かなくても、決して焦らず、自然に動くまで待つ。今日無理なら、明日試してみる。

政木フーチのポイントとは!

@姿勢を正し腹式呼吸をして、脳波をシータ波かデルタ波にすることが重要、自然に動くということがポイントです。

Aそして個々のエネルギー、特性、性格、適職、病気などを的確に測定でき、自分を知るために有益です。過去と未来の測定も可能です。

 以上の解説文としては、生命体はエネルギーであり、第一生命体は生まれた時から存在するその人の本質、第二生命体は生まれて数年以内に現れて、性格や能力を決定します。
 フーチで自分の能力や特質を的確に知ることにより、最適な道を見つけることができ、自分の能力を最大限に発揮できます。

 振れの大きさがエネルギー、膨らみは包容力を表します。フーチが上達すると未来も的確に知ることができる。もし、悪い兆候が見えたら、良い方向に修正できます。

 こんな、最高のツールを活用できるようになった場合は、今後のお仕事や人間関係などにも大変役にたつと自負しています。
 また、いつも沈着冷静で真摯な政木先生は常におしゃっていることに「世のため、人のために」役立てることをもっとしたいと言われます。これは、舩井グループの精神とマッチしていますし、私自身も今後、皆さんのお役に立てるフーチの達人を目指していきたいと思います。
  
政木フーチペンデュラムセット
 商品にご興味ある方は下記のアドレスまでご連絡くださいませ。
sakamoto@honmono-ken.com


3周目:「我以外皆我師」
4周目:「中村天風氏教義・心身統一法」
5周目:「心身統一法実践編」
6周目:「中村天風式のヨーガとは…」
7周目:「私の好きなパワースポット」
8周目:「イルミネーションを見ながら感じること」
9周目:「偽証罪も動かぬ証拠が・・・」
10周目:「佐々木了雲先生に学ぶ」
11周目:「金融のプロから学ぶこと」
12周目:「一流になるためのコツとは・・・」
13周目:「「運命を拓く」を読んで <人間の心の在り方が人生を支配する>」
14周目:「マヤ暦とマヤ文明について」
15周目:「日本のTPP参加にてアメリカの圧力を感じること」
16周目:「砂糖が持つ依存症とは・・・」
17周目:「〜哲人・中村天風氏の人生観〜人はどう生きたらいいの?」
18周目:「河村武明さんから学ぶこと」
19周目:「バクテリアで身体をいつまでもハツラツと!」
20周目:「〜素頭をどう鍛えるかで人生が変わる〜」
21周目:「未来への言霊を読んで」
22周目:「『舩井幸雄を想う』を読んで・・・」
23周目:「不変のマーケティングとは……」
24周目:「衝撃の未来と新しい働き方とは?」
25周目:「小山会長(前船井総合研究所会長)の勉強会を受けて」
26周目:「スポーツから学ぶこと」
27周目:「マズローの神髄とは……」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.04 ・2015.03 ・2015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター