船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
地味な私の楽しい週末
2015.9.16(Wed)
社名:イリアール(株)
名前:広川 裕子

 舩井幸雄.comをご覧の皆様こんにちは。
 イリアール株式会社の広川裕子です。

 月曜日、「ねぇ!私の週末の過ごし方を聞いて!」とウキウキして隣の席の同僚に話をしたところ、「地味〜ですね」と笑われてしまいました。隣席の彼女は、仕事もプライベートも積極的かつ活動的で、いつも好奇心に満ちた目をしています。裏表のない性格と大らかな笑い声は周囲を明るくし、まさしく「誰からも好かれ信頼できる人」と言えます。
 今回は、「地味〜」な私の週末の過ごし方について、(お時間のある方は)お読みください。


 金曜日に息子の小学校の用事があり休みをいただいたため、三連休になりました。

 ウキウキの週末の始まりは、木曜の勤務後から。息子の世話を主人にお願いし、一人で映画を観に行きました。帰宅したのは22時30分頃。(私にとっては夜中です!)
 観に行った映画は、今話題の『進撃の巨人』です。

 この話について、漫画本を読んだことも、テレビアニメを見たこともないため、分からない点が多くて、帰宅してからユーチューブでアニメを見始めました。そのまま止まらなくなって、気がついたら朝になっていました。(徹夜するなんて、何年ぶりでしょう!)

 金曜、夢か現実か分からないまま朝日を浴びつつ、小学校の通学路に立ち、「おはよう」と声をかけながら黄色の旗を振る当番をこなしました。
 帰宅してから数時間ソファで寝て、昼過ぎに小学校へ行き、学級懇談会に参加しました。
 夜、息子が寝てから、再びユーチューブを見始め止らなくなり、気づいたら日の出……。慌てて布団に入り2時間ほど睡眠。(非日常的な自分の行動に興奮して眠れません!)

 土曜の日中は、溜まった家事をこなしてから、息子を公園へ連れて行き、夜は習い事の付き添い。帰宅し息子が寝てから、再びユーチューブ……。

 日曜の午前中、息子が参加する「ペットボトルロケット大会」へ行きました。
 ペットボトルが巨人の鼻の穴に刺さる光景を見たような気のせいのような……。睡眠不足のため思考は麻痺し、ナチュラルハイと言われる状態です。その夜は、翌日からの仕事を考え、息子と一緒に21時就寝。

 以上です。
 本当に地味ですね。けれど、この数年味わったことがないくらい楽しい週末でした。


 もともと私は、習い事をしたり映画を観たりすることが大好きです。けれども、結婚、出産を経て仕事との両立が難しくなり、この数年間、趣味と言えることをしていません。
両立が難しくなり……というのは、言い訳かもしれません。本当は面倒くさくなったのです。

 アフターファイブ(定時は18時半ですが)に予定を組もうとすると、息子の学童のお迎え、食事、お風呂……と段取りしなくてはいけないことがたくさんあります。
 一日だけなら主人の協力を得てなんとかなっても、翌日に繋がる段取りまで考えると、それだけで面倒くさくなるのです。
 一日家事を放棄すると、翌日倍返しになります。
 洗濯も掃除も、その他こまごました事も、溜まらない内に、コツコツとこなすことが一番なのです。

 30代40代向けの女性誌で、“ワーキングマザーのタイムスケジュール”といった特集をよく目にします。ページをめくると、AさんもBさんも、段取り良く一日を過ごしていて驚きます。さらに、写真の部屋は片付いていて、ご本人もおしゃれで感心します。そこで、自分の日常と照らし合わせ、見習う部分を取り込もうとするのですが、たいていうまくいきません。
 考えてみれば、自分と雑誌の中のAさんとは、取り巻く環境も違えば、家事能力も好きなことも、子供の性格も、ご主人の協力度だって違うでしょう。
 一部分だけ切り取って真似をしてうまくいかなかったとしても、自己嫌悪に陥る必要なんてないですよね。

 最近やっと、このことに気づき、良い意味で開き直ることができるようになりました。 これまで、自分のことも、子供のことも、「比べてはいけない」と頭で思っていても、比較して落ち込んでばかりでした。
 他人は他人、自分は自分!

 隣席の彼女のアクティブな性格を羨ましく感じますが、まぁ、それはそれとして、自分とは違うのだから仕方がないんです。
 地味〜な時間を楽しく感じた自分を受け入れ、「とりあえず、今はこれでいいか〜」と妙に納得した小さな出来事でした。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。


13周目:「シンクロの不思議」
14周目:「チューブちゃんのこと」
15周目:「親の心子知らず」
16周目:「最高の褒め言葉」
17周目:「+αのサービスを」
18周目:「Gの恐怖」
19周目:「2013年夏の想い出」
20周目:「一期一会を感じたこと」
21周目:「言い訳大臣と勇気レンジャー」
22周目:「斜45度後方」
23周目:「泣く技術」
24周目:「匂わない日々」
25周目:「想い出音」
26周目:「ならば、どう生きる? 〜『いのちの革命』を読んで〜」
27周目:「文字から気づく意外な自分」
28周目:「なんとなく、ナマハゲを思う」
29周目:「なんとなくナマハゲを思ったあと、妖怪について考える。」
30周目:「何か食べたい!」
31周目:「体感時間」
32周目:「伝える言葉」

バックナンバー
バックナンバー
2019年
2019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.10 ・2015.09 ・2015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

マスメディアには載らない情報 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター