船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
生かされていると感じたこと
2015.12.11(Fri)
社名:イリアール(株)
名前:広川 裕子

 舩井幸雄.comをご覧の皆様こんにちは。
 イリアール株式会社の広川裕子です。

 11月28日に、ほんものや主催のイベント、『Dr.コパが教えます!2016年の開運風水!!』が開催されました。ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。

 当日は、ドクターコパ先生の講演の次に、サイキックの節さんのお話をお聴きいただきました。お二方とも、流れるような、それでいて真っ直ぐ心に届く言葉を下さり、楽しくて心地の良い時間があっという間に過ぎました。
 お客様から頂戴したアンケートにも、「とても面白かった。」「時間が短く感じられた。」「また聴きたい。」というお声が多く、大半の方から「満点」の評価をいただきました。スタッフ一同、とても嬉しく感謝しています。

 コパ先生と節さんの話の内容については、イリアール代表である乗附なほみのコーナー「『“女舩井”と呼ばれる経営者』の幸せになる生き方」で紹介させていただいておりますので、私は、節さんのお話を聴いて、久しぶりに思い出した自分の経験について書きたいと思います。

 10年ほど前なのですが、交通事故に遭いました。
 運転していた軽自動車で片側3車線の国道を横切ろうとしたところ、信号を無視した車が横から突っ込んできたのです。
 運転をしている私の、左肩まで何かが入ってきたのを感じました。助手席にも後部座席にも同乗者がいなかったことが幸いでした。その後は、ただ揺さぶられてわけがわからなくなり、気が付けば誰かが上の窓を叩いていました。車は横転していたので、上の窓とは助手席の窓です。すぐに窓から引っ張り出され救急車に乗せられました。

 車は後半分と左半分が大破して廃車になりました。ところが、そんなに大きな事故だったにも関わらず、運転席部分だけは別の空間のように破損がなく、私は軽い鞭打ち程度で、擦り傷一つ負わずに助かったのです。おまけに、足元に手をのばしたら、どうしても必要なメガネと財布が並んで置いてあったので助かりました。

 揺さぶられてわけがわからなくなってから、気を失っていた数分間、私は数年とも感じる時間を暗い暖かい空間で過ごしました。とても心地良かったので、このままここに居たら良いのだな〜とのん気に思っていたところ、何かを思い出し、「あ!ダメダメ!」と呟いた瞬間、グイーンと吸い込まれるような感覚があり、気がつきました。
 それと同時に、左肩から後ろの方に、ビュン!と何かが移動して行きました。
 直感的に、それが亡くなった父と、友人だと分かりました。

 節さんの話では、サイキックの力は誰にでもあるとのこと。「なんとなくそう思う」という感覚を否定したり、気づかないフリをしないで下さいと何度も言われていました。
 私たちは、「なんとなく」の直感を含め、自らの選択で今ここに居て、大きなものに生かされていると繰り返されました。

 私は、交通事故の経験を、この数年間すっかり忘れていました。
 事故後しばらくは、自分が感じた不思議な感覚や自分以外の大きな力について、よく考えたと思います。ところが、最近では「大きな力」のことなど考えず、「生かされていること」に、やや傲慢になっていたと気づかされました。

 自分が何のためにここに生きているのか……。考えても正解は出ないでしょう。けれど、「生きること」を選択している自分を直感的に信じれば、大きなものから答えを受け取れるかもしれません。
 理屈で考えるばかりではなく、直感的に感じる力を大切に毎日を過ごしていきたいと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。


13周目:「シンクロの不思議」
14周目:「チューブちゃんのこと」
15周目:「親の心子知らず」
16周目:「最高の褒め言葉」
17周目:「+αのサービスを」
18周目:「Gの恐怖」
19周目:「2013年夏の想い出」
20周目:「一期一会を感じたこと」
21周目:「言い訳大臣と勇気レンジャー」
22周目:「斜45度後方」
23周目:「泣く技術」
24周目:「匂わない日々」
25周目:「想い出音」
26周目:「ならば、どう生きる? 〜『いのちの革命』を読んで〜」
27周目:「文字から気づく意外な自分」
28周目:「なんとなく、ナマハゲを思う」
29周目:「なんとなくナマハゲを思ったあと、妖怪について考える。」
30周目:「何か食べたい!」
31周目:「体感時間」
32周目:「伝える言葉」
33周目:「地味な私の楽しい週末」
34周目:「新人くんの舩井フォーラム2015」

バックナンバー
バックナンバー
2019年
2019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
・2015.12 ・2015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

マスメディアには載らない情報 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター