船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
奇跡のレストラン“Casita(カシータ)”に学ぶ
2016.1.19(Tue)
社名:(株)本物研究所 社長室秘書担当
名前:大宮 真理子

 皆さまこんにちは。佐野浩一の秘書を務めております大宮でございます。ひだまりのような福寿草に心温まる季節、皆さまいかがお過ごしでしょうか。本日、1月19日は舩井幸雄の命日です。心のこもったお言葉をたくさんいただき、舩井も喜んでいることと思います。ありがとうございます。

 さて、きめ細やかな対応が噂を呼び、全国各地からお客様が訪れるという奇跡のレストラン“Casita(カシータ)”をご存じでしょうか。

 オーナーである高橋滋さんのご著書やご講演で、ご存じの方も多いかと思います。カシータでは毎日、レストラン開店前のミーティングで、当日いらっしゃるお客様について、昨日レストランで起こったことなどを共有するのだそうです。私もカシータに何度か伺ったことがあるのですが、初めてお会いするスタッフの方が私のことを名前で呼んでくれたり、好きな料理や苦手な食材を覚えてくれていたりと、まるで家族や友人の家に来たかのように感じることもあります。

 今から6年ほど前、高橋さんが書かれた「お客様に真剣ですか?」(2009年 かんき出版)に佐野が感動し、読み終えた直後から弊社の朝礼に「お客様情報タイム」という時間が加わりました。実施当時は毎日1時間、その日に来社されるお客様について、お客様のちょっとした変化など、さまざまなことを共有していました。本物研究所はレストランやホテルではないのに…正直に言うと、取り組んだ当初は違和感もありました。しかし、いまではお客様のことを社内で共有することが当たり前となり、お客様情報タイムがない日に違和感を覚えるまでになりました。佐野が当時、お客様情報タイムについて書いた記事が残っていましたので、ご覧くださいませ。
http://www.funaiyukio.com/keiei/index_0906.asp

 私は、洋服や電化製品を購入するとき、“ここのお店で買いたい”ではなく、“この人から買いたい”という思いで自然と馴染みのお店に向かっていることがあります。自分のことをわかってくれている、覚えていてくれるということが嬉しく感じる瞬間ってありますよね。私も、自分がしてもらったら嬉しいということを自然にできるような人になりたいなと思います。

 カシータは、お料理が美味しいのはもちろん、人の温かみを感じながら気持ちよくお食事できる私が大好きなレストランです。皆さまもぜひ一度!

 本日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。本年も船井本社グループをよろしくお願いいたします。


2周目:「本音で話をすること」
3周目:「ふるさとを想う」
4周目:「Ustream(インターネットでの生放送)をご覧になったことはありますか?」
5周目:「おはなし会に参加しませんか?」
6周目:「書籍ができるまで」
7周目:「幸せになるための練習」
8周目:「バザーを開催してみませんか?」
9周目:「入社当時を思い出してみる」
10周目:「佐野に初めて会った日」
11周目:「いろんな“幸せ”」
12周目:「目の前のことに全力投球」
13周目:「思いとイメージ」
14周目:「新しい挑戦をするときにはモデル付加法」
15周目:「“当たり前”に生活できていること」
16周目:「仕事と勉強の効率を高める方法」
17周目:「社会人の当たり前」
18周目:「学生から社会人へ」
19周目:「新しい手帳」
20周目:「本物研究所の歓迎会と送別会」
21周目:「舩井幸雄のまわりは笑顔がいっぱい」
22周目:「旧友に会ってみる」
23周目:「人に好かれる生き方」
24周目:「人を喜ばせる生き方」
25周目:「舩井の夢を見ました。」
26周目:「舩井から教えてもらったことば」
27周目:「ひと手間」
28周目:「親身になる」
29周目:「舩井幸雄のお墓参り」
30周目:「新入社員は外国人」
31周目:「完ぺきじゃなくてもいいんだ!」
32周目:「仙台出身!商売繁盛の神様」
33周目:「家族の大切さを気づかせてくれる本物研究所の福利厚生」
34周目:「あわただしいときこそ」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.02 ・2016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研 本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター