船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
腸内の新情報!?
2016.1.15(Fri)
社名:(株)本物研究所
名前:佐々木 信一

 皆さまこんにちは。
 私は、株式会社本物研所で営業担当を担当しております。

 さて早速ではございますが、私たちの腸にすむ約3万種類、1000兆個に及ぶ腸内細菌類のことは「腸内フローラ」と呼ばれております。細菌類が作る集落が色鮮やかで、形がとてもきれいなさまが、まるでお花畑のように見えるためにそのように呼ばれているそうですが、この「腸内フローラ」はさまざま健康情報番組で取り上げられるほどメジャーになってきていますのでご存知の方も多いと思います。

 それでは「リーキーガット」という言葉を聞いたことはございますでしょうか?

 これは、「腸内フローラ」同様に私たちの腸内のことですが、簡単に申し上げますと腸のバリア機能が正常に働いていない状況で、それが様々な病気の原因になっているという、最新の情報です。

 今後、「腸内フローラ」に次いで「リーキーガット」が注目されるのでは? と思い、まだまだ聞きかじった状況ではございますが、ご紹介させていただきます。

 まずその用語の意味ですが、リーキーとは英語で「液体などが漏れる」という意味のリーク(Leak)で、「情報をリークする」といった表現で聞くことが多いです。ガットは腸を英語でガット(Gut)といいますので、リーキーガットとは、「腸の粘膜に穴があき、菌やウイルス、たんぱく質などの異物が腸壁から血中に漏れだす状態にある腸」のことをいいます。つまり、体内と外界をへだてる扉がつねに開いている大変無防備な状態であり、宇宙服を着ずに宇宙空間へ飛び出す!? ような感覚かもしれません。とにかく危険な状態ということです。

 ちなみに、日本語では「腸管壁浸漏(ちょうかんへきしんろう)」と呼ばれているそうです。

 「リーキーガット」のような、腸のバリア機能障害は、免疫器官が正しく働かず、様々な疾病の要因となる場合があります。バリア機能障害を起こした大腸では、過剰な免疫反応のために腸そのものが炎症を起こし、炎症性腸疾患(自己免疫疾患であるクローン病や潰瘍性大腸炎)を発症します。
 一方で、極端な症状にはあらわれませんが、じわじわと身体に悪影響を与えるパターンがあり、本来腸で排除されるべき様々な有害物質が体内に入り込み、血管を通り身体のいたるところに運ばれ、行き着いたところで炎症を起こすというものです。通常の炎症のように発赤があったり、痛み・発熱を伴ったりはせず、時間をかけてじわじわと身体にダメージを与えます。
 なんと、肥満、糖尿病、肝臓病などに代表される生活習慣病や血管障害・ガン・アレルギーの発症や進行とも関係していると考えられています。

 リーキーガットの原因としては、食生活の乱れ、精製炭水化物(白砂糖、白小麦など)、グルテン(小麦のたんぱく質)レクチン(一部の野菜に含まれるたんぱく質)、アルコール、カフェイン、食品添加物、食べ物に含まれる残留農薬、水道水の塩素、重金属、化学物質、石油化学製品、環境ホルモン、放射性物質、抗生物質、胃薬、頭痛薬、歯科用充填剤(詰め物)、ウイルス、細菌、カビ(カンジダなど)、ストレス……

 いわゆる健康に良くないと言われるものが目白押しです。

 対策としては、まずは上記のような原因要素をなるべく減らし、健康で規則正しい生活をすることです……これがなかなか難しいのですが……

 今後このような情報が、研究の進捗とともに発表されてくると思います。

 ぜひ、皆さまも注目していただき、お身体の健康を保つうえでの参考になさってみてはいかがでしょうか?


2周目:「春の体調管理について」
3周目:「“まごころ”の輪」
4周目:「被災地訪問報告」
5周目:「こころの支援」
6周目:「福島訪問で感じたこと」
7周目:「身近な生姜で冷え対策」
8周目:「腸内環境の重要性」
9周目:「食について思うこと」
10周目:「祈りのチカラ」
11周目:「「役割」と「使命」」
12周目:「日頃からの防災意識」
13周目:「〜大自然からの贈り物〜」
14周目:「復興支援のカタチ」
15周目:「春のお悩み対策」
16周目:「地球ヴィジョンクリエイター 白鳥哲氏の“ヴィジョン”」
17周目:「イヤシロチ化を実感」
18周目:「「こだわり」と向き合う」
19周目:「「カタ」の大切さ」
20周目:「映画 うまれる」上映会に参加して」
21周目:「『未来への言霊』読んで感じたこと」
22周目:「電磁波をコントロールしてより健康になる!?」
23周目:「「現場力」アップの秘訣!?」
24周目:「自然との一体化」
25周目:「「姿勢」の大切さ」
26周目:「カラダのメンテナンス」
27周目:「意識進化のための高速学習装置」
28周目:「つながり」
29周目:「薬の裏側!?」
30周目:「ジク」
31周目:「人のつながり」
32周目:「ふるさと」
33周目:「地磁気」
34周目:「本当の自分を見つける方法」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.02 ・2016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター