船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
ジク
2015.6.3(Wed)
社名:(株)本物研究所
名前:佐々木 信一

 みなさんこんにちは。
 半袖で過ごすことが多くなる季節となりました。
 皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

 何回かこの場をお借りして「合気道」のことをお伝えして参りましたが、今回もその気付きについてお伝えします。
 先日、合気道関道場の関先生より「軸」についてご指導をいただきました。軸は身体の軸でもありますが、心、信条、人生と……実はすべてにつながっていくことを教えていただきました。

 突然ですが、ご自身の身体の軸を意識したことはございますでしょうか?
 軸は目には見えないけれども必ず、何にでも存在しています。机の上に置いてあるグラスにも、道に転がる石にも、そして私たち生命をはぐくむ地球にも……
 その軸がぶれれば全体がぶれます。一方で、軸がわかればバランスを整えたり、調整しやすくもなります。
 そして、軸がわかり意識をして過ごすと、生活全般にバランスがとれ、姿勢が整い、歩行も安定し、疲れにくくなったり、関節や筋肉の痛みやコリも和らぐとも言われております。

 では、ご自身の身体の軸はどうしたら見つけられるか?
 まず、立ったまま胸を張り、両手を左右に軽く広げ、軽くひざをまげながら、片足を10センチくらい前方にもちあげます。片足立ちになります。そして左右にバランスをとりながら揺らし、心地よく落ち着くところが軸です。
 それぞれ左右30秒から1分ほどバランスよく行い、最後に両足で立つと身体の中心にスッと何か通ったような感じがしてきます。これが軸です。
 それを毎日行うと更にはっきりしてきます。
 同時に、相手にも軸があります。自分の軸が見えてくると、次第に相手の軸が見えるようになり、人混みを歩いていてもぶつかりにくくなってきます。
 次から次へと特徴的な軸が近づいて来てはすり抜けて……そうしていると人混みをすりぬけることが楽しくなってきます(あくまでも私の感想ですが)。

 軸を明らかにすることは、身体などの物質だけでなく、メンタルや組織、そして人生にもつながってきます。
 何か気になっていること、悩んでいることがあるとします。
 心になぜか留まることは何らかのサインですので、トコトンそれについて追及してみたり、思い切って180度逆方向へ思考を振ってみたりすることで、次第にその軸が見えてきて安定します。

 歩いていて、相手の軸と自分の軸がぶつかると正面衝突し、お互いに好ましくありません。すこし軸をずらすことで、サッとかわすことができます。
 人間関係も同様に、相手の思考、こだわり、などといった軸を誰もが持っています。その軸を見極められると、正面衝突を回避できるのです。
 片足立ちで軸をとることが、ゆくゆくは人生のバランスをももたらす……
 そう考えるととても楽しくなってきます。

 ぜひ皆さまも一度お試しください。
 何か気づきがあるかもしれません。
 最後までお読みいただきありがとうございました。


2周目:「春の体調管理について」
3周目:「“まごころ”の輪」
4周目:「被災地訪問報告」
5周目:「こころの支援」
6周目:「福島訪問で感じたこと」
7周目:「身近な生姜で冷え対策」
8周目:「腸内環境の重要性」
9周目:「食について思うこと」
10周目:「祈りのチカラ」
11周目:「「役割」と「使命」」
12周目:「日頃からの防災意識」
13周目:「〜大自然からの贈り物〜」
14周目:「復興支援のカタチ」
15周目:「春のお悩み対策」
16周目:「地球ヴィジョンクリエイター 白鳥哲氏の“ヴィジョン”」
17周目:「イヤシロチ化を実感」
18周目:「「こだわり」と向き合う」
19周目:「「カタ」の大切さ」
20周目:「映画 うまれる」上映会に参加して」
21周目:「『未来への言霊』読んで感じたこと」
22周目:「電磁波をコントロールしてより健康になる!?」
23周目:「「現場力」アップの秘訣!?」
24周目:「自然との一体化」
25周目:「「姿勢」の大切さ」
26周目:「カラダのメンテナンス」
27周目:「意識進化のための高速学習装置」
28周目:「つながり」
29周目:「薬の裏側!?」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.07 ・2015.06 ・2015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター