船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
腸や乳酸菌について
2018.4.5(Thu)
社名:(株)本物研究所
名前:魏 威

皆様こんにちは。本物研究所海外事業部の担当魏でございます。さくら満開の季節が来まして、皆様はお花見に行きましたでしょうか?
最近は、弊社の「ちょうさわやか」という乳酸菌の中国語の商品企画書を作っています。乳酸菌について、改めて勉強いたしました。

まず、腸は人体の消化器官だと思われるのは一般的な観点で、実際は腸の裏側には副交感神経、交感神経が集中し、特にリンパ管は身体の中で60%集中しています。また、抗体の60%も腸で作られているのです。つまり腸は私たちの60%の免疫を司る重要な役割を担っているのです。
腸が元気だと、小腸での栄養の吸収もよくなり、善玉菌が活発化し、腸の環境が良くなれば、免疫力も高まり、様々な病気にかかりにくくなります。お肌も美しくなり、体質改善に繋がります。
だが、一般的に市場に出ている乳酸菌は胃酸や熱に弱く、胃に届く前に死んでしまいます。ちょうさわやかの中には、小牧原液という菌の餌はもちろん、胃酸に耐えて腸に到達できる有胞子乳酸菌が入っています。有胞子乳酸菌は胃腸に到達し、そこで発芽、繁殖して菌のバランスの調整をしてくれます。
最近、中国の年配者も少しずつ乳酸菌についての要望が増えました。ちょうさわやかは乳酸菌のサプリで、味も美味しいです。これからは中国のお客様に紹介していきたいと思います。


37周目:「故きを温ねて」
38周目:「本物は世界に広めるべき」
39周目:「『人生を変える300の言葉 不安な時代を前向き肯定的に生きるヒント』を読んで」
40周目:「「ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる」について」
41周目:「実は秋の恋人」
42周目:「私の夢」
43周目:「日本の新年と中国の新年」
44周目:「「抗糖化」の大事さ」
45周目:「「抗糖化」は大事」
46周目:「日本人の挨拶文化について」
47周目:「私が感じた日本の社会」
48周目:「中国のテーブル文化から中国ビジネスへ」
49周目:「財布なしのスマホ中国人」
50周目:「抗糖化」
51周目:「中国のネットショップのイベントダブル11」
52周目:「わたくしからみる日本の観光業」
53周目:「日本人の集団意識について」

バックナンバー
バックナンバー
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.05 ・2018.04 ・2018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

船瀬俊介&西原克成「歯と人類の進化」 ザ・シークレット・オブ・カバラ 「1%の人が気づいている内なる叡智を開く鍵」本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター